カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

障害児学級か普通学級か

hikariの成長を認めてくれる保育園ではありましたが、就学についての考えは"障害児学級へ"ということに変わりはありませんでした。
家では私はやはり医療機関や保育園の先生のお話、発達相談員さんのお話などから、hikariを障害児学級に入れるのが"当たり前"という感じを受けていました。
そこで、papaの登場(←本人、ひげは生えていません

ごくフツーのギモン。
「いったん障害児学級に入るともうずっと6年生まで障害児学級にいんとあかんのか?」
そうなの?
そんなことないんちがう?
そう思いました。

  ・・・・・・・・・

当時のメモより↓↓

障害児学級に入ることの良い点】

・先生と1対1の関わりが可能。
・hikariのペースにあわせてもらえる。
・精神的に余裕がある。
・親の気持ちにも余裕があり安心感がある。

障害児学級に入ることの欠点】

・周囲からの刺激がなくなる。(減る)
・今までの"我慢する""混乱する"といった負の状況がなくなる。
・甘えが起こるのではないか?
・同年代の子供の見本(モデル)がない。
・みんなと同じ経験、トラブルが少なくなり、その場面での自らの対処法を体験できない。



みんなといっしょの部屋、生活場面で、いろんなトラブルや事件を起こしながらも、喜んだり、悲しんだり、我慢したり、乗り越えたり…
先生の指導・配慮は必要としながらもそうやって保育園ではみんなといっしょにすごしてきたhikari。

小学校に入ったとたんに今までいっしょだったみんなと切り離されて、快適ではあっても刺激の少ない保護された環境におくことが本当にhikariのためになるのだろうか?
そして、それは、6年生まで変えられないことなのだろうか?
なぜ、普通学級に入れてはもらえないのか?
いてはいけないのか?
その判断の基準になるのはどういうことなのか?

papaと話しているうちにいくつかの疑問がわいてきました。

何回目の学校訪問のときだっただろう…
当時の教務主任の先生がおっしゃった一言。

"どの子も…みんながいっしょの部屋で勉強できることが一番です"

今でもとても印象に残っている言葉です。
どのような意味でおっしゃったのか定かではありません。
そして、正確な文言は忘れてしまったのですが、このこわもての教務主任さんの一言で、私は『前例のないこと』をお願いしよう、と決心したような気がします。



2007-02-23(Fri) 20:29| 就学までの1年間| トラックバック 0| コメント 0

医療機関にて①

初めての学校との面談を終えてすぐ、診断を受けた医療機関の外来日でした。
学校での話を持って、主治医の先生とお話をしました。

学校側はまず、児を障害児学級に編入させたいかどうか、判断は保護者側であるので、その判断を求めているように感じました。
高機能自閉症の児童を障害児学級に受け入れるのはあまり例がない?様なことも言われていました。
私自身も当時は、hiakriを障害児学級に"入れたい"のか"入れるべき"なのか"入れなくてはならない"のか、その辺の判断がつきませんでした。

hikariは長男で第1子。
小学生の親になるのは私にとって初めてのことでした。
小学校が本当は(?)どんなところかわからない。
保育園のように、園の先生みんながhikariに接してくれるわけではないのですよね。
今ならわかります。
一人の担任に、hikariへの特別の配慮を求めることは不可能だ、ということを。

papaとの話し合いの中でpapaが普通に心配だったのは、hikariにとってとても居心地がいい(はずの)障害児学級ではあっても、周囲に同じ学年の友達がいない環境となって彼なりに伸びてゆくはずの社会性は、どうなってゆくのか?ということでした。
そして、2年生以降は?ということも…

私もその考えに賛成でしたが、それは安定した彼なりの学校生活があった上でのこと。
主治医の先生のお話でも、結論は障害児学級に籍を置くべき。」というものでした。
やはりhikariは、たくさんの生徒を前にした担任の先生の全体への指示を聞き取りにくい、ということ。
全体の指示を個人(hikari)への指示に切り替える役目をする教師が必要である、ということ。


ただ、自閉性障害を持っているが能力は高いので、社会性を育てるためにはお友達をモデルとして自己の能力として取り入れてゆくことはできる。
障害児学級に籍を置きながら普通学級に通級すること(交流学習)が良い。

というのが主治医の先生のお話でした。

ここまで話を聞いても、まだなんとなくすっきりしないものが残りました。
1年生はこれでよいかもしれない。
その後は?
hikariの様子を見ながら、2年生から普通学級に移行することはできるのか?

