カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

始動!

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

あっという間に年末年始を駆け抜けて、昨日から3学期も始まりました。
でもなぜだか、平常心。。
いつものような妙な緊張感もなくスタートしている私。
もう何日も前からhikariたちは学校へ行っているような錯覚があります。

とにもかくにも、元旦に近所の神社で引いたおみくじは"吉"!
去年は"大吉"でしたから、2年連続でなかなかいい感じ~のおみくじで、hikariはそそくさとお財布にしまっていました。

どうぞ今年もいいことがたくさんありますように。




冬休みの間は、大掃除に季節の行事…何かと子どもたちと話したり作業をすることが多く、かなり深くコミュニケーションが取れました。

学校ではあまりしゃべらない、というhikari。
友達との接し方にぎこちなさも感じられ、最近の心配の種でした。

でも家では1日中しゃべっているんですよ(笑)
しょうもない(つまらない)ことばかり言って、四六時中"突っ込み"を入れられては変な場面で真剣に怒り出したり、またぼけたおしたり。。
("ぼけたおす”ってわかります???)

「学校でも、これくらいしゃべりいや!
 今年はちょっとイメチェンやな!
 しょうもないことでもええから、怖がらんとしゃべってみたらいいねん。」

でも、それがなかなかできないらしい。


そして昨日から新学期。
なかなかのご機嫌で今日も帰宅しました。
いろいろ聞いていると、なかなか友達ともしゃべっているような感じ。
"イメチェン"を意識しているのかはともかくとして、気持ちも新たに、なんだかちらりと"自信"のようなものも見えかくれ。
いやはや。。
hikariの成長曲線は…
いえいえ!"曲線"ではないのです。
いつも思うことなのですが、彼の成長は"階段式"。
なんだか成長しないな~~という時期と、えっ??そんなこといつの間にわかるようになったん??という時期が不規則にやってくるんです。
かっくんかっくんと階段のような図を描くのです、彼の成長グラフは。

いいぞ!hikari!!




今年こそ…私も彼の成長をきちんと見極めて、手を引っ張り歩くことから横に並んで歩くことへ、そして今年こそそっと手を離して一歩後ろで見守っていけるように…
そうしていくことが彼のこれからにつながっていくのだと思うから。

でもね、忘れないで。
たとえ手を離したとしても振り返れば"いつもいっしょ ずっといっしょ"にいることを。





2009-01-08(Thu) 22:47| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 0

初めての三者懇

今日は初めての三者懇でした。




って。。後が続かないのです。
なんだか虚しさだけが残る懇談でした。


実は昨日、久々にちょっとした…トラブルがありました。
への字の口でhikariが学校のこと話し出したのは久しぶりのことだったんです。

事件は理科の時間。
実験でした。
どうも大きな音の出る化学反応の実験だったようで。

風船の割れる音や花火の音、クラッカーの音…
そういつか記事にも書いたように給食のパンの入っている袋が割れる音にもhikariは耳をふさぎとても怖がります。

ましてや大きな音が出る、と理科的な知識からわかっているhikariは防衛策として手で耳をふさいでいました。
すると隣のAくんが、耳を押さえていたhikariの手を引き離そうとしたんです。
もちろんhikariは振りほどこうとします。
でもしつこくAくんはhikariの手をひっぱったそうです。(hikari談)
とうとう我慢できなくなったhikariは、Aくんのことを”蹴って”しまったのです。。

やれやれ。。

Aくんは「給食の時、袋パンってしたるからな!」
と犯行予告。

さて、給食の時間。
Aくんだけでなく、hikariの周りの何人かが申し合わせてパン☆


なんちゅうことするんですか?

hikariはもちろんパニックです。
涙も出てしまったようです。




先生から、家に帰って”事件”のことをお母さんに報告するように言われたようです。
涙をためながら必死に話すhikari。
話を聞いているうちに、hikariの意外な心が見えてきました。

たとえ仕掛けられたこととはいえ、蹴ってしまったAくんが仕返しにパンの袋を割って嫌がらせするならまだわかる。
どうして関係ない人が何人もいっしょになって(しかもhikariの近くの席の子で)hikariが嫌いだとわかっているのにパン☆とやったのか???
そこのところが全く理解できないし、悔しい。

