カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

hikari入学。いきなりの…

このカテゴリーには、hikariの小学校1年生のころのエピソードを書いていこうと思います。

***

障害児学級に入学したhikari。
就学までの1年間の私の祈りが通じたのか、受け入れ体制にも恵まれ、安心してスタートを切りました。

連絡帳花組(障害児学級)の担任になったC先生。
これから6年間続くことになる私と先生との"連絡帳"を用意してくださいました。
そう、"連絡帳"を提案してくださったのは先生の方からでした。


いきなりハプニングがありました。

新学期、全てのことが新しくスタートします。
入学式の次の日、"地区別児童会"という、1年生から6年生までが通学班別に集まって登校班や下校班、登下校の約束などを確認する集まりがありました。

通学で迎えに来てくれる6年生のお兄さんと一緒にその地区別児童会が行われる教室へと出かけたhikari。
行きはよかったのですが、その教室に入るなり、その様子は一変したそうです。

入ったことのない教室。
1年生から6年生までががやがやといるざわめき。
見知らぬ先生。
…あっという間に不安の坩堝(るつぼ)へと

「おなかすいた~~
と泣き出したそうです。
でもね、朝ごはんしっかり食べていったhikari。
泣かなくてはいけないほどおなかは空いていないはず
とにかく不安で、訳がわからなくなったのでしょうね。
助けを求める言葉が「おなかすいた」だったのでしょう。
こんなふうに、本当の要求ではない言葉で自分の不安や不快感を訴えることはよくありました。

このことについて、C先生は「hikariくんにとても申し訳ないことをした」と書き綴っておられます。

次の日、出掛ける前に私に「今日も(児童会が)あるの?」と何度も尋ねる姿がありました。
ない、ということと、その日の時間割を繰り返し伝えることで安心して学校へ出かけるhikari。
学校へ着くと、職員室へ「花組に行きたい。」と言いに行ったそうです。
その日は1日花組で過ごしたhikari。
家に帰ると、
「花組さん楽しい。僕は花組さんに行きたい。」
と上機嫌でした

hikariのペースで過ごせる学校生活。
改めて花組にしてよかった、と思えるいきなりのハプニングでした。




それからも何日か、朝出かける前に「今日は(児童会)ある?」聞くことが続きました。
よっぽど懲りたのですね(笑)

2007-06-20(Wed) 15:41| hikari 1年生のころ| トラックバック 0| コメント 2

コメント

段取りがねぇ…。

machiさん、こんばんは。
大人でも段取りが未定な場所は苦手です。
まして几帳面な彼にとっては、とりあえずの
いいだてをして逃げたかったのも当然。
なぜそんなふうに言うのかといえば、私自身、
映画館がダメになってしまいました。
若い頃はなんとも無かったのですが、最近に
なってから「閉所恐怖」が出始めているようです。
所謂、我が儘病なのです。
自営で、時間の束縛から自由に逃れているうちに、特定の時間、ここに座れという指令に
耐えかねます。
楽しみにしていた「ハリーポッター」でさえ脂汗が
出て、前半の不快感は筆舌に尽くしがたい。
ああ。
私が愚痴を言う場所ではなかったぞよ。
hikariくん、理不尽な不都合を体験しつつ克服
して行くことが最適かと感じます。
気長な話となりますが、殴られたぶんだけ、
面の皮がごつくなった私です。(笑)

2007-06-20(Wed) 22:03 | URL | moukun #-[ 編集]

moukunさんへ♪

こんにちは♪

映画館、ダメなのですか?
じゃぁ映画館デートは実現しないのですね(笑)
私も初めて飛行機で一晩過ごさなくてはならなかったとき、息苦しくなって大変だったことを思い出しました。

”理不尽な不都合”
まさにそのとおりですね。
いやおうなしに襲ってくる”不都合”と毎日対峙しているのかも知れません。
低学年では気持ちを表現できなかったものですが、最近は不平不満が多すぎます(笑)

2007-06-21(Thu) 11:16 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/88-a3a87724

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。