カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

生育暦 -保育園・年中組-(4)

【戦いごっこ】のほかにも、たくさんのお気に入りができました。
保育園での生活がリズムに乗り、とても楽しいものになっていきました。
先生との信頼関係も深まり、私自身も先生といっしょにhiakriの成長を喜ぶ場面が多くなりました。


絵本大好き・ムシ大好き・先生大好き!】

絵本、お話は小さい頃から大好きでした。
今でも毎晩短いお話を一冊読んでから床につきます。
特に、『こどものとも』のなかにはお気に入りの絵本がたくさんあります。
実生活や人との会話の中に、絵本やビデオ、自分の経験したことと結びつくものを見つけるととてもうれしくなり、今話している話題とは関係なしにペラペラしゃべりだします。
話している相手がその話題に乗って、言葉を返してやるととても喜びます。
相手がhiakriにあわせてくれることが前提となりますが、共通の話題を持って人と会話をする楽しさを感じていたようです。

絵本だけでなく、図鑑も好きです。
この頃は昆虫の図鑑を毎日食い入るように見ていました。
園庭でダンゴムシを見つけることに精を出しました。
川へいってミズカマキリを捕まえることを喜びました。
「おにぎり遠足」で虫捕りに行ったときの笑顔は最高でした。

hikariの話す絵本を探したり、hikariの興味のあるものをいっしょに楽しんだり、hikariの話をじっくり聞いたり…
先生は「hikariの世界」を覗く努力をし、hikariと共感できる関係を築いてくださいました。

休み中にあった楽しかったことなどを月曜日の朝、必ずA先生に一生懸命自分の言葉で報告するようになりました。
先生はそれをニコニコしながら聞いてくださっていたのだと思います。
hikariはA先生が大好きになりました。

園であった楽しかったことを家へ帰ってからも話すようになりました。
「悲しい」「悔しい」といった感情を表す言葉で自分の気持ちを訴えることはまだ少し難しい場面もあったものの、お友達とも少しずつ会話しながらいっしょに遊ぶ楽しさを覚えていきました。

大好きなA先生、大好きなお友達とhiakriなりの関わりが増え、家では2つ下の妹がよい遊び相手になり、hiakriは毎日がとても楽しく生き生きしていました。


...read more

2006-12-08(Fri) 00:54| 生育暦 -保育園・年中組-| トラックバック 0| コメント 2

生育暦 -保育園・年中組-(3)

このころ、hikariのお気に入りはどんどん増えていきました。
お友達との関わり、先生との関わり、園の中のお気に入りの場所…
hiakriの世界は外へ外へと広がっていきました。


戦いごっこ

この頃、テレビのヒーローものにはまりだし、家でも保育園でも"戦いごっこ"なるものが盛んになりだしました。
お友達とのふれあいもそういうところが接点となっているようで、hikariにとってはとても楽しいものでした。
家出の相手は主に父でしたので、力加減も適当に、ヒートアップしてくると終わり、ということもできました。
しかし、保育園ではそうも行かず、どちらかが泣き出したり、怪我をしたりで終わり、という感じだったようです。

hikariのかかわり方は独特で、突然『戦い』を挑んでいったり、相手の「やめて」「痛い」といった言葉にすぐに反応できなかったのでトラブルになることもありました。
そんなときは、先生が仲裁に入り、「痛がったはるよー」とか、」やめて、っていってはるよ」と、わかりやすい言葉で丁寧に状況を説明する言葉をかけてくださいました。

トラブルも多いですが、戦いごっこを通してのトラブルも含めたいろいろな経験はhikariの対人関係の成長にとても役立っているように思います。
普段の生活の中では手を出すのは悪いこと、家でも園でも注意するものとhikariとの信頼関係の上で、時には厳しく、繰り返し注意していきました。

