カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

先生との関係

最初に宣言しますが、今日の記事はつぶやきであり、主観であり、偏った考えかもであり、批判を受けるかも、の内容です。



先生保護者の関係って、どういうものであるべきなのでしょう?

理想的な先生ってどんな方なのでしょう?

どんな先生なら、子供を安心して任せられると思うのでしょう?

誰もから好かれる先生って、どんな先生なのでしょう?



まず、親である私ですが、自分のことに置き換えて思い出してみます。

幼稚園のころ…う~~む…記憶がありません(笑)

小学校のころ…

嫌いな先生、いましたね。

大好きな先生、いました。

記憶にしっかり残っています。

いい先生、と感じたことはあるだろうか…

親はどんなふうに思っていただろうか…

あまり記憶はありませんが、親が学校を批判したり、先生を攻撃したり、子供の前で、先生の悪口を言う、学校の行事に批判的…
そんな空気はあまりなかったように思います。



今、実は、保育園のクラス委員、というものを務めさせていただいています。
papaは、保育園小学校もいろんな役員を経験していますが、その影で私は1度もなくて、今回初めてのことです。

いろんなびっくりするような保護者の発言を耳にします。
「これが今の現実なんだな」
そう思うと共に、子どもが荒れる、学校が荒れる…
その根元は「親」にあるのではないかと思う今日この頃です。

平気で先生批判、保育園批判、学校批判をする親。
そのくせ、総会や、懇談会などには全く出席しない。
意見を述べるために設けられた場所を拒否するのに、言いたいことをあたりかまわず、場所もわきまえず言いたい放題…

何かが違うな。
どこかずれてる。
おかしいな。

親学…賛否両論でいろんな批判も出ましたが、でも、「親が学ばなくてはいけない」ことが山ほどある気がします。

書きたいことが整理できません。

少しずつ書いていこうと思います。


2007-06-30(Sat) 23:53| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 8

コメント

100%SOかもね。

machiさん、こんばんは。
同じこと感じてますよ。
その昔。
我々が子供の頃、「今日、先生に叱られた。」
なんて親に言おうものなら私の不備について延々と説教されたものです。
エピソードひとつ書くね。
中2の家庭訪問は女性の教師でした。
片田舎にあった生家を訪れた先生は、
「ああ。こういう環境で…。どうりでmoukun
は何と申しましょうか、のほほん、のほほん
とした部分があって…。」
昔の先生は歯に衣着せず語って下さいました。
今、何故先生が萎縮しているのか?
すべて今の親の責任です。
個性と我が儘を履き違える。
高度成長期の親が育てた、本当の豊かさとは
何かをを見失っていた歪みです。
参観日などで学校を訪れると勘違いママの
多いこと。
「一発やってくれ。」みたいな格好で(失礼。
不適切な表現。)堂々と徘徊している様。
おかしいよ。
上記にもある教師の自信にあふれた発言は
馬鹿親によって封印されてしまったのです。
私の次女が小6の時の担任の男先生は、
馬鹿親の罵詈雑言のせいでノイローゼになり、
学級崩壊状態でした。
馬鹿親が野次るから、それを聞いている子供
も先生をさげすむようになるのです。
子供の鏡は親であり教師であります。
批判する前に自らがどうあるべきかを、もう
一度よく考える必要があるのではと昨今の
批判的な保護者に訴えたいものです。
本当。
馬鹿ばっかりで嫌になる。
今の世の中。
ごめん。熱くなりすぎちゃいました。
moukunはもっとファンキーに語らねばねぇ。
(笑)
フランク永井。関係ないやろ。(笑)

2007-07-01(Sun) 04:15 | URL | moukun #-[ 編集]

moukunさんへ♪

えっと…何時やねん(笑)
あいさつに詰まります。
ファンキーな夜を過ごされたようで(笑)

保育園の保護者中心の行事が近くて、このところほんとに毎日忙しくて…
保護者の集まりに顔を出すことも多くて、いろんな話が耳に入ってきます。

hikariのことでとてもお世話になった保育園。
私にとっては自分が"親"としてスタートした思い出深い場所であり、今のhikariを見るにつけて、この保育園での3年間がなかったら、と言う思いがとても強いのです。

