カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

中学生になると

hikariの通う中学校はいくつかの小学校の子どもが集まるのですが、
hikariと同じ小学校出身の子どもの比率が一番高いです。
クラスの半分くらいは小学校から一緒の子どもたち。

小学校のときhikariの学年は穏やかでとても仲がよくて
とび抜けて"親分"的な子どもがいるわけではないけど
まとまった良い学年といわれていました。
担任の先生にも恵まれたのか、
小さなトラブルはいくつもあったけど、いつの間にか自然におさまって
周りの子どもたちもみんなが"なんとなく"hikariのことをわかってくれて
hikariも毎日楽しく元気に6年間通うことができました。

でも…中学生になると、何かが変わってしまったのですね。
この前から記事やコメント欄で書いているように、
すこ~しhikariにとって辛い空気がクラスにあるようです。
そして、何が気になるかって、
そのhikariにちょっかいを出してくる子の大半が同じ小学校出身の子どもなのだそうです。

「そこがちょっと不思議なんですよ。。」

先生がおっしゃっていました。




自分が中学生になったとき…
なんだか自分の周りのものがすごく新鮮できらきらしてて。
制服が変わって、カバンも変わって、授業もなんだか難しくなって
英語なんていう教科も新しく増えて、部活にも入ったり。
掲示板もなんだか文字ばかりですっきりしてて
小学校のようにかわいらしいものはがたんとなくなってしまった。

なんだか急に大人になった気分だったり。
すこ~し背伸びしてみたくなったり、かっこつけたり。
そうそう、好きな人とか無理して作っちゃったり、聴く音楽も洋ものになったり(笑)
なぜかグループを作って行動したり、"親友"を作りたがったり、
やたらと悩み事を"親友"に相談したり、交換日記なんかもしたな~




今の子どもたちだって、よく似たもんなんだろうな。
小学校のように"なかよしこよし"というわけにはいかないんだろうな~

hikariに起こっている問題は…
例えば先生がその子を呼んでガツンと一発お見舞いすれば(笑)
その場はおさまるのかもしれない。
でも、そういうことではない。
極端な言い方だけど、小学校まではそれでうまくいったんだろう。
それでよかったんだろう。

でも、中学生の心理は…
その場はガツンで押さえつけられても、
なんとなく納得できない気持ちがモヤッと残っていて
そこのところを考えようとする力がついてきてるから
結局はまた事件は起こってなんの解決にも結びつかない。

「みんなちがってみんないい」
そんな"こどもだまし"は通じない。
(きつい言い方ですが)
じゃどうやって子どもたちの心の発達に応じた指導をしてゆけばいいのか。
その辺を具体的に、慎重に、時間を掛けて取り組んでいく。
それは、学級だけでなく、学年の取り組みとして考えていく、と先生はおっしゃってくださいました。

そう、学級で、学年で、部活でも、そして理想は学校全体で
hikariの支援を考えていってほしい。
そして、今の状況を決して軽く見ないでほしい。
絶対に、ほっておかないでほしい。



...read more

2008-06-06(Fri) 17:37| 理解と支援のために| トラックバック 0| コメント 0

同じじゃないから、発達障害なんだよ

最近ある方の記事を読んでコメントをと思ったのですが、
とても長くなりそうなので記事にしました。




hikariのような、知的な遅れがなく、問題行動も目立たないタイプの子は学校のような決まった枠組みがあるところではほとんどみんなとの"違い"に気付いてもらえないことも多いです。
低学年の頃だと、周りの子もざわざわとしていたり、落ち着きが足りなかったり、何かとトラブルも発生するでしょうから、
そんな中にいて、彼ら特有の問題が起こったとしても

『みんなそうですから。』

のひと言で片付けられかねない。


その言葉の次に続くのはどんなことなのか?

