カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

先生との関係~つづき~

それまでずっとお母さんといっしょに、家族と一緒に、大人と一緒に過ごしてきた子どもが初めて小さな社会に一歩踏み出すのが、保育園(幼稚園)という世界です。

どの親にとっても子どもはかわいいもの。
少しぐらいみんなと一緒に遊べなくても、
少しぐらいみんなと一緒に歌を歌うのが嫌いでも、
少しぐらいみんなと一緒にお話が聞けなくても…
家庭で見るわが子の姿はよその子となんら変わりないと思い、そしてごく普通に成長していることを喜ぶのは当たり前のことです。

そう…でも、家庭での姿と、保育園での姿というのは、どこか違うのです。
集団の中での子の社会性が他の子供たちとどこか違っても、家庭での子の様子にとらわれていると、なかなか気付きにくいのではないでしょうか?



hikariは長男です。
うちは田舎で、みんなから「男の子が生まれた」ともてはやされ、私としてもそう若くで産んだ子ではないので、かわいくて仕方ありませんでした。
生まれるまでも、生まれてからも、育児書や『たまひよ』なんていう雑誌を読みあさり、理想的な子育て、理想的な子の育ちを心にえがいていました。

母乳で育て、お座りした、ハイハイした、つかまり立ちした、"まんま"って言った…
ひとつひとつの成長を記録し、喜び、しぐさや笑顔の全てが愛しくて仕方ありませんでした。



保育園で集団生活をするうち、発達障害を抱える子の姿は保育士の目から見て明らかに"何かが違う"とうつります。
それをどのように保護者に伝えるか。
保護者と先生との間に確かな信頼関係がなければ…
先生の子どもの育ちのための言葉も、保護者にとっては
「困った子だ」
「わがままだ」
と言われているようで、先生との関係は悪化し、最悪、保護者と先生はなんの接点も持てず、子どもについての情報の共有さえもできなくなります。

私の場合…先生との確かな信頼関係ができていたかどうかはわかりませんが、心構えとして、何か当たり前のこととして、
「先生のおっしゃることは、きちんと聞かなくては」
「子どもの姿を客観的に見なくては」
という思いがあったことは確かです。

今よく言われる、"モンスターペアレンツ"ほどではないにしろ、この何年間か、子どもの発達に関わることで、先生との関係がとてもぎこちなく、悪くなった例を何人も見ました。
その親たちの全てが悪い、とは思わないし、先生の中にも問題を抱える人がいることは否定しません。
でも、大切なわが子の発達について先生の声には冷静に耳を傾け、子どもを一歩下がったところから見守る姿勢というのはとても大切なのではないかと思います。

私たち親にとって先生との関係をうまく保ってゆくことは、1日の大半を保育園や学校で過ごす子どもにしてやれる、ひとつの大切な環境づくりとなるのではないかと思うのです。



私は今まで、無意識にそのことをしてきたような気がします。
まずは自分が先生との距離を縮めること。
そんな母の姿を、小さいときからhikariは微妙に感じ取ってきたと思います。

出会った先生、どの方も私たち親子にとって必ず何かを得られる大切な時間をすごすことができたと思っています。
どんな先生にも、魅力はあるのです。
私はそう思っています。

2007-07-10(Tue) 21:20| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 14

コメント

 久しぶりにコメントを書かせていただきます。
 いつも、ブログをみて、自分の参考にさせていただいております。

 先生との関係は自分の子供を客観的に見るには非常に大事だと私も思います。
 また、子供は親と先生の関係を感じ取り、先生を見ているように思います。尊敬したり、疎ましい存在に感じたり...。
 保育園の先生も言っていました。子供が親と先生が対等に話をするところを見て、態度が変わるときがあると。
 子供は親の鏡です。子供にとって親は一番です。親は神様みたいな存在でもあると思います。
 その神様をみて、他の人を見るわけですから、親としては、皆に、公平に、寛容に接しなくてはと思っています。
 どんな人間も、嫌いな人でも、その人なりの良さ、魅力はあると私も思います。
 親として、人間として、先生たちと接していこうと思っています。