ほんまや。。




話を聞いていて、そのAくんのお母さんに電話しよう、と思いました。
実は1学期、辛かったとき、そのAくんは「感じ方の違うhikariくんのこと、わかりたい。」と言ってくれていた子なのです。

それなのに…なぜ?
でも、蹴ってしまったhikariも悪い。
そのことをきちんと謝ることを口実にはじめてAくんのお宅の電話番号を押しました。


Aくんのお母さんはとても気さくにお話してくださって、そして、hikariのことを理解しようとしてくださっているように感じました。
そして、このAくんのお宅とhikariに1学期、ずっと嫌なことをし続けたSくんのお宅とはとても親しいのです。
そのころ、いろいろと自分たちの子どものhikariへの行動について話をしてくれていたということも聞きました。

電話をしたことで、Aくんのお母さんと直接話したことで私自身の気が済みました。




話がそれましたが、そして今日の懇談。
教室へ入ってまずはこの”事件”についての話。

先生の話では、Aくんは反省や謝罪の言葉は出ていない、ということ。
いっしょになってパン☆とやった子どもたちのことについては何も話がありませんでした。

「今日は、何もなかった」

だから??
それで終りなんですか?


私が直接Aくんのお母さんと話した事を言っても、あんまり反応されない先生。
こちらの言うことにきちんと反応してくれません。

「”感じ方の違い”を、お互いに思いやりあえたらと思います。
 Aくんたちはhikariがどれほどに大きな音が恐ろしく嫌いなのかおそらくわからない。
 hikariはそれぐらいの音で怖がるのはおかしいと考えるAくんたちの感じ方がわからない。
 そこらへんをお互いに理解していってほしい。
 どちらが悪い、ということではなく。」

トラブルがあったとき、それはそれまで理解しにくかったことをお互いが理解できるようになるきっかけになる、と私は思うようにしています。

だから、なぜトラブルになったのか?
そのときhikariはどんなふうに感じていたのか?
周りの子はどんなふうに感じていたのか?
そういうことをきちんと言葉に明らかにして、じゃ、どうしていけばいいのか、きちんと筋道を立てて話すようにしています。

相互の理解を得るには、その”話”が一方だけではどうにもならないのです。
私はhikariに話します。
でも、Aくんたちに話すことは難しい。
それを先生にお願いしたい。

そう言いたかったんです。

でも空振りでした。

軽い反応でさらりと身をかわされたように感じました。
いつもそうなんです。
思い返してみれば。

どう表現してよいかわからないけど、口では「理解しています。支援しています。」とおっしゃっていても、全く中身が感じられない。

悪いですが、今日は改めてがっかりしました。


加えて、生徒のhikariに対しても、保護者の私に対しても、友達口調であることが耳につきました。
先生としての自覚と威厳を持った先生とお話がしたいものです。

せめてデスマス調であるべきではないですか?
国語の先生、ですよね?

だから生徒になめられるのです。
子どもたちは鋭く見抜いています。

きっとそんな先生とは心を開いて話そうとはしないでしょう。


ほんとに。。
申し訳ないですが、今日は本当にがっかりしました。









2008-12-19(Fri) 23:18| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 2

同じようにはなれない

ずいぶんご無沙汰してしまいました。。




最近のhikariですが。

毎日がとても平和なようです。
とは言っても、特定の授業で騒ぐ子は相変わらずうるさく、無理に”嫌なこと”を探せばそれがすごく気になる、というぐらいで…やっぱり平和なようです。

部活ももうシーズンオフで”マラソン部”になったり”トレーニング部”になったり、時に野球部になったりサッカー部になることもあるとか??(笑)
そんなことにもずいぶんと慣れてきて、パッと見にはフツウの男子中学生らしくなってきました。

中学に入って初めてじゃないかと思う…休みの日に友達と遊ぶ約束をしてきたりして、彼なりに周囲とのコミュニケーションを図ろうとしているようにも見えてうれしかったこともありました。


ところが、です。
なんだかここ数日”浮かない顔”をしているんですよね。。

「どうしたん??」

と聞いても、はっきりとした返事ができない。

「なんとなく…つまらない…」


追い討ちを掛けるように、この前の日曜日は友達と遊ぶ約束をドタキャンされてしまったり。

それも結構ショックだったんでしょうか?