みんなそうなんだから、我慢しようね。
みんなそうなんだから、そのうちできるようになりますよ。
みんなそうなんだから、だいじょうぶですよ。



違うんです。
みんなと同じではないのです。
根っこが…どうしてそうなったのか、が違うんです。
だから、トラブルが、問題が起こったとき、次にどうするか?
続く行動はおのずと違ってくるのです。

なのに、みんなそうだから、とみんなと同じ指導をされても、
みんなと同じように叱られても、
彼らにはなんの言葉も気持ちも届かないのです。





1日の大半を過ごす学校、保育園…
先生に全てをゆだねるしかない母にとって、
思いがきちんと伝わらないことほどもどかしいことはありません。

『みんなそうなんだから、だいじょうぶですよ。』

場合によれば、とてもおおらかで包み込んでくれる言葉掛けにもなりそうなひと言ですが、
何かしら先生に対して"伝わっていないな"と思っている母にとっては
これほど不安になる言葉はありません。




hikariが小学校4年生のときの担任の先生が5年の担任となる先生に引き継ぐとき、こうおっしゃったそうです。

「hikariくんはたぶん5年になっても勉強もちゃんとできるやろうし、生活面でも問題ないと思う。
でも、(hikariくんの)お母さんに絶対『だいじょうぶですよ。』って言ったらあかんで。
信用してもらえへんで。」



お2人とも、hikariにとってそれぞれに大切な出会いであり、
それぞれに充実した1年間でした。
今でも心から感謝しています。







...read more

2008-05-28(Wed) 14:13| 理解と支援のために| トラックバック 0| コメント 6

部活動入部の決め手になったもの

hikariは小学校1年のときから、地域のスポーツのサークルへ参加したり、
もう少し学年が上がってからは、行政が開催するスイミング教室にも行っていました。

たまたま、スポーツサークルの指導員の方は、障害児学級に所属する子どもが参加する
夏休みのサマースクールのボランティアさんとしても顔見知りだった方で、
hikariの障害のことをお伝えして、何か困ったことがあればすぐに情報をもらえるようにお願いしていました。
そこでhikariは6年間、学年の枠を越え、学校(学区)の枠を越えた活動をしてきました。
スポーツ少年団などで、野球やサッカーに熱中するということのできなかったhikariだったので、
そういう学校以外の場所での出会い、関わり(もちろんトラブルも含めて)、経験はとても貴重なものでした。

中学年以上になってからは、あえて障害のことは伝えず、家庭のものがサポートできる可能な範囲で学校外の活動をさせてきました。

”地域の活動に参加させる”
はじめはただ、

障害のことを知らない大人や子どもたちの中で、hikariはどんなふうに受け入れられるんだろう?
学校以外の場所で、初めての経験だったり、なれない場所や活動に、どれくらいの時間を掛けて、また、どれくらいの程度、うまくやっていけるのだろうか?


そんなことを恐る恐る試していたようなところがありました。

ドキドキ、心配しながら、hikariがちょっとでも暗い顔をしていると、何かあったんじゃないかと思って、
もう次からは行かせないほうがいいかな、なんて考えたり。

でも、いつの頃からか、近いところは自分で自転車で行くようになり、特にずっと気をつけてみていなくても、当たり前のように準備をして、出かけて行ったり…




中学校で今までと大きく違うのは、学年(横のつながり)以上に部活動などを通して縦のつながり・関係に直面することです。

部活動…まず越えなくてはならないハードル…そんな思いでいました。

運動が得意なわけでもなく、好きなスポーツがあるわけでもなく、
いつもいっしょに遊びまわる友達がいるわけでもなく…

ほんとにこれは…消去法で。
”水泳部”しかないな、と思っていました。

ずっと通っていた行政の水泳教室が、今hikariの通う中学校のプールで行われていました。
そんなで、場所にもなじみがあるし、水泳なら、個人競技で個人目標だし。
うわさでは、大会で優秀な成績を取る子どもは、別メニューでスイミングクラブなんかに所属しているらしいし…