 すいません。なんか長くなってしまいました。

2007-07-12(Thu) 05:29 | URL | 子育てお父さん1970 #anqzWrOo[ 編集]

子育てお父さん1970さんへ♪

こんにちは♪

ぽか~んと更新があいたりする気まぐれなブログをいつも見ていただきましてありがとうございます。
そしてコメント…とても嬉しいです♪

一番下の子が保育園に通うようになって、hikariが通っていたころの園と保護者との関係の違いに驚くことがしばしばあります。
そして、この保育園の時期に就学に向けてしなくてはならないこと、気づかなくてはならないこと、子どもにしてやれること…
理屈の上でも、時間的なことでも、人との関わりでも、ものすごくたくさんのことがあり、そして、この時期にしか身につけられなかったのでは、と思うような大切なことがたくさんあるように思うのです。

だからこそ、1日の大半を過ごす園の先生との関係は大切だし、子どもにも、そういう親の姿を見せることは長い目で見ても大切なんじゃないかな、と思います。

と書きつつ。。。私も、日々反省しきり、です(笑)

2007-07-12(Thu) 12:41 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

先生方も・・・

久しぶりにコメントいたします。

保護者同士それぞれの思いもあって事あるごとに先生のへの不満が噴出したりするのを何度も聞きます。
それでもmoemoの事で、先生方、関係者の方と何度か話し合いを重ねる事で身にしみて分かった事。
それは、だれも子供に対して真剣でない訳がないと言う事です。結果先生の行動などが自分の考えと違ったにしても、根底にあるのはみんな子供のためにそれぞれ一生懸命であるのに変わりはないと言う事。
これが心から分かった時点で先生に対する想いや態度も変わりますよね。決して失礼なことは出来ないはずだと思います。
先生方と行動、考え方の違い、相性の良し悪し、あるにしても、世の中だって全部自分の思い通りになるわけでないし。
社会勉強ですよね。

あれ?議題からズレてるかなぁ?

2007-07-13(Fri) 14:02 | URL | ricco #-[ 編集]

親という字は…。

machiさん、こんにちは。
人間同士の間には自然と「間合い」が
生まれているものですよねぇ。
「寄らば切るぞ!」みたいな武士の間合い
と同じものが各個人にあります。
自分を保護するため、家族を保護するため
の自然な本能だと思います。
そういった意味でmachiさんは間合いの
取り方が上手だなと感心しました。
子供、親、先生。
この位置関係を把握して真剣に距離を
計る。
文字通り切れ味鋭い真剣を手にしたくらい
真剣に向き合いたいことです。
私は男親なので、間合いも大切にしつつ、
殴るとき意外はでしゃばらないように(笑)
配慮してます。
出来るだけ、おばかを演じてね。(笑)
親という字は「立」「木」「見」から構成され、
木の陰に立って真剣に見てやるものだと
感じています。

2007-07-13(Fri) 17:43 | URL | moukun #-[ 編集]

riccoさんへ♪

こんばんは♪

riccoさんのコメント…とても嬉しいです!
その通りですよね。
そう、表面では意見が合わなかったり、ぶつかっていても、想いは同じくらい深く子どものことを考えているのですよね。
そんなふうにお互いに思うことができたら、きっと何かが変わってくるし、子どももそれを感じ取って成長するきっかけになるように思うのです。

この前の七夕の夜…とてもステキな出来事がありました。
今までみんなと一緒にステージで歌ったり踊ったりできなかった子が…
どこにいるかわからないくらいに、みんなと同じように発表していたのです。
お母さん(お友達です)は号泣でしたv-406もちろんうれし泣き。
保育園への不満を漏らしていた彼女だっただけに、その涙と、先生と喜び合う姿に、私は感動してしまいました。