母はつい声を荒げて叱ってしまいますが、hikariにとっては叱っている母の"顔"や"大きな声"がとても嫌です。
そればかりが頭に残って、「なぜ叱られているのか?」はどこかへとんでいってしまいます。
もっと冷静な態度で、何が×で、どうすれば○なのか、繰り返し教えていかねば、といつも反省します。


...read more

2006-12-08(Fri) 00:24| 生育暦 -保育園・年中組-| トラックバック 0| コメント 0

生育暦 -保育園・年中組-(2)

発達障害を持つ子に、感覚過敏というのはよくある症状です。
音や光に敏感だったり、手触りや服の締め付け感などもよくあります。
hiakriはそれほどに日常生活に困るような過敏さは持っていませんでしたが、初めての事は苦手だったりするので、それに感覚的なものが関わってくると、すぐに活動にはいれなかったりすることがありました。

hikariの通っていた保育園では、普通一般のおおきなプールでの水遊び以外に、田植え前の田んぼで思い切り泥んこ遊びをさせてもらえる、という名物行事がありました。


【泥んこ・水遊び】

年中になって初めての泥んこ遊び、水遊びは、年少の頃の姿がまったく想像できないくらいに最初からどーろどろのびっしょびしょでした(笑)
何度洗っても、どろどろの取れないパンツを見て、私はとてもうれしかったです。
(だって、その前の年はスモックが少し濡れただけで、田んぼの泥んこの中に足を入れただけで大泣きだったのですから

本年のプールは大きくて深くて、でも、もう顔が濡れても平気になったhikariにとって毎日の水遊びはとても楽しいものでした。

日ごとに黒くたくましくなっていきました。

8月に初めて家族で大型のファミリープールに行きました。
hiakriにとって初めての大型プールでした。
母の心配もよそに足の着かない深さのプールも怖がらずに浮き輪につかまって楽しみました。
波の打ち寄せるプールも顔に水がかかったり、身体が急に浮き上がったりしても嫌がらずとても楽しそうでした。

何度も何度もくたくたになるまで楽しみました。
くたくたになるまで…楽しめることがとてもうれしかったのです


...read more

2006-12-07(Thu) 23:52| 生育暦 -保育園・年中組-| トラックバック 0| コメント 0

生育暦 -保育園・年中組-(1)

hiakriの通っていた保育園は、年少組の園舎と年中・年長組の園舎が離れていました。
年中組に進級するということは教室が変わるだけでなく、建物も少し広いところへお引越しでした。

まず、その環境の変化に慣れることから始まりました。
ですが、まったく行ったことのない建物、ということでもなかったので、すぐにお気に入りの場所を見つけ、今までよりも広い園庭と、たくさんのお部屋とがあって、しばらくは"探検"が続いたようです。
年少組で大好きになった先生が持ち上がりの担任で、その点でも安心して新しい1年がスタートしました。


発達相談

この4月、初めてhikariの父も同席して発達相談を受けました。
「hikariは質的にどこか違うんだ」ということに私たちも気づいていました。
定期的に発達相談を受けることは私たち親にとっても、家族にとっても、hikariのありのままの姿を見つめ、自分たちに何ができるのか考えるきっかけになりました。

家でのhikariは言葉の面では未熟さが感じられたものの、穏やかで、妹ともごく普通に関わり、私のお手伝いもし、身辺の自立もできていたので、それほど問題を抱えているようには見えませんでした。
しかし、保育園といった集団の中でのhikariは特別な配慮がいる子だったのです。
母をはじめ家族はそういったhikariの姿を目の前に見ることはできません。
そこで、担任のA先生に『連絡帳』を密なものにしていただくようお願いしました。
送迎時には毎日のようにお話したり、家庭訪問や個人懇談では特別にお時間もいただきました。
保育園での様子をhikariの口から聞くことはなかなか難しいことでしたが、先生との密なやり取りでhikariの保育園での様子を把握していくことができました。




...read more

2006-11-30(Thu) 20:54| 生育暦 -保育園・年中組-| トラックバック 0| コメント 0

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。