そんなで、部活の見学は水泳部に注目して行っていたようです。

2,3日前までは「どうしようかな~~」
なんて言っていたhikariなのに、昨日吹っ切れたように

「水泳部にするわ!」

なんで?
昨日再度プールへ見学へ行ったとき、小学校のとき水泳教室で見てもらっていたコーチに出会って、
声を掛けてもらったのだそうで。

覚えててくれた。
なんかうれしかった。

そんなことで気持ちは決まったみたいです。

入部届、出しました♪

...read more

2008-04-17(Thu) 15:02| 理解と支援のために| トラックバック 0| コメント 4

担任の先生へのお願い文書~中1編~その3

今日からhikariは自転車で学校へ行きました。
教科の授業が増えてきて、鞄が重くなり始めたからです。

慣れないちょっと大き目の新しい自転車。
重い荷物を前のかごに載せて、ふらふらしながら
「行ってきま~~~す♪」
角を曲がるまで見送るつもりでしたが、怖くて見てられませんでした(笑)




今日、学級委員の選挙があったそうです。

「意外にK君やった。。」
と言うので、変だな~と思って…だって、K君はとてもしっかりした頭のいい子です。
彼が学級委員になってもぜんぜん意外じゃないし。。

「しっかりして賢い人って、僕しかいいひんと思ってたのに。」

は?????????
これが高機能自閉症児らしい発言です。
こりゃまずい。
まさかみんなの前で言ってないよね??

「言うわけないやん!
でも、Kくんが僕のこと勉強できるししっかりしてるって言ったのになあ。」

誤解されませんように…




『担任の先生へのお願い文書』最終です。

なんか。。。やっぱり長いなぁ。。私の文章は。。



【その他 今感じること】

新しい校舎、新しい友達、新しい先生…めまぐるしい環境の変化に弱いとされる自閉症児ですが、
今のところ、通信講座等で中学校とはどんなところか、すでに彼の頭の中に情報が入っているのか、
全く戸惑うことなく、今日も
「数学の授業、おもしろかった。
理科の先生、なんか宇宙人が、とかいってわけわからんかったけどおもしろい先生やった。」
と、笑顔で帰ってきました。

新学期に恒例の係りや班決め、新しく出会う先生とのやり取りなど、
今まではストレスの多い4月ですが、今のところ全てが新鮮にうつって楽しいようです。
リラックスしている様子がよくわかります。

しかし、春休み中もそうでしたが、やはり日常の生活面ではコミュニケーション能力について
発達の偏りがあると感じることがよくあります。

嫌味や冗談・比喩などわからない(わかりにくい)。
悪意はないのだか、その場にそぐわない話題を言ってしまったり、
相手の話題や質問に答えずに自分の話したいことに話題を持って行ってしまう。
複雑な指示(複数の指示を同時に出されること)や、
直接的でない指示が理解できなかったり、何回も聞きなおしたりする。
友達と仲良くしたい、いっしょに遊びたいという気持ちは強いが、うまく仲間に入れない。やりとりがぎこちない。
一人でいるのが楽なのではなく、ほんとうは誰かといっしょにいたいのだが、
会話や行動のやり取りにトラブルが起こることを怖がって関わっていくのをあきらめてしまうことがある。

といったことを感じます。

学習面ではおそらく問題はないし、授業や他の活動でも特に不都合さが表面上は見えないと思います。
しかし、根っこには“生き難さ”をずっと持っていて、それを彼なりの方法で理解し解決している場面もたくさんあるのです。
表情も豊かで、気持ちも言葉に出せる方ですので、何か困っていればすぐにわかると思います。

また、予定の変更などに弱いと言われますが、hikariはもう学校での時間割の変更や突発的な活動に戸惑うことはほとんどなく、
許容の範囲(学校とはそういうところという認識)ですが、下校してからの行動の順序、時間配分のこだわりは強いです。
今までより確実に家での過ごし方に制限が加わってくると思うので、
もう少し柔軟に考えられるといいなと思います。

もともとの性格に由来するのか、正直でまじめなところは彼のよいところです。
また、根気よく課題をこなしていこうとしたり、難しいことにも「やらなくてはならない」という義務感が強く、とてもがんばってやり遂げようとします。
それが時に熱心でよい面ととらえられたり、彼を苦しめるこだわりであったりもします。