2007-07-13(Fri) 22:04 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

moukunさんへ♪

こんばんは♪

コメントありがとうございます♪

木の影に立って見守るのが"親"という字…
適度な距離も必要ですね。
私はほんとに親バカだから(笑)
hikariは研究者になれる、って思っているし、momoは海外で羽ばたく、って思っているし、
chibiは町内で一番かわいい、って思ってる(爆)
これは冗談だけど(笑)
いつも思うのですが、私って、自分にきっと自信がないのです。
子どもたちを"育てている"ってあまり思わないのです。
だから…いつのころからか~やっぱりhikariと向き合うようになってからかな…
"自分の子"というよりも、ひとりの"人間"と向き合うような感じで今に至ります。
なんかかっこいいこと言ってるようですが、自然にそうして今まで過ごしてきたことは結果、とてもよかったと思っています。
私って、男親的なのかな…?

よく子どもたちに言うのですが、周りの人はみんな、自分と同じように、たくさんの好きなことや嫌いなこと、嬉しいこと、辛いことを毎日毎日思いながら、暮らしている。
"自分だけが"って思わなくていいんだよ、って。
そして、周りの人の心がわかるようになれたらいいな、って。
そうすれば自分も楽になれるし、周りの人にも優しくなれる。
叱られても、なぜその人は叱るのか、考えてみることで、自分を大切に思えるんじゃないかな、って思うのです。

小さな子には難しい、ってpapaには言われるけど、わからないことも、ずっとずっと言い続けることで、いつかわかるときがくる…心で感じ続ければ、きちんとした言葉が無くても、いつか心にそんな地面ができるような気がするのです。

なんて言っている自分は未熟ものです(笑)
子どもに言う言葉はそのまま自分に…
子どもたちが立派な大人になったとき、私も立派な親になれるのかもしれません。

2007-07-13(Fri) 22:26 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

まったくもって。

machiさん、再び失礼。
嬉しくなって。(笑)共感しちゃって。
子供の心、なめたらいかんよねぇ。
幼い子は幼いなりに、瞬間でものすごい
データを取得してます。
子供には、まだ理解できんやろ、なんて
大人の思い上がりです。
私もmachiさんと同じく、子供と接する時は
一人の人として接しています。
そんな言葉理解できんやろ?なんて大人の
勘違いです。
気持ちは必ず伝わるし、難解な言語は自然
に理解していきます。
なぜなら、それは国語だからです。
私は、あえて難解な言語で子供達と対峙
してきました。
ヒアリング?リスニング?どっちゃでもええわ。
子供の語彙を増やしてやるのも親の役目。
先生や学校ばかりに頼ってたらダメだよねぇ。
machiさんは、すでに立派なママですよ。

2007-07-13(Fri) 22:47 | URL | moukun #-[ 編集]

moukunさんへ♪

おはようございます♪
共感していただけて嬉しいです!!
わかっていただけますか?
そして、moukunさんもそんなふうに子どもさんに接してこられたのですね。

ひとりの"人"として子どもと接する…
母親って、どこかでそれができなくなるときがあるのでしょうね。
おなかにいるときから自分と同じ命を感じて、痛みを感じながら産み出して、そしてお乳をあげたり、オムツを替えたり…
ずっとずっと肌が触れ合う距離でいっしょにいると、何もかもを許して、子どもが全てになってしまいます。
(moukunさんがよくおっしゃる"分身"という感覚ですよね。)

そんな想いから自分自身が離れ、いろんな角度から子どもを観ることが強いられたとき、それが母の想いとうまく重ならないとき、
…母はとても辛い思いをします。
(父の想いも過程は違ってもきっとそうでしょうが…)

他者(園の先生であったり、保育士であったり…)に、そんな"分身"であるわが子の集団になじめない様子を報告されると、まずは
『家では○○なふうだから、大丈夫です!』ってなっちゃうのですね。。

理屈っぽいうちの夫婦ですが(笑)、子どもに"なぜ叱るのか""なぜ、(親の)言うことを聞かなくてはならないか?"…
親の想いを、子どもがわかるわからないに関わらず、繰り返し伝えてゆくことで、きっと心で感じ取ってくれる…
moukunさんに言ってもらって、私って、間違ってないよね、って、嬉しくなりました!!