まだはっきりと学校に伝えることはできませんでした。



2007-02-20(Tue) 17:14| 就学までの1年間| トラックバック 0| コメント 8

初めての学校との面談

ぎらぎらと暑い夏の日でした。
初めての学校訪問。
時間は限られている…聞きたいこと、伝えたいこと、見ておきたいこと…あらかじめ考え、準備してからpapaと、hikariと3人で出かけました。

当時のメモより↓↓

【要点】

・先生について
  校長・教頭・障害児学級担任
  職員室の位置・人柄・専門的な知識

・構造的なこと
  教室の位置・明るさ
  障害児クラスと1,2年生の教室との位置関係
  1年生の教室内の様子・何人?・机の並び方・安全性

・児童とのかかわり
  先生のかかわり方・ことばづかい
  障級の位置づけ

・障級との交流
  学校内での障級の位置づけ・生徒の感覚・いじめ
  PTAからの見られ方・通学方法

【伝えたいこと】

・hikariに関する情報提供を惜しまない。
  学校との(先生との)情報交換を密にする。
  引き続き医療機関の受診・療育・経過観察を続ける。

・hikari自身について
  好きなもの・興味のあるもの
  性格・穏やかで優しく、メルヘン好きであることなど


こんなふうに見直してみると、ずいぶんと肩に力がはいていたな~って感じですね。

緊張しながらも、ノート片手に、一つ一つお話を進めました。

帰ってきて感じたこと。

現状の学校のスタイルを強調されているという印象でした。
"今までに例のないこと"を求められることを遠まわしに敬遠されていたような感じがしました。
でも…初めての懇談だから。
ここからスタートなんだから…それほどに落胆したわけではありませんでした




...read more

2007-02-20(Tue) 00:51| 就学までの1年間| トラックバック 0| コメント 0

就学までの1年間

記憶もかなり怪しいのですが…
当時の記録ノートを見ながら、思い出せること、今だから冷静に言えることなど、小学校入学までの1年間、hikariのために何を努力し、何を考え、どんなふうにめでたく入学式を迎えたのか
生育暦』とは別のカテゴリーで整理してゆこうと思います。

   ・・・・・・・・・・・・

hikariは現在小学校5年生。
4歳のとき、広汎性発達障害高機能自閉症との診断を受けました。
今でこそ、発達障害、軽度発達障害アスペルガー症候群といったテーマがテレビ番組などでよく取り上げられるようになりましたが、hikariが診断を受けた当時は『自閉症』という言葉自身『閉ざされた』イメージで、私にとってもとてもつらい診断でした。

今までの生育暦で書いてきたように、いろいろな気持ちの揺れを経験しながらも、日々成長してゆくhiakriとともに、いっしょうけんめい歩いてきたつもりです。

生育暦 -保育園・年少組-
生育暦 -保育園・年中組-
生育暦 -保育園・年長組-

時々年長組の生育暦も書き加えながら、小学校就学までのhiakriと私たち家族の取り組みを書いてゆきます。

今この時期、何か吹っ切れた気持ちで、あるいは、漠然とした不安を直視できないままに保育園や幼稚園の最後の年度を迎えようとしている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
私はどうだったか?
吹っ切れていた…いえいえ…吹っ切ろうとしていただけで、正直な(笑)papaと、理想に走ろうとする私は時にぶつかり合いながら、でも、避けては通れない"今"に無理やり正面から向かっていこうとしていたように思います。

その年の7月。
初めて、hikariが入学予定の小学校に出向きました。
暑い夏でした。



...read more

2007-02-18(Sun) 17:43| 就学までの1年間| トラックバック 0| コメント 0

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。