カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

あかんやん、お母さん

hikariは、自分の興味のあることやとても嬉しく思っていることを何度も繰り返し話してしまいます。

たとえば、今夢中になっているゲームのこと、テストの点がよかったこと、楽しみにしている雑誌の発売が明日であること…

小さい頃は、そんな行動が彼の特性に由来するものであることをわかっていたから、面倒くさがらずに同じ話題に同じようにリアクションして「そう、よかったね。」「ふ~ん、そうなんや~」とくりかえし相づちをうっていました。

でも、いつのころからだろう。。

「もう、さっき聞いたやん!」
「何回もおんなじこと言わんといて!」
(関西弁はきつく聞こえますが、決して怒っていません・笑)

なかなかこちらの方も辛抱して同じ話を何度も繰り返し聞くことができなくなってきました。

悪く言えば、イライラしてしまうほどに。

なぜなんだろう?


...read more

2008-10-06(Mon) 21:51| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 2

夢を持ち続ける

我が家は今年の夏、オリンピックで盛り上がりました。
今までになく、です。
なぜ?

hikariはスポーツが苦手で、観戦することにもあまり興味がありませんでした。
頭で思うこと、誰かに指示されることがうまく体で表現できません。
(その点では事実今も部活で苦労しています。)
また、道具(ボール、バット、ラケットなど…)をうまく操ることも苦手です。
体力もそこそこあるし、体を動かして遊ぶことがきらいなわけでもありません。
(鬼ごっこやおっかけっこなどは好きでした。)

そして、複雑なルールを覚えることも、その複雑さを楽しむことにも興味はありません。
だから、自分が出来なくても、野球やバレーを見ることは好き(私は結構そちらの方)というわけにもいかないのです。
なので今まで、オリンピックにはさほど興味がありませんでした。

でも今年は自ら録画してまでワクワクしてみていました。
もちろん、水泳です。

そして本も読みました。

北島康介夢、はじまる北島康介夢、はじまる
(2008/07)
折山 淑美

商品詳細を見る



読書は苦手、なhikariですが、朝のちょっとした時間にすいすいと読みきりました。
何を感じたかな?

夢を持ち続ける。
努力は裏切らない。

簡単なことではないけど、いつもそうあってほしいです。


...read more

2008-09-25(Thu) 15:04| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 0

心が痛い

最初の報道でその子が”特別支援学級”とあったのにすぐにその表現が消えたことが気になっていました。
まだ容疑者がわからない段階で周囲の人の話からイメージするその子はいわゆる”障害児”ではないことも気になっていました。
腕白で手を焼いていた、とか、元気のいい子ども、という表現も気になっていました。

そして、母親が逮捕されました。
さっきあるニュースサイトを見ると”軽度の発達障害”と書かれていました。


やっぱり、という思いに胸がぎゅ~っとなりました。
なんとも言葉に書けない、やりきれない思いに胸が痛みました。

朝テレビを見ていて速報が入り、そのニュースが流れたとき、生放送のコメンテーターの方が何を言うのか、とても怖かった。
「なんていう母親だろう。」
そんな言葉を聞きたくなかった。

でも、その方が言ったこと
「子どもを産み、今まで育ててきたお母さんがわが子を手に掛ける…
そこにはいろんな思いがある。単純なことではない。
そこのところを考えなくては。…」
まず話されたのがそんなような内容だったと思う。

ほっとしました。
と、同時にお母さんの気持ちを思うとまた胸が…

このニュースを聞いたどれだけの人がそのお母さんの思いに寄り添えるだろう。

ほんとうに悲しい事件です。


...read more

2008-09-22(Mon) 22:28| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 2

便りがないのは…

便りがないのは良い便り…とはよく言ったもので、あれからhikariを取り巻く空気は悪化することはなく、日々それなりに時間が流れています。

なんやかんやと細かいことはきっとなくなっていはいないでしょうが、hikariの家での様子を見ていると…
自分のペースでやるべきことをこなして、冗談なんかも言いながら明るく笑って、イライラした様子もなく"普通に"過ごしています。
昨日は少し気持ちがオーバーヒートしそうになったのか、部活を休んでしまいましたが。
そんな"息抜き"を自分に許してあげられるというのもhikariにとっては成長の証です。





あれから、STの先生を交えての懇談が実現しました。
しかし、あえて先生はきつく医療側の意見を並べることは避けられました。
まずは"相談できる雰囲気作り"ということを前提に話をされたのですね。
確かに私たちの側としてはなんとも押しの弱い懇談ではありました。
でも、それも考えのうち、という気がしていたので、それでよかったと思っています。
なんと予定していなかったのに、主治医の先生も同席してくださいました。
”hikariくんのことは、私たちが小さい頃からよく知っていますよ"
そんな暗黙の訴えみたいなものを感じ、心強かったです。
この病院を選んでほんとによかったと…心から改めて信頼できます。

これから、節目節目できっとまた何か"こと"が起こってくるでしょう。
でも、そこにぶち当たったときに私は何をするべきか、何ができるのか、今回のことで心の準備というか…自信に近いようなものを得ることができました。

日に日に真っ黒に日焼けしていくhikari。
笑う顔に白い歯がまぶしかったりして(笑)
何があっても…きっと守ってあげるから、任せとき!


2008-07-07(Mon) 22:26| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 6

先生、もうひとふんばり!?

今日新聞を読んでいるとこんなふうな記事がありました。

今どきの中学校の先生。
興味のあることにとても生き生きと反応してくる生徒、親しみある口調でとても距離が近く感じる先生。
でも、一部の行動の乱れた生徒に対して強く叱れない。
昔なら、普段は冗談も言い、ふざけあう友達のような先生でも、ひとたび"悪さ"をしようものなら一喝☆
そういう先生も学校にひとりくらいはいて、ヤンチャ者も背筋がピーンとなって静かにいうことをきいたものだ。
でも今は…叱る先生がいない。
大きな声で話をさえぎったり寝転んで話を聞くような生徒を、シャキンと直立させるような先生がいないのだ。
もうひとふんばり…もうひとふんばりがない。

そんな学校ばかりではないかもしれない。
でも授業参観のとき感じていた淡い違和感。
そう、授業がまるで友達同士の会話のように軽くさらっと明るく流れていく…
子どもたちの笑いを誘ってつかみOK(笑)
独り言のような冗談でふふっと空気をなごませ、かと思うと硬い口調でその空気を締めて授業の核心を話し出す。
見ている保護者からも笑いが起こり、引き締まった先生の口調には『さすが』という空気が流れる。

思春期の難しい年頃の中学生。
そんな子どもたちの心をつかむ先生ってどんな先生なんだろう?
こわくてこわくて、その先生の前に行くと震えがきて話が出来なくなるような先生がひとりくらいいてもいいと思うのですが。
そんな先生がふと見せる『君のことを見てるよ』という言葉や表情に気付いたとき、なんとも記憶に残ったりしませんか?
自分の好きだった先生、今でもよく覚えている先生、自分の"今"につながるような出会いだった先生…
どんな先生でしたか?

先生、もうひとふんばり!?
子どもの心に何かを残せる先生って、今の時代、どんな先生なんでしょう?





...read more

2008-06-28(Sat) 16:19| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 4

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。