薀蓄大王、万歳!(笑)

2007-07-14(Sat) 06:59 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

おはようございます!
machiさんの先生との関係、今までのブログからもとてもいい関係なんだなって思います!
今回も教師の私にとってはとてもうれしい記事です。
私のまわりも一生懸命がんばっている教師がたくさんいます。
一方、中には、いじめが発生しても何の手だても講じず放置しておく教師、子どもが好きではないと公言してしまう教師など、ほんの一部ですがいることも事実です。
そして、学級が崩壊して勉強どころではなくなりかわいそうな思いをした子ども達を何度か見てきました。
保護者の方がサポートして下さる気持ちを感じれば感じるほど、そんな子どもや親御さんに対して、教師はそれなりの努力をしなくてはと感じます。

2007-07-15(Sun) 08:21 | URL | 平木 #-[ 編集]

台風がこわいです

2007-07-15(Sun) 12:09 | URL | みゆきちゃん #-[ 編集]

平木さんへ♪

こんばんは♪

ありがとうございます。
授業のわかりにくかった先生も、怒ってばかりだった先生も、好きだった先生と同じくらい記憶に残っていて、どの先生にも何か魅力がありました。
時代は変わってきているし、先生に求められるものも昔とは違ってきているから、現実、先生の姿も変わってきているとは思うのですが、
でも…人間同士の付き合い、ということに変わりはない。
先生に高い人間性や節度、能力を求めるのなら、保護者も高い人間性、節度、親としての能力を求められて当然だと思います。

保育園の保護者だけで話す懇談会がありました。
私はクラス委員なので司会をしていたのですが、最後に皆さんにひと言、と思いお話しました。
「子どもあっての保護者会です。
 子どもの育ちをまず考えていきましょう。
 そのためには、家庭での姿、家庭からの子に関する情報は惜しみなく園に伝え、
 園からも、園での情報をたくさんもらいましょう。
 園と保護者とで多くの子の情報を共有することで、一緒に育ちを考えていければな、と思います。」

子どものために、先生とはよい関係でいたいと思います。

2007-07-16(Mon) 23:17 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

みゆきちゃんへ♪

こんばんは♪

台風、大丈夫でしたか?
停電はありませんでしたか?
間髪いれず、新潟で地震。。
本当に自然の力は恐ろしいですね。
でも、明日は来ます。
何が起こるかわからない毎日だけど、でも、生きて行くってそういうことかもしれませんね。

2007-07-16(Mon) 23:19 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

つい夢中になって・・・

machiさんのようなかたがたくさんいらっしゃったら、
教師も心強いだろうなぁ~と思いました。
でも・・・、現実は、きびしいですね。

私も、
「うちの子は絶対にお金を盗ったりしないです!」と
事実を認めようとしないお母さんと電話で2時間話したことがあります。
そのお母さんは
どんなに気をつけて育ててきたかなど話して、
うちの子がそんなことはしない!
と言い続けました。
でも、それは親としてはあたりまえのことだと思いました。
わが子がそんなことをするはずがない!
そう信じたいのはあたりまえです。
自分の子育てを否定されたような気持ちにもなることでしょう。
私はだまってうなづきながら、そのお母さんの気が済むまでお話を聴きました。
1時間くらい話を聴くと、少し落ち着いてきて、私の話も聴いてくれました。

