カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

先生とのお話

先生のほうから、「お話しましょう」と声をかけていただき、木曜日、学校へ行ってきました。

「特に、これといってお話しすることはないのですが…」
あれ?私、とても緊張してたのに…
最近の出来事、行事でのhiakriの様子、休み時間などの過ごし方…
ほんとうに、当たり障りのないお話が続きました。

当たり障りのないお話の中にも、hiakriの行動、思考、周囲との関係の持ち方には独特のものを感じておられるようでした。

時間の最後でひとつ私がお願いしたこと。

●hikariの一見、場にそぐわない行動の裏には、必ず理由があるということ●

この前の『ごみ捨て行動』…
あとでhikariにどうしてそんな状況で突然ごみをわざわざ"遠い"ゴミ箱に捨てに行ったのか?と尋ねました。
"遠い"というのは、実は彼の席の近くにもひとつゴミ箱があったのです。

手に持ったごみが気になって仕方がない。
捨てたい。
だから捨てに行った。
それだけのことだったそうです。
そう、それだけのことなのです。

じゃ、私たちは「どうして"遠い"ゴミ箱にわざわざ行くの?」と尋ねます。
「近くにあることを知らなかった。」

先生とも同じ会話をしたようです。
hikariはこのやり取りで、場にそぐわない行動をして叱られた、と言うよりも、「"近い"ゴミ箱に捨てに行けば良いのに、"遠く"のゴミ箱に捨てに行った」ことを注意されたと思っているかもしれません。
なんか違うんですよね~~~

ゴミを捨てたい。
先生はみんなに大切な話をしている。
「みんなに」…でもその内容は、僕にはあまり関係ない。
ここで、自分も「みんな」に含まれているという意識が薄くなるのかもしれません。
そして…ゴミが気になる。
捨てに行く。

まず、「みんな」のなかには、hikari、君も含まれているのだ、ということ。
君を含む「みんな」にしている大切な話は、最後まで席を立ったりせず、先生の顔を見てしっかり聞いていなければならない。
ゴミが気になるのであれば、手に持たない。
机の引き出しに入れておき、後で捨てる、と決める。

不適切な行動があったとき、必ず『その場で』どこがどういけなかったのか『具体的に』、叱るのではなく『注意する』ということ、また、同じ主旨のことであっても、具体的な状況・設定が違うと以前の『注意』が結びついてこないことなどを伝えました。



machiのひとこと

もう少し、簡潔な文章が書けるようになりたい

2006-11-12(Sun) 00:20| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 2

コメント

こんにちは。
先生もクラスのみんなも一緒になってhikariくんを理解するとともに
少しずつ、周囲との調和がはかれるようになれるといいですね。
毎日がその練習みたいな気がします。
周囲が正しいのかといえば、疑問符のつく人々もいる、そんな
薄汚れた社会に向かっていかなければならない彼にとっては
窮屈であろうけれど、ひとりでは生きられません。
それでもmachiさんのサポートで、随分と沢山のことに対処
できるようになってるのが、過去記事を拝見するとよくわかります。
同時に親も鍛えられているのですね。

2006-11-12(Sun) 10:59 | URL | moukun #-[ 編集]

moukunさんへ♪

こんにちは♪

先生が珍しく(初めて?)みんなの前でhikariに強い語調で注意したとき、みょ~な雰囲気が流れて…
そのことが、私はみょ~にうれしかったのです。
入学のときから、いいえ、ひょっとすると物心ついたときから、hikariがどんな子か、周りの子供たちは肌で感じてくれているのかな、って。
それでもトラブルは起こるし、誤解やすれ違いは起こってくると思います。
2年生の頃、ちょっとした行き違いでクラスの半分くらいの子が運動場を横切ってhikariのあとをだだーっと追っかけた、なんていう事件もありました。
hikariはもちろんパニック。
でもその当時の担任の先生がすばらしかったです。
『事件』のいきさつ、hikariの気持ちをみんなで、クラスのみんなで確認して、考えてくださって…
低学年の頃から、そんなふうに指導者に恵まれ、みんなの中でhikariらしくいられたこと、『折り合い』を見つけてこられたこと、そんな積み重ねが大切なのではないかと思います。

1人ずつでもいい、hikariのことを"なんとなく"わかってくれる友人がこれからも増えていってくれるといいな、と思います。

2006-11-12(Sun) 11:20 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/9-8920d4c6

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。