カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

参観日を見学

カテゴリー「就学までの1年間」…こちらの記事の続きです。

***

hikariは障害児学級への入学ということで準備を進めていました。

小学校入学までに何をすればよいのか?

・保護者、園、発達相談員での懇談
hikariの集団の中での姿を把握、行動上の問題を見つけてその解決法を探る。

小学校へ渡す生育暦の作成
私のお仕事

・医療機関での発達検査等、データの収集・ST(言語療法)

ふむふむ。。これらのことはこれまでも書いてきたように引き続き行う、という感じでした。

あとは直接小学校と連絡を取って(保育園を通してお願いすることが多かったです)、授業を見学させていただくことと、"特別に"予め担任の先生と顔合わせしていただくことと入学式の会場、靴箱、教室、自分の机を見せてもらうことをお願いしました。

今日は授業の見学について書こうと思います。

普段の学校生活を見せていただくのが一番いいのですが、やはり私たちだけが訪れるととても目立ってしまうので、参観日を選んでhikariを連れて出かけました。
hikariが保育園年長の1月のことでした。

この日は、障害児学級に在籍する子どもたちみんなでの合同授業の見学となりました。
1月、というのもあって、大きなカードのカルタ遊びでした。
hikariも一緒にさせてもらいました。
学年の違う子どもたちが混ざってやるので、ちょっともめてしまうこともあったようですが、とてもにぎやかに時間が過ぎていきました。

私は時間割を見ていました。
障害児学級だけの特別な科目が並んでしました。

「にちじょうせいかつ」「せいかつたんげん」
「じりつかつどう」「あそび」

あとは1週間に国語が4時間、算数が2時間、図工2時間、音楽2時間でした。

このうち、図工と音楽と体育が1時間ずつ、週に3時間だけ、在籍の普通学級との交流授業ということでした。
週に3時間…3時間しかみんなと一緒に学習しない、という事実が正直ショックでした。



これが決まったことであるのならしょうがない。
障害児学級には障害児学級だけの特別な単元がある。
それは変えられないこと。

国語、算数、生活…みんなと同じことを1年間で学習できるのだろうか?
2年生から、また、3年生から普通学級へ合流したいとき、学習面で遅れをとることにならないか?

私たちは、hikariに、できるだけ早く普通学級で学習できるようになってほしかったのです。
"みんなと一緒の教室で"…あの教務の先生の言葉のとおりに…できるだけ早い時期に…みんなと一緒にいさせてやりたかったのです。

2007-06-09(Sat) 22:05| 就学までの1年間| トラックバック 0| コメント 4

コメント

machiさん、こんばんは。
今となっては懐かしい思い出でしょうが、当時
の母の繊細な目線に感じ入りました。
暗中模索な気持ちで、精一杯努力されている
machiさんの姿が目に浮かびます。
そんな日々がhikariくんの中にプラスの
エネルギーを届けて、今となっては「元気
でいてな!」なんてメッセージのお土産を
買ってきてくれる。
もう。
涙が出るやん。

2007-06-09(Sat) 23:27 | URL | moukun #-[ 編集]

moukunさんへ♪

あら?泣かせちゃった?(笑)

ここまで来ると、もうバンバン現実が見えてきました。
こんな書き方をすると障害児学級に在籍されている方にとてもいやな思いをさせてしまうかもしれませんが、hikariにとって一番よい学校での過ごし方は…そう考えると、いろんなトラブルは起こったとしても、交流学級での時間が大切だと思っていたのです。

まさに暗中模索…
どんな本を読んでもhikariにぴったりの学校生活のマニュアルなんて書いていません。
地域の行政によって学校の姿勢も、校長先生の考えも違います…
とにかく考え、動くこと…
私たちにできることをするだけ、でした。

2007-06-10(Sun) 08:12 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

machiさん、こんにちは♪

就学先の小学校を見学をして、今まで頭の中で考えていたことと現実の教室での世界・・・これからのhikari君にとって、どこが一番の居場所なのか・・・ずいぶん悩まれたと思います。

私の息子は6年間、特殊学級に通いました。適応できなかったら、すぐ転校させようと思いながらの入学、でも特殊学級独特のカリキュラムのおかげで、地域の中で大きく成長したように思います。

普通学級であれ、特殊学級であれ、養護学校であれ、どこでも、メリットもあればデメリットもあります。
結局は、自分の子供にとってはどこがいいのか、どこが一番成長させてくれるのかということでしょうか。

machiさんが、”hikari君にとっては~”という一生懸命な思いが、記事を通して伝わってきます。

2007-06-13(Wed) 15:15 | URL | Love♪ #ew5kOZ9E[ 編集]

Love♪さんへ♪

こんにちは♪

わかっていただけますか?
うれしいです。
特殊学級が嫌、ということではないのです。
特殊学級の中にはダウン症の子もいれば、知的障害の子どもも、虚弱の子どももいます。
障害の種類の違う子どもたちと一緒のプログラム、ということも気になりましたが、でも…
何かが引っかかりました。
hikariには何が必要なんだろう、どんな環境で、どんな支援をすることが一番hikariのためになるのだろう…
その思いを満たす何かがその教室には見つけられなかったのです。
(そのときは…そう思ってしまいました。)

軽度発達障害…障害なのかそうでないのか、境界線にいる子どもたちの支援というのは親が動かなければ、もしかしたら何も得られないのかもしれない…
自分の場合がどうなのか、という話ではなく、とても心の痛むテーマであると今も思い続けています。

今ね、hikariが縄跳びをして外から帰ってきました。
papaとの約束の体力づくりです。
毎日papaが作った"なわとびカレンダー"のとおり、きちんとこなします。
すごく汗をかいていました。
怒り出すのかと思ったら、
「暑い~~気持ちいい~~」だってv-411
成長しました。

2007-06-13(Wed) 15:29 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/85-c2b96aa1

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。