カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

お気軽に -じゆうちょう-

こんばんは。

やっぱり重くなりがちなテーマ…
テンプレもかわいく変えて、明るく元気に行きましょう。

だって、いたってmachi家は明るく元気なのですもの。

コメント入れにくい記事にはこちらへ足跡残してくださいね。
自分でもつぶやいたりして




2006-11-11(Sat) 23:08| お気軽に -じゆうちょう-| トラックバック 0| コメント 27

コメント

こんばんは♪
相変わらず、PCのご機嫌取りに四苦八苦している私ですが、
やっと今日は、全記事を読ませていただきました。

hikariくんの生育暦と、machiさん一家や周りの方の関わり方に、
ドキドキしたり、ホッと暖かいものが胸に流れたり・・・色々な思いが
次々と湧き上がりました。
hikariくんはきっと、みんなを人として成長させるための使命を持って、生まれてきたのかもしれないね。

このあとの記録も、大事に読ませていただきますね。

2006-11-12(Sun) 00:12 | URL | 水無月 #-[ 編集]

水無月さんへ♪

わ~いv-354うれしいな♪
さっそく来ていただいて。
『じゆうちょう』…作ったものの、白紙になったらどうしようv-402なんて思ってました。

そう、hikariに育てられているのは私のほうです。
まだまだ母になりきれない私…3人三様に私を鍛えてくれます(笑)
幸せなことです。

2006-11-12(Sun) 00:30 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

こんばんは♪

テンプレ、こちらの方が明るくていいですね。v-410
「ちょっときたよ~~♪」って、入りやすい感じがします。

今日の記事・・・わかる気がします。とっても。
記事は machiさんらしく、書きたいことを心のままに書いていいと思いますよ。
長くなってもいいと思うけどな・・・。共感してくれた人には長くは感じないと思うの。v-354
私も 音楽と駅のことになると延々と長く記事やコメントを書いてしまうもの。
テーマを決めたブログは、心のままに・・・そのままに・・。
また自由帳に書き込みにきますね。v-295
さて、もう寝なくちゃ・・・。(^^;

2006-11-12(Sun) 00:52 | URL | sara #ls0kNZmc[ 編集]

saraさんへ♪

おはようございます♪

前のテンプレも優しい感じで気に入っていましたが、こちらのほうが私らしいかな、なんて。
『じゆうちょう』気づいてくれてうれしいですv-354
「きてきて~♪」って感じです(笑)

そうですね。
思うままに書くほうが心が見えてくる記事になるかもしれませんね。
書いているうちに自分でも気づかなかった気持ちが見えてくることも。
ありがとう…前へ進めます。

2006-11-12(Sun) 09:42 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

こんにちは♪

お言葉に甘えて来てしまいました。
いろいろ知識としては耳から入ってきてはいますが、自分の周りは普通の人ばっかりで、そんな自分が気安くコメントすることにはちょっと抵抗を感じるのが正直なところです。たとえば「普通の人」などという表現をわざと書いてみましたが、場合によっては相手を傷つけることにもなりかねません、わからないだけにとても怖いです。もっとも普通の人が本当にいいのかどうかも疑問ですが。

でも、ちゃんと毎回読んでます。とても勉強になります。これからもがんばってください。それと、他にもこういうテーマのブログをいくつか読んだことがありましたが、なぜかみなさんあまり重そうには感じないところが不思議でした。きっとそれがその人にとって普通だからなんだろうと勝手に解釈しています。

2006-11-12(Sun) 14:15 | URL | ONDA201 #nD.tSCgA[ 編集]

ONDA201さんへ♪

こんにちは♪

よかった♪『じゆうちょう』をつくってv-354
『連絡帳』に『掲示板』…まねしちゃいました♪
うれしいです。言葉いただけて♪

私自身も「普通」とか「障害」とかいう言葉を使うこと(書くこと)に抵抗を感じるときがあります。
そして、同じようなテーマのblogにコメントを入れるのも…正直とても勇気がいるのです。

「普通」って、なんなんだろう?
人が、家族が、作り上げてゆくものなのでしょうか?
人の数だけ個性があり、家族の数だけ物語がある、と思います。
専門的な、誰もに役立つblogにはできないけど、こんな子供もいる、こんな家族がある、そして、そこにはこんな子供hikariがいる、というものが書ければな、と思います。