3年のブランクはあるものの、子ども2人を通わせていた分、お世話になった先生もまだいらっしゃるし、親同士のつながりも、結構あります。
そんなところでね、思わず耳を押さえたくなるような親の言い分や、先生に対する態度や、保護者会そのもののあり方…
ほんとにいろんなことが「???」

あちらのブログでもたま~に出てきた、仲良しのMちゃんとこの前久しぶりに話していて、
「machiちゃんと話すとほっとするわ。
 おんなじやもん、感覚が。
 今の(保護者の)人ら、(考え方の根本が)違うねん。
 なんか…違うねん。」
って、半分泣きそうになって言ってました。

腹を割って話そうという気になれない。
「あほちゃう?この人、先生派(先生におべっかしてる?)やん。」
なんて、変なうわさを流されかねない。
そんなんちゃうやん。
おかしいのはそっちやん。
子供のこと、どうの、言う前に、世間一般の常識で考えてみたら?
…と言いたくなるのをぐっとこらえるそうです。
Mちゃん、「(自分が)おかしくなるわ。。」
だから、きっと私と話すとほっとするのかな、と思いました。

いろいろとおかしな不条理がまかり通っているような気がします。
きっとmoukunさんを熱くさせてしまうと思ってましたよ。。(笑)

2007-07-01(Sun) 06:15 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

いろんな先生がいるね。私も総合の時間に関わっているので、わかるよ。

2007-07-01(Sun) 13:44 | URL | みゆきちゃん #-[ 編集]

長く書けないので、少しだけ・・・

たくさんお話ししたいことがあるんだけど・・・、
でも、長く書けないので、少しだけ。

私の世代の人間が、母の世代から受け継いだものをきちんと伝えてこなかったんだ
と、思っています。
母は、「上着よりも下着が大事なんだよ」
と言っていました。
「もしも外で倒れて病院にかつぎこまれたとき、
 上着はりっぱなのに、上着を脱がされたら、
 よれよれの汚れた下着だった・・・、
 そういうことがあったら、それはとても恥ずかしいことなんだからね」
それから、
「子どもにこそ、本物を見せなくてはならない。
 本当にいい絵を見せなくてはならないんだよ」
そして、
「お金持ちは気に入らなかったら買い換えたりできるから、
 安いものを買ってもいいけど、
 貧乏人は何度も買ったりできないから、
 いいものを買って大事に使うんだよ」

母の言葉は私の人生の節々で私の進むべき道を指し示してくれました。

母は祖母の世代からの大切な言葉を私の世代に伝えてくれたのに、
私は次の世代にその言葉を伝えてこなかったんだと反省しています。
今からでも、伝えるための努力しようと思っています。

2007-07-02(Mon) 14:02 | URL | nanako #-[ 編集]

みゆきちゃんへ♪

こんにちは。
そうですね、いろんな先生がいていいと思うのです。
どの先生も100点満点ではない…
だって、先生だって人間ですもの。
個性だってありますから。
その小さな一つ一つを"親が子供の前で"非難したり否定したりしてはいけないと思うのです。

ね、人って、成長するものですから。

2007-07-02(Mon) 15:03 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

nanakoさんへ♪

辛いのに…コメントありがとうございます♪

nanakoさんの想い、それを私たちの世代も伝えていかなくてはなりませんね。
戦争も、貧しさも、命の重ささえ、実感として感じ取れない子ども…いえ、大人も含めて今の時代の私たち(伝えていっているのか…戒めの気持ちもこめて、"私たち"と書きます)。

動物にも、植物にも同じように命はあり、たまたま電車で隣り合わせた人にも、クラスの友達にも、大切な家族にも、同じ重さの命があり、それぞれがいろんな思いを抱え生きていること…

なんだろう…人間関係の希薄さ?
コミュニケーション能力の低下?
自ずと自己中心的にならざるを得ない情報や刺激の氾濫する時代のせい?