私は、教師は教育のプロでなくてはならないと思っています。
プロというのは、指導法とかそういうことが優れているだけでなく、
相手の気持ちを考え抜くということです。
なぜ、そう言うのか、なぜ、そうするのか・・・・・。
そうすれば、相手を受け入れ、共感することができます。

どんなに理不尽に思えるような話でも、
自分はこの仕事で食べているプロなんだという誇りがあれば、
耐えることができますし、支えになります。
友人や家族に言われたら耐えられないようなことでも、
今は教師の立場なんだ!と思えば、聴くことができます。
でも、その誇りがずたずたになったとき、
教師の心も壊れていくような気がします。

教育再生会議とかのあるかたが、
「だめな教師は辞めさせますから・・・」と言いました。
教育現場を体験したことも無い人からのそういう言葉が
教師の誇りを奪っていくのではないかと、私は思いました。

つい長々とごめんなさいね。
これは私の考えなので、?というかたもいらっしゃると思います。
machiさんのところに乱入しちゃって・・・、本当にごめんなさいね。(汗)
教育のことになると、つい夢中で書いてしまって・・・。

2007-07-17(Tue) 14:16 | URL | nanako #-[ 編集]

nanakoさんへ♪

手、痛いのに…たくさんコメントありがとうございます。

教育って何なのでしょうね?
学校っていったい何なんでしょう?

人を育てる、ってそんなに簡単なことでも、誰かに任してしまうことでもないと思うのです。
小学校の6年間、子どもって心身ともに劇的な変化を遂げますよね。
hikariが1年生のころのことを思い出しながら今を見て、つくづくいろんなことを思います。

義務教育である以上、子供は必ず小学校へ通います。
そこで日々学ぶものは教科書に書いていないことのほうが多いのではないかな、と思うくらいです。
子どもが経験し、感じ、行動し、発言する…その現場に居合わせる可能性が高いのは、やはり先生です。
その先生の言葉をないがしろにするのは理にかなっていません。

私は決して先生の肩を持ったり、媚びたりしているつもりはありません。
子どものために、媚びてる、と思われるのはとても悔しいです。

話がそれてゆきそうですが…(笑)
この記事を書いていて、いろんなことに気付きました。
皆さんからコメントをいただき、そのお返事を書いていて、
「ああ、私って、こんなふうに思っていたんだ」
って、思うこともいっぱい。
いろんな意見があっていい。
いろんな立場があるんだもん。
子どももいろんな子どもがいる。
そのぶん親だっていろんな親が。
先生だっていろんな先生がいて、それは当たり前のことで…
でもね…コメントいただいたどの方にも、そしてもしかして、コメントは頂かなくても、記事を読んでくださった方、どの方にも共通する"同じ思い"があるんじゃないかと気付きました。

riccoさんのひと言で…気付いたのです。

"根底ではみんな子どものために一生懸命である"ということ。

その思いが通じていれば、その思いをお互いに感じあえる関係でいれば、たとえ意見が違っても必ずその子は感じ取ってくれる…
必ずその子はまっすぐに育っていくんじゃないかな…

nanakoさんのおっしゃる"プロとしての意識・誇り"…
人を育てる、教育を背負う先生にはとても重いことですが、先生が先生である限り、いつも心にとどめておいて欲しいことだと、私も思います。
そして…それは、親にも。
重いからこそ…分かち合って、助け合って、見守ってゆかなくては、と思います。
現場を知らないお偉い方のおっしゃる言葉には、私も???と思うことがたくさん…
制度やお金で片がつくことではないから、教育は永遠の難題なの…かも…しれません。

長々と書いたわりにはうまくお返事になっていなくてすみません。
この記事を書き始めたとき、いったい何が私の中でもやもやしているのかわからないまま書き始めてしまいましたが、こうしてお話してゆくことで、それが何か…見えてきたように感じました。
皆さん、コメント、本当にありがとうございました。

2007-07-18(Wed) 11:22 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/91-5c83a372

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。