保育園、小学校から一緒に過ごしてきた友人たちは、
決していつもいっしょにいるというほどに仲良いわけでなくても、
hikariのことをとてもよくわかってくれる子が何人かいます。
小学校の頃は”hikariくんはこういう子”ということを自然と周りの子がわかってくれていました。
環境は変わりましたが、これからもいろんな場面に出くわすことで、
hikariのことをわかってくれる子が増えていってくれればと思います。

その様な環境を作ってゆくには、まず先生方のご理解が不可欠です。
この何ヶ月かは、毎日とても”がんばって”いると思います。
ぜひ、先生から1日に1度、何か一言でも声を掛けてくださるとhikariはとても嬉しいと思います。

以上です。
どうぞよろしくお願いします。


...read more

2008-04-15(Tue) 17:56| 理解と支援のために| トラックバック 0| コメント 2

担任の先生へのお願い文書~中1編~その2

まいった。。
hikariのクラスのクラス委員に当たってしまいました。

いえいえ。
中学校へ出向く機会も増えるし、先生と顔見知りになるチャンスでもあるし、
何かと学校の行事やPTAの取り組みなんかにも関われて
私自身のためにも良い経験になるかもしれません。

少し心配なのは…
保育園の役員も当たっていること。
しかも、こちらはけっこう重い役で。。

でも、こんな1年も、もう2度とないかもしれないから、
hikariのために、末っ子おちびのためにも、お母さんはがんばってみようと思います。
papa、迷惑掛けるかもしれないですが、よろしくお願いします。。




で、前記事の続きです。

今日、担任の先生から”連絡帳”のお返事を頂きました。
ご理解、快諾していただけたようで、ひとまずはホッとしています。
近いうちに、面談の時間もとっていただけるようです♪
よかった。




【学習面について】

春休みはずっと中学校へ向けての勉強をこつこつと続けていました。
塾へは行っていませんが、通信講座を6年間続けてきて、今も継続して取り組んでいます。
まじめにこつこつと計画通りに実行する姿は親から見ても感心します。
学習の習慣、時間の確保はできていると思います。
どこかで大きな躓きがない限り、彼の持てる力の範囲の成績をとれればよいと、今は特に心配していません。

ただ、適当に手を抜く、要領よくこなす、ということが苦手な分、部活動や友達との交流などの時間配分をうまくできるかどうかが不安ではあります。
(うまくいかないと、イライラして、泣けてきたり自分を責めだしたりします。)

【部活動について】

仲間と共にひとつの(見えない)目標(勝つこと)のためにしんどい練習にも耐えてがんばる、
たとえ負けても、やり遂げたことにすがすがしい気持ちを持つ…
そんな自然とわかるような”スポーツの精神”みたいなものがhikariはわかりにくかったりします。

小さい頃は運動会の練習が苦痛以外の何ものでもなく、
なぜ同じような練習を繰り返ししなくてはならないのかがわからない…
勝負に負けることはとても悔しく、負けた中にも得るものがあった、
というような考え方にはなかなか切り替えられない…(これは今現在でもそうです。)

そして、それほど運動神経が良いわけでもなく、スポーツを見ることにも興味がない。
そんななので、運動部に入ることは半分あきらめていましたが、
ちびっこ水泳教室にも行っていた(中学校のプールが会場でした)水泳ならできるかもしれない。
そう思い始めて、体力づくり、新しい仲間づくりという面からもぜひ部活動はさせたいと思っていましたので、今は本人と話し合って、水泳部に、と思っています。

見学の仕方、顧問の先生への紹介、そして、水泳部の雰囲気など教えていただければと思います。
また、正式の入部までに顧問の先生と私が直接お話できる機会があれば、とも思っています。

まじめで指導は素直に聞くと思います。
そんなhikariを認めてくださる環境であることを望みます。






...read more

2008-04-14(Mon) 20:17| 理解と支援のために| トラックバック 0| コメント 0

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。