「僕はみんなみたいに楽しく会話ができひん。。」

「何をしゃべっていいいかわからへん。。」


ちょっとばかり寂しいことを言い出しました。




そうやね。
なかなかみんなと同じようにはなれないよね。

たわいもない話をして相手の調子に合わせて笑ったりびっくりしたり…
そんなこと、できないよね、きっと。

誰かと話す
  ↓
テーマを探す
  ↓
ゲームのこと?マンガのこと?
  ↓
相手が乗ってきてくれそうにない話はできない。
(それくらいの空気は読める。。)

そんなことを考えていると、誰かに近づいていくことさえきっと緊張してしまうんでしょう。
結局話すことをあきらめる。

”なんとなく”誰かといっしょにいたり、”なんとなく”しゃべってる、ということができないのです、彼には。




無理してしゃべりにいかんかっていいやん。
ひとりでいるほうが楽、って思うんなら、そういうときもあっていいんやで。

でも、”友達”がほしいよね。
”友達”と笑いあって話がしたいよね。




1学期、いろいろからかったり、かまわれたりしていたことも、それは遊びのひとつだったんでしょう。
(私は)わかっていたけど、hikariにとってはとても嫌な、迷惑なことだったのだからしょうがない。
今は、彼らもわかってしまったのか、hikariにかまいに来ることもなくなって。
今度は、寂しくなってしまったんだよね、きっと。

金曜日は3者懇談。
だからどうしてほしい、ということではないけど、
ちょっと先生に話してみようかな、と思っています。


2008-12-17(Wed) 23:58| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 0

矛盾してるようですが…

私なりに行動を起こして、今hikariはそれなりの日々を送っていて…
その一連の記事(11/8《なんとなくのもやっと感から…》から11/11《全部の人を好きになる》)で言いたかったことは"特別な存在でなく"の記事に集約されているのですが、とにかく思いつくままに書いたので事実の流れがあちこちしていたり、また前の記事では"特別扱い"はこの子達にとって正しい支援になるのだと矛盾したことを書いていたりで…
なんだか読んでいただいた方にはすっきりしない思いをもたれたのではないかと、申し訳ない気持ちでいます。




前の記事で最後に書かせていただきました。

彼らにとって"特別扱い"は否定されるべきものではない、と思っています。
その"特別扱い"が保育園、小学校、中学校と形を変えていくことはあるとしても。


書きたかったことをここで具体的に書けるでしょうか…(不安。。)





今、hikariは中学生。
長男なので私にとって中学生の親をするのは初めてのことです。

今までhikariを"特別な存在"として学校に、担任に、そして周囲の子どもたちに受け入れてほしいという思いで育て、親として支援してきました。
心の底では今も持ち続けている思いではあるのですが、私は今ちょっと戸惑っているのだと思うのです。

"中学校って不思議なところ"
少し前に頂いたコメントにこんな言葉がありました。
まさにそれを感じています。

中学校というところがまだ私にははっきりと見えません。
でもだからといって怖いところ、という感じではないのです。

ただ…hikariはここでどう過ごしていくべきなのか…
今までのように、私に予め何かできることがあるんだろうか?
もっと何かをするべきではないんだろうか?
もしかして、大きなミスをしてやしないだろうか?
後で、「やっとけばよかったのに!」なんて思うようなミスを。

それとも、もしかしたらhikariはもう私の手から離れて自分で歩き出そうとしているのではないだろうか?
私がやるべきこと(してあげられること)をする時期はもう小学校までで終わってしまったんじゃないだろうか?

まだ先に続いている段々と広がっていく社会に踏み出していくために、この中学校3年年間というのは、そっと私の手から離れてみたり、かと思うと急に走って帰ってきたり、そんなことを繰り返しながら強くなっていく時期なのではないだろうか?

今ならいつだって私に助けを求めることができ、先生もまだこちらから頼ってゆけば歩み寄ってきてくれるのだから。

モラトリアム…
そんな言葉が浮かんできました。




近頃のhikariを見ていて思うのです。

1学期、帰宅してからのいつものパターンの行動ができず、ソファに寝そべってただ涙ぐんでいたhikariだったのに。
授業中にうるさいクラスメイトたちにただ自分の価値観でそれを評価できずイライラを募らせ見過ごせない思いに苦しんだり。
少しサボること、予定していたことが無理なときそれを変更する、そんなこともできなくはないけどできるまでに相当な時間を掛けて悩んでいたのに。


