カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

恐ろしい実験!?

音や匂い、味などの感覚過敏は良くあることです。
それが発達障害を持っていなくても、苦手な音や匂いは誰もが持っています。
ところが…hikariの場合、一度苦手だ、と思ってしまった感覚に対しては過激なほどの恐怖感を持ってしまうようです。

もともと風船の割れる音が大嫌いで、風船を見るだけで、顔が引きつり、耳を押さえて「どこか(遠くに)やって!!」と懇願します。
もしかしたら割れるかもしれない。
割れたら、ボッカ~~ン(そんな大きい音ではない、んですが。。)と恐ろしい破裂音がする。
そんな"思い込み"に近い恐怖感が常にhikariの頭の中を支配しています。

我が家では、誰かの誕生日や何かの記念日にはくす玉を割って(お手製☆)クラッカーやくもの巣で派手に騒ぐのが恒例行事になっています。
そのクラッカーが、hikariにとってはかなりの苦痛です。
以前はそれほどでもなかったのですが、ある日の"大騒ぎ"で、その恐怖感はもうどうにもならないほど激しくhikariの脳に焼き付いてしまったようです。
とは言っても、そのときに特別激しいクラッカーをぶちかました(笑)わけでもなく。。

前置きが長くなってしまいましたが、とにかく"パンッ”と言うような破裂音に異常なまでに過敏になってしまいました。
それは、給食時に袋入りのパンを誰かがちょっとしたいたずら心で"ポンッ”と破裂させて開けることも怖くて耳をふさぎ震えだします。
見かねた担任の先生が
「行儀が悪いから」
ということで、hikariという個人の思いには触れずに"ポンッ"行為を禁止してくれました。
ある日、たこ焼きを食べていたとき、ペットボトルのコーラを開けようとしたら…
耳をふさぎ、顔をこわばらせているhikariが(笑)
"プシュッ"この音もダメみたいです。

先日、帰宅するなり顔をこわばらせて、「お母さんどうしよう~~。。」
聞くと、明日、ある実験をするそうです。
紙コップを持ってくるように言われたようです。
紙コップに何か液体を入れて、そこにレモン汁(?)を入れると、"ボンッ☆"って、爆発する(かもしれない)実験なんだそうです。
爆発はせんやろ。。
そう思うのですが、とにかく"音がする"ということが怖くてしょうがない。
「お母さん、耳栓持って行く。。」
とは言うものの、それでも落ちつきなく怖がっているhikari。
「耳ふさいで、遠くにいればいいやん。先生にはノートに書といてあげるから。」
「でも~~実験を近くで見たいもん。。」
理科の実験は大好きなhikari。
その気持ちと、大きな音に対する恐怖感とで、心は大きくバランスを崩しているようです。

とにかく、耳栓を持って、ドキドキしながら、次の日学校に出かけました。
さて…結果は??




先生との連絡帳のお返事です。
「これは参りました(笑)」
実験は、ハーブティーにレモン汁を入れると色が変わる。というような理科の学習への導入になるものでした。
「爆発するかもしれんぞ~~」
というのは全くの冗談だったようです。
冗談だ、ということを言ってから、その内容をきちんと説明して、持ち物なども伝えたそうなのですが、hikariには「爆発する」という言葉があまりにもインパクトが強くて、
働かなくてもいい想像力が働いて、恐ろしいまでの爆発音と、その実験風景が頭を占領してしまったのでしょう。
先生の話を最後まで聞けていなかったようです。

学校へ着くなり、耳栓を持ってきたこと、実験の音が不安なことをすぐさま先生に言ったのでしょうね。
そこで先生は「冗談や」と(笑)
hikariは怒ってしまうのか?と思いましたが、苦笑いで、笑い話ですんだそうです。
あ~よかった、よかった(笑)

でも、よくある失敗。
あまりにもインパクトの強い話や画像に釘付けにしなってしまって、その後の情報が入りにくくなる(全く入らない)事はよくあることです。
そのことで大きな失敗をしたり、自分で自分を苦しめてしまうことになります。
難しいことですが…hikariは、"話を最後まで冷静に聞く"こと、伝える側は、大切なことを多数の者に伝えるとき、こういう子どもの注意が他にそれていないか、ということにいつも気をつける事が大切なのではないかと思います。
「はい!ここからが大切です!」
「は~い!よく聞いといて!」
なんていう金八先生的な声掛けでもいいと思います。
でないと…「爆発音」という言葉を聞いただけで、かち~んと固まっていたはずです、hikari(笑)

