カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

学校の役割・家庭の役割

時間がまた遡る記事になります。

hikariが年長の10月のことです。

何度目かの小学校への訪問でした。
(これは、呼ばれていくのではなく、随時私のほうからお願いして教頭に面談に行きました。)

保育園の大きな行事…運動会が終わり、少しほっとした時期だったのだろうと思います。
夏の"通過儀礼的な"就学相談会の流れを受けて、小学校とのコンタクトをとりに出かけたのだと思います。

そのときのメモより。

・学校の役割
 学力をつけること。
 よくわかる授業。

・家庭の役割

 生活のリズムを作る。…睡眠・食事
 情緒を安定させる。…愛情を注ぎ接する。
 自尊感情を育てる。…自信を持たせる。



どんなやり取りをしたかは全く忘れてしまいましたが、
このとき感じていたのは、やはりhikariは普通学級ではなく障害児学級に在籍するべきである、ということ。
どうしてそう感じたのか…

hikariの今までの発達相談員さんとのお話や保育園での様子を見る限り、
小学校での過ごし方については一人援助できる教員が付く必要がある、ということ。
そうでなければhiakriは安心して、落ち着いて学校生活をおくれないのではないか、ということ。

でも、現実の問題として(予算的なこと、制度的なこと)hikariのために教員をひとり採用することは難しく、前例も無く、はっきりいって"できない"。

学校は「学力をつけるところ」…授業の妨げになる行為はそれを実現できないことにつながる。
ひとつのクラスに担任は一人。
そのひとりの教師がhikariに配慮しつつ、学級を運営し授業を進めることは"可能である"と言い切れない。
"可能である"と言い切れないことを、学校は了承するわけにはいかない。

学校の役割、家庭の役割をお話しすることで、
「hikariくんは障害児学級に入っていただくべきです」と説得されているような印象を受けたと思います。


わかっていました。

わかっていたけど、その後、障害児学級の実際、時間割、普通学級との交流、障害児学級だけの行事…
それを見たとき、これはほんとうにhikariのためになるプログラムなんだろうか?
納得する部分があっても、疑問符が頭の上を飛び交っていました。

papaはストレートに「納得できない」
私は頭ではわかっていても漠然と「納得できない」

どう折り合っていくか。

あと半年で入学、というときでした。

2007-05-18(Fri) 10:15| 就学までの1年間| トラックバック 0| コメント 4

コメント

machiさん、こんにちは♪

あの時子供のために選択した道は間違っていなかった・・・今になってみれば、そう思えるのに、当時は不安で自信がなくて・・・・

小学校の就学は、やはり親が決めていかなくてはならないもの。
子供のためにはどの道が一番よいのか・・・私も、当時 一生懸命考えました。machiさんも、hikari君にとって何が一番良いのか模索していたんですね。当時のmachiさんの真剣な想いが伝わってきます。

中学への就学は、当事者である子供の思いや考えと親の気持ちを1つのところにすりあわせていく必要があるということ。
そして、小学校就学のときは、ひとえに子供の成長や発達のためにはどこがよいのかということだけ考えましたが、中学は将来、義務教育から外れた時のことまで視野にいれて考えていく必要があるということが小学校の就学時と大きく違ったことでした。(私の場合です)

何だか、いろんなことを考えすぎて疲れちゃう時もあります。
私も、来週はちょっとブログの更新をお休みして、鋭気を養おうと思ってます(*^_^*)




2007-05-18(Fri) 14:14 | URL | Love♪ #ew5kOZ9E[ 編集]

Love♪さんへ♪

こんにちは♪

そう、あのときの選択は間違っていなかった…
今は胸を張って言えることですが、当時は迷って悩んで涙して…
papaの思いもよくわかる、でも、保育園のように比較的自由な枠組みからは別世界の小学校。
目的も、システムも、先生との関係だって全く違うものになる…
言いようのない不安ばかりがわたしの頭をもたげました。

物分りのよい保護者のような書き方ですが、私には何人か学校の先生をしている友人がいたり、近所にも高校からの友人で、hikariと同級生の息子さんがいる小学校の先生をしているお友達がいます。
学校側の苦悩もそれとなく伝えてくれる友人です。

中学校への進学も今リアルタイムのこととしていろんな思いが頭をめぐります。
まだまだよく見えていない私ですが、ひとつわかることは小学校への就学とは違う、ということ。
Love♪さんのおっしゃるとおり、義務教育から離れたときの進路…そこまで視野に入れておかなくてはなりませんね。

いろんなことを考えて…
心がパンクしそうになるときがありますね。
私も子どもの行事が続いてちょっとしんどいですが、ぼちぼちと暮らしています。
ゆっくりされてください。
また遊びに行きます♪

2007-05-18(Fri) 14:28 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

おはようございます!

 学校側の対応は校長の考えひとつでずいぶん違ってくるものだと思います。
 校長先生の人間性というのでしょうか。
 職員に事情を話し、学校全体で受け入れ態勢を作っていこうとする校長先生であってほしいと私は思います。
 ですから・・・・
 その校長先生の言っていることは間違っていないかもしれないけれど何かが足りないような・・・

 みんなを大切にすると言うことは、一人の子を大切にすることからはじまるような気がします・・・。
  

2007-05-19(Sat) 07:42 | URL | 平木 #-[ 編集]

平木さんへ♪

こんにちは♪

そうですね…
そのとき、学校側がどうおっしゃったか、具体的な言葉は覚えてませんが、
何度か伺ったどの訪問時も、発達相談員さんや保育園の先生との面談のときも
おっしゃりたいことはひとつ…
「ひとり教員をつけることはできないから、障害児学級へ」という趣旨のものでした。

じゃ、障害児学級へ行けば少人数対応が実現する、
でも、hikariに感じてほしい学校生活は普通学級にある…

学校側の対応を批判するつもりは全く無いのですが、いろいろと話し終えて帰宅してpapaと話をしていると、
"結局は普通学級に入ることは無理なんだ"という結論になってしまうのでした。

なぜ"無理"なのか?
そこのところがすっきり理解できませんでした。
でも、制度的なものなんだ、予算の問題なんだ、前例が無いんだ、と言われたらそれまでで…
それ以上学校に、行政に働きかけることはできませんでした。

『みんなを大切にすることはひとりを大切にすることから始まる…』
きっとお会いしていた当時の校長先生・教頭先生にそんなお考えが無かった、とはいえないと思っています。おありだった、と思います。
苦しいところだったのでしょうね。
hikariの実際を見るまでは、学校も判断がつきにくいでしょうから…

でも…hikariはhikariの道を選んで小学校をスタートしました。

2007-05-19(Sat) 17:11 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/80-6ceb4398

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。