先生だってひとりの人間ですよね。
家に帰れば、お母さんだったり、娘だったりするのです。
それぞれにいろんなことを思い、仕事をし、人生を送っておられるのです。
先生との関係は、まずは人と人との関係から始まるのではないかと思うのです。
お互いにそんな想いからスタートしないと、何かが、どこかですれ違ってくるのではないかな…
どちらかが一方的に悪い、というのではないですが、もっと"親"は人として成長するべきだと思います。
(自分自身も含めて、です。)

2007-07-02(Mon) 15:17 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

machiさん、おはようございます♪
今朝は、machiさんを見習って早起きしちゃいました。

”みんな違ってみんないい・・・”確かにそうなのですが・・・私も、学校を訪れるたびに「う~ん」と心の中で考えてしまうことが多いです。machiさんと同じです。

給食費未納問題なんて、私の中の常識では考えられないこと(たぶん、私は生活がどんなに苦しくても給食費は第一に払うと思うので・・・)なのですが、現実にはたくさんの人が未納でOKと考えちゃってる(ハァ~)
何かが、少しずつゆがんできてしまっているのかなと思います。

我が家は長男が幼稚園から先生が毎年変わってます。先生もいろいろ、ちょっと愚痴りたくなる時もあります。校長先生が変わって、学校がガラリと変わってしまい泣きたくなることもありました(「光るとともに・・・」のようです)

でも、子供の前では先生や学校のことを批判するような言動はしないように気をつけてきました。子供は親のことを、よ~く見ているし、良くも悪くも何でも吸収してしまいます。
おかげで、息子は私の大嫌いな校長先生とも仲良しでした(笑)

・・・ともあれ、自分だけのつきあいなら、そんな親たちとは離れればいいし、一言ぐらいガツンと言ってもいいのだけど、子供を通してのおつきあいと思うと、それも出来ずにモンモンと心の中で思うだけ・・・
オチビちゃんは入園したばかりで、まだまだ保育園の保護者の方とのおつきあいはこれからですよね。
きっと、かなりお若い方も多いのでは・・・
でも、きっと中にはmachiさんと同じ考えの人もいると思いますし(そういう人は控えめな人が多いから・・・)、machiさんから良い影響をうける人もいると思いますよ!

小さいことからこつこつと・・・頑張っていきましょう(笑)

2007-07-07(Sat) 06:24 | URL | Love♪ #ew5kOZ9E[ 編集]

Love♪さんへ♪

おはようございます♪
最近、早起きができない。。疲れているのか??でもぐっすり眠れて、それはそれでいいのかな、なんて思っています。
けど朝の時間が取れないことはブログにストレスを感じてしまいますね。とほほ…

給食費未納問題に始まり、訳の分からない主張をする親のことを"モンスターペアレンツ"というそうですね。
部活のユニホームは学校で洗濯しろ、とか、入学試験に落ちたのは採点ミスじゃないかとどなり込んだりとか、不登校だから教科書代をかえせ(??)とか、ほんと。。。訳がわかりませんv-404

うちは田舎なので、さすがにそこまで言う親もあまり(あまり…と言うところがちょっと怖かったり。。)いませんが、先生の悪口や、個人的な"趣味"でものを言う人はちらほら目にします。
Love♪さんはさすがですね。
先生との関係を節度を持って常識的に考えなくてはならない、と思うのは、やはり子どもが、どうしても学校に援助や協力・理解を必要とするからかもしれません。
悪い言い方をすれば、親が変にねじれてしまって、学校を"敵に回す"ようなことをすれば、一番苦しむのはわが子です。
個人的にはどんな気にくわない(これまた不適切表現。。)先生や校長でも、そこは"大人"になって、常識的なけじめのある態度で接し、子どもにも、それを見せていかなくてはなりませんよね。

私自身の感情を抑えて、冷静に公平な考えや信念で学校と接し、その関係を快適なものとしてゆくには、親はとても勉強しなくてはならないし、努力も必要だと思うのです。
何か違う…いろんな場面で考えてしまうのです。
私って、理屈っぽいから、こういうことはくどくど書いてしまうのですよねぇ。。

とにもかくにも園の保護者会の一番大きな行事が終わり、ほっとしています。
また違う目で保護者会を見てゆけそうな気にもなっています。
私の思い込み、という部分もあるのかな、と思っています。

Love♪さん、ありがとうございました♪

2007-07-09(Mon) 07:50 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/90-5aba27b8

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。