カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

hikariの登下校

小学校はもちろん、子供たちだけで登下校です。

うちは幸い比較的簡単な通学路で、入学前の春休み、何度か一緒に家から学校まで歩きましたが、そんなに複雑でもなく、一方通行の道で車もそんなに多くなく、危険そうな場所もない道です。

登校時は玄関口まで決まった6年生の児童が迎えに来てくれて一緒に行きます。
他に高学年の子もたくさんいるので、安心でした。

でも下校時は1年生だけの日がほとんど。
1年生だけで"下校班"というのも作られ、誰が誰の後ろに並ぶのか、順番まで決まっています。
hikariは、いつも優しい、大好きなDくんの後ろでした。
入学してしばらくは、各地域の担当の先生が新1年生のために、通学路を一緒に歩いてくださいます。
でも、1週間ほどでそれは終わり。
あとは1年生だけで帰ってきます。

1年生だけで帰る初日、風の強い日だったみたいです。
いきなりのハプニングがありました。
友達の帽子が飛ばされて、道沿いの川に落ちてしまったのです

危険な香りのする事件が発生です(笑)
子供たちは自分の帽子でもないのに、我先にと、帽子の行方を追います。
また間の悪いことに、雨で増水していて、川の流れが速く、帽子はどんどん流されていきました。
川のほうに降りて探す子。
先へ、先へと走っていって、とにかく先回りしようとする子。
もう列なんてあったもんでもなく、下校班もてんでばらばら

…hikariはどうしてたでしょう?
最初は、そのちょっとばかし楽しそうな雰囲気について行きそうになったようですが、
「川ジャンプできひん。」
と、自分の限界を感じて、みんなについていくのはやめて、ただニコニコしてみんなの事を見ていたようです。
でも、帰らなくては、と気付いて、"下校班"も"列"も"Dくん"もないけど、ひとり、てくてくと帰ってきました。

いつもより少し遅かったので、話を聞くと、↑というわけでした。

通学路から離れてかなり遠くまで行った子供もいたようで、次の日、学校では厳重注意があったようです。
hikariにも、
「寄り道したらあかんねんで。」
というと、
「寄り道って何?」

…(笑)
もちろん、「寄り道」の定義を教えましたが、hikariの辞書にはまだ「寄り道」は存在しないようでした。

決まった道(通学路)を、決まったペースで歩いて家に帰る。
それは、すんなりひとつの"ルール"としてhikariの中にはまり込んでいたようです。

6年間、一度も寄り道をしませんでしたよ(笑)



それから、障害児学級の担任のC先生は、私が申し出るまで…そう2学期くらいまで…毎日毎日、hikariが学校を出ると私の携帯に電話をしてくださいました。
「今、学校を出られました。」

設定していた着信音が"千と千尋の神隠し"の『いつも何度でも』
今でも聞くとそのころのことを思い出します。

ちょっとしたことですが、とても心強かったです。
それも、本当に毎日…
C先生、本当にありがとうございました。

2007-06-24(Sun) 22:51| hikari 1年生のころ| トラックバック 0| コメント 4

コメント

私も小学校の総合の時間に関わっています

2007-06-27(Wed) 06:47 | URL | みゆきちゃん #-[ 編集]

みゆきちゃんへ

コメントありがとうございます♪
パソコン直ってよかったですね。
いろんな方に関わってもらえるのはとてもありがたいことです。

2007-06-27(Wed) 11:00 | URL | machi #-[ 編集]

寄り道はあかんねんな。

machiさん、こんにちは。
hikariくんはどこまでも純粋で生真面目な
性格であるのがよくわかるエピソードです。
寄り道大魔王だった私は恥じ入るところ
ですねぇ。(笑)
そこで寄り道にまつわるお話し。
以前TVで現天皇(平成天皇)のご学友が
話しをされていました。
学習院時代、偶然おつきの人がいない
帰り道に陛下をファーストフードのお店に
連れていってあげたというエピソード。
初めて食べた庶民の口にするアップルパイ
に「美味しいものですね。」とお顔をほころ
ばせたらしいです。
何故かその話しを聞いた私は胸がしめつけ
られる思いでした。
寄り道という自由。
庶民でよかったです。

2007-06-28(Thu) 15:54 | URL | moukun #-[ 編集]

moukunさんへ♪

こんにちは♪

『寄り道という自由』
登下校の寄り道はイケナイことだけど楽しいものです。
それを楽しいとは感じられないhikariはちょっぴりかわいそうだったりします。
人生も然り。
ちょっとくらい寄り道しても、おかしく楽しい人生だったと笑えるような最後にしたいものです。
hikariもそんなふうに考えられる大人になるといいな。
純粋な庶民だし(笑)

2007-06-28(Thu) 19:23 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/89-59a56d42

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。