部活はオフシーズンになって楽になったのもあるけど。
初めてのことばかりだったのが定期テストや授業の進め方のパターンがつかめてきたのもあるけど。
小学校の頃とはすっかり変わってしまった友人たちの姿を"そういうものなんだ"と認められるまでに見慣れてはきたけど。
ちょっとサボっても、ちょっと机の上が散らかっていても、それがたいへんな結果につながるわけではない、ということがわかってきたのかもしれないけど…

でも、それぐらいのことなんだけど、hikariにとってはちゃんとした成長の証なんですよね。

2学期になって、2学期らしい姿になっているじゃない。
そんなふうに思えてきたんです。




中学生の親、初心者。
高機能自閉症と診断されている中学生の親、初心者。

初心者だもの。
戸惑ったって、あわてたって、必死になっちゃったっていいよね。

そして、時々こんなふうにふっと立ち止まって、冷静に自分を、hikariを見つめるように…

ブログの力を借りて。




2008-11-16(Sun) 22:32| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 4

これまでの積み重ねが今を支える

少しばかり勇気を出して行動を起こした効果なのか、今hikariのまわりは平和なようです。
その子のお母さんと話したとき、少し気になることがありました。




Sくんはhikariのことを「なんかむかつく」と言うのですが、これは担任の先生からも聞いていたのでSくんのお母さんにもそれとなくそのとき聞いてみたのです。

言いながら、どこかで「そんなこと言ってないけど」って否定してほしい気持ちを抱きながら、だったのですが、彼女は苦笑いを浮かべて否定はしませんでした。

「ああ、やっぱり家でもそう言ってるんだなあ。」

自分にがっかりするな、と言い聞かせながら話を続けました。

Sくんの言い分はこうです。

「hikariくんは授業中でも先生の話に割って入って自分の知っていることをぺらぺらと話す。
 先生の間違いをズバズバと指摘して、自分の知識のあることを自慢する。
 普段はなんか付き合いにくくて鈍くて運動も苦手なくせに…」

6年生のとき、そんなふうにずっとうっとおしく思っていたらしいのです。

そして、先生もそんな(自慢げに揚げ足を取るような)hikariを非難するわけではなく、褒めていたことがどうもSくんには"ひいき"に映ったんでしょう。

なにかとhikariを特別扱いする先生。
hikariの近くにはいつもクラスのリーダー的な児童がいてまるでガードがついているよう…

勉強はできるし、声も大きくて、ちゃんと嫌なことは嫌と主張できてけんかだってしているhikariなのに、いざとなると先生が出て来てなぜか自分たちを悪者にする…
Sくんはhikariのことをそんなふうに見ていたんですね、きっと。

Sくんのお母さんも、我が子がそう思ってもしょうがない…って思っていたんじゃないかな~

hikariとは全くタイプの違う(おそらく)高機能自閉症の子が同じ学年にいるのですが、

「Sはその子にはものすごく優しい気持ちで見ててんで。あいつは、声も小さくって嫌って言えへんねん、って。」




でも私は小学校の頃に先生たちがhikariにしてくれていた支援や理解が一部の児童たちには"特別扱い"だと映っていたとしても、もしそれがなかったら今のhikariはないと思っています。

学校では先生が、家に帰ればお母さんが…困ったときには必ず誰かが助けてくれるという思い。
たとえ融通のきかないつまらないヤツだと言われても、ルールを守って間違ったことをしないという正義感。
自分の感じ方と周囲の感覚の違いに傷つくことがあっても、違ったっていい、自分のことを大切に思う気持ち。
…まだまだあるけど…
そういう小さいときから積み重ねてきた思いというのは、やっぱり"支援してくれる誰か"が居続けることがなければ成り立ってこないと思うのです。

いま、そのひずみが多少現れてきているのかもしれませんが、いつかは歩んで行かなくてはならない茨の道…
hikariにとって私たちよりも厳しく感じる世の中で生きていくために必要な強い心を、小さい頃から、そして、"学校"という親や先生の目の届く小さな社会の中にいるうちにしっかりと身につけていってほしいと思います。

そしてそのためには、彼らにとって"特別扱い"は否定されるべきものではない、と思っています。
その"特別扱い"が保育園、小学校、中学校と形を変えていくことはあるとしても。


2008-11-15(Sat) 21:45| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 0

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。