2007-11-02(Fri) 08:01| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 4

コメント

 久しぶりのコメントです。
 小さい子供だとこういった思い込みはよくありますね。大人の方でも、苦手なもの、知らないものに対しては、こういった思い込みをしてしまうことがあります。
 仕事でPCを扱うことが多いですが、トラブルを抱えて持ち込んだ人に、「こうすればイイだけだから自分でやってごらん。」とドライバを渡して、自分でネジを回しているときに、「失敗すると二度と動かなくなるから。」といたずら心で言うと途端に何も出来なくなります。
 うちの自閉症の二男も、苦手なものには「ヤメテ!」といって手で激しく払ったり、苦手なテレビの映像や音には隠れたり番組を変えたりします。
 こういった過敏な反応に生活の中で、上手く対応できるようになって欲しいと思っています...子供としても親としても。

2007-11-03(Sat) 05:26 | URL | 子育てお父さん1970 #anqzWrOo[ 編集]

☆子育てお父さん1970さんへ♪

こんにちは♪
こちらこそ…ご無沙汰しております。
細々と、ですが、続けてゆきますので、これからもどうぞ宜しくお願いします。

hikariが苦手なもの、どうしても受け入れられないものには、ちゃんとした理由みたいなものがきっとあるのだと思います。
風船の割れる音が、私たちとは全く違う刺激として入ってくるのでしょうね。
クラッカーの音もきっと恐ろしい爆発音なのでしょう(笑)
ついつい自分の感覚を人に押し付けてしまいがちなのはダメだな~と思います。

"過剰反応"
今どき(!?)の学校へ不当な要求をしてくる親や、朝青龍だの、亀田親子だの、手のひらを返したような強烈なバッシングの風潮なんかも、"過剰反応"の一種なんだそうですね。
先日ある方の講演会でのお話でした。
五感の過剰反応だけではない…少しみんなが冷静にならなくてはならないようです。
記事の内容とはそれてしまいました。。スミマセン。。

2007-11-03(Sat) 21:55 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

こんばんは。

お久しぶりです。
お仕事の方復帰ということで、忙しい毎日を過ごされていらっしゃるのでしょうか?

音などの感覚って親子でも共有できないものなんだなってウチの場合にも思います。moemoの場合は泣き声に“過剰反応”します。遠くの方で赤ちゃんが泣いていて私たちに聞こえなくても、泣き声のするほうに走っていきます。
私の母友がニキ・リンコさんの本を貸してあげた時だったかな?雨がイタイと感じる話を読んで、
“子供なんてそんなのイタくないよって言ってあげればイタくならなくなるんじゃない?”って話してました(あっけらかんとしていて悪気はないんですよ^^)。でもその母友は虫に過剰反応します^^。

自分から耳栓持って行くって言った
hikari君が私はすごいと思いました。

2007-11-04(Sun) 21:37 | URL | ricco #Sd21lzko[ 編集]

☆riccoさんへ♪

こんにちは♪
こちらこそ…ほんとにご無沙汰してしまってスミマセン。。
相変わらずばたばたの毎日ですが、ぼちぼちと続けてゆくつもりですのでこれからもどうぞ宜しくお願いします。

赤ちゃんの声。
hikariも、よく耳をふさいでいました。
妹のmomoが生まれたとき、hikariは2歳4ヶ月。
momoが泣くのと一緒にわんわんと泣いていました(笑)
8つ離れている今4歳のchiiが生まれたときはそんなことはなかったですね。
成長するにつれ、少しは嫌でなくなる音もあるのかもしれません。
風船の割れる音もクラッカーの音も、今がピークに恐ろしいみたいで、
「そのうち、平気になるんちゃう?」といっても、
「ぜったい無理!」
と半べそで訴えてきます。
音に限らず、感覚を共有することはとても難しいですね。
papaと私でも食い違いでもめたりするくらいですからね(笑)
hikariにとって、耐え難い嫌いな感覚をどうやって周囲の人に理解してもらうか…
仲介役の大人がいる間はいいですが、自分の力で訴えなくてはならないときのスキルをこれから身につけてゆかなくてはならないと思います。

訴える以外に、何か道具を使って身を守る…そう、耳栓を使う、といった考えを持てるようになることも必要かと思います。
"困ったら…どうして困っているのか?どうすれば困らなくてすむのか?それはどういう方法でするのか?"自分で考えられるようになるといいな、と思います。

2007-11-05(Mon) 14:28 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/99-0ec3cadf

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。