読んでいただいていることがうれしいです。
(うまく言えませんが…きっと、来てくださっている、と思ってましたから)
おしv-344また、前へ進めそうです。

2006-11-12(Sun) 16:13 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

machi‐machiさん、こんばんは。

プチご無沙汰してました。
テンプレ可愛いですよ♪
まとめて読ませていただいて、
今深呼吸をひとつしました。
母性に灯がともった感じ?かな…
ごめんね、上手く説明できないや。。
machiさんのたくさんの気持ちや
想いが伝わってきました。
こぱんもmachiさんの記事と共に
成長できたらなって思ってます☆

2006-11-13(Mon) 01:46 | URL | こぱん #-[ 編集]

こぱんさんへ♪

こんにちは♪

ありがとうございます。
お忙しそうですね。
コメント入れようかと思いながら遠慮させていただいています。。
落ち着かれたら、また、ドカンv-315ととびきり元気なこぱんさんの記事を楽しみにしています♪

私自身も、記事を書きながら、今のhikariに優しくなれる自分がいます(笑)
どういう道を歩んできたか、時には振り返ること、大事だな、って思います。
雑になってるもの、日常が…(笑)

明日は学習発表会です。
言葉には出さないけど(出せない?)なにやら、緊張している様子です。

2006-11-13(Mon) 14:45 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

machiさん、こんにちは。

いつも、コメントの下書きはするんですが、なかなかクリックできない私です。

自分の気持ちをうまく書けなくて・・・。
誤解されないかな?・・とか、いろいろ考えてしまって・・。
じゆうちょうができて、うれしいです。
テンプレートもほんわかして、いいですね♪

いっしょに働いていた昔の同僚からの突然の電話!
「もう、辞めようかなと思うの。疲れてしまった」
ベテラン教師の彼女の言葉でした。
今の彼女のクラスは38人。
「せめて、30人学級にしてほしい。
 なんにも問題を抱えていない子供なんていないのよ」
元気印いっぱいだった彼女の悲鳴は、17年前の私の悲鳴。

疲れ果てた彼女に、
「辞めたっていいんじゃないの。あなたの身体が大切だよ」
としか言えなかった私です。

国は、もっと教育にお金をかけてほしい。
このままだと、繊細な心を持った先生や、子供のためにとがんばる先生が
どんどん倒れていくような気がするんです。

2006-11-14(Tue) 13:56 | URL | nanako #-[ 編集]

履歴から来させて頂きました。
(みて頂いてありがとうございます!)

machiさんの温かい気持ちが伝わってきます。
大切な子供たち。
天から預かっている人という気持ちになります。
わが子はもちろんですが、私は子供達に対する想いが、
出産後にガラリと変わりました。

まだまだ、未熟なママですが、
育自したいと思います。
どうぞ、よろしくお願い致します。






2006-11-14(Tue) 14:33 | URL | Rin #-[ 編集]

nanakoさんへ♪

『じゆうちょう』、喜んでいただけて、私もうれしいです♪
書きことば、ニュアンスがうまく伝わらないと相手を傷つけてしまいますものね。
お心遣いがうれしいです。
ここは♪ちょっとつぶやきも、たまに自分で書き込んじゃいそうですv-398

38人学級…
いま、hikariのクラスがそうです。
先生、よくやってくださっていると思います。
妹のほうは27人。
ぜんぜんクラスの様子も、先生の関わりも違ってくると思います。
教育にもっとお金使って欲しい、ほんとそう思います。

『何にも問題を抱えていない子なんていない』
まさに、おっしゃるとおりですよね。
hikariへの対応は、イコールどの生徒にも当てはまるものだと思っています。
先生にとってはどの子も特別であって欲しいですね。
でも、それをたった1人の先生が背負い込むのは重すぎます。
学校全体での取り組みととらえてほしいですね。

2006-11-14(Tue) 14:34 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

Rinさんへ♪

ようこそ♪
はじめましてv-344

私も、結婚し、子供が授かって自分が"変わった"と感じている1人です。
学生時代の友人から見ると、3児の母なんて想像つかないそうです(笑)
バブリーな女子大生でしたから(笑)

そして、hikariとの出会いも、私を"人"として成長させてくれました。
まだまだ前へと進まなくてはならない未完成な母ですが、hikariといっしょに、プラス2人の娘といっしょにいることが幸せです。
(あv-356papaも、です♪)

『育自』…いい言葉ですね。
育てられているのは私のほうかもしれません。

これからRinさんのところへもう一度おじゃましますね♪

2006-11-14(Tue) 20:27 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

こんばんは♪

自由に・・・書いていい?
気遣ってくれてありがとう。ぜんぜんよい方向にはいかないけれど
もう少し歩いてみます。
自分の中で、心が軽くなることをいつも胸のどこかに思いながら
日々をすごしてゆきたいと思っています。
でも、もうしばらくは入院はしたくないので・・・今までみたいに無茶はしません。(^^;
私は仕事をしなかったとしても元気でいられるかどうかわからないし、その逆かもしれない。
でも、悲しいのも苦しいのも生きているからなんだよね。
だから、頑張っていかなきゃいけないよね。今回はそう思いました。
週末にまた「駅」に行きます。元気になるために。
本当にいつもありがとうね。

2006-11-15(Wed) 22:13 | URL | sara #ls0kNZmc[ 編集]

ようこそsaraさん♪

どうぞ♪
その字の如く、「気」が「軽く」なるこころをこめた『じゆうちょう』ですから♪
辛い言葉や態度で苦しんでおられるのですねv-409
大体のことが…目に浮かびますv-406

腹を立てるのではなく、自分の中で消化しようとしているsaraさん…
よい形で、その辛い気持ちを薄く…消すことができたら…
週末の『駅』を楽しみに、そこを見つめて、今日を、明日を歩いてくださいね。
応援しています。
そして心配もしていますよ。
私だけでなく、saraさんのことを知っている方は皆さんv-352
コメントに残さずとも、見ていても来ていることを告げない方も、みんなsaraさんの味方ですからねv-254

また来てくださいね♪
声が聞けるのがうれしいです。

2006-11-16(Thu) 15:56 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

こんにちは~

あらら? こんな素敵な コーナーがあったのですね。

ホッとひといき machiさんの ひとがらが 伝わってきます~
またお邪魔させてくださいね~v-34

2006-11-17(Fri) 13:57 | URL | たま #PHl5.jPs[ 編集]

たまちゃんへ♪

いらっしゃいませ♪
ゆっくりしていってくださいv-365(笑)
びみょ~でコメントしにくい記事が続くときもあるかも、なので、どうぞ、こちらへお気軽に、と思っています。
いつもありがとうございますv-344

2006-11-17(Fri) 22:38 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

記事を読んで・・・

気持ち・・・とてもよくわかります。
コメントしたいけどうまく伝わらなかったら申し訳ないので
いつか私も記事にしますね。
従妹も同じ気持ちだったような気がします。
私も娘の足のことがあったときに同じ気持ちでした。
そして、今度・・・反対の立場になったときに両方の気持ちがわかりました。
でも、一番大切なのは 子供さんと保護者の方の気持ちを優先してあげることなのでは・・・・そう思う私です。
ごめんね。結局コメントに近いことを書いてしまいました。m(_ _)m

2006-11-19(Sun) 00:30 | URL | sara #ls0kNZmc[ 編集]

saraさんへ♪

ありがとうv-352
ここへ来てくださったことがうれしいです♪

特別なことではないのかもしれませんね。

保育園、という初めての小さな社会に子供を送り出すときの母としての気持ち。
今、ちびちゃんがそのときを迎えているので、ふとあの頃の気持ちと重なることがあります。
でも…やっぱりちょっと違うかな??
ちびちゃんは、早く集団に入りたそうに見えるし、その姿を想像することができるけど、
hikariのあの頃は、そんなふうに想像できなかったなあv-356
…うまく言えないけど、『何か違う』と感じつつも『何も違わない』と思いたい気持ちがあったのは確かです。

それよりも、違うところで集団生活から彼の『何かが違う』姿が見えてきました。
それに向き合わせてくれた先生方に感謝、ですね。

2006-11-19(Sun) 08:11 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

青い空

こんにちは。
以前、日々是の中でhikariくんが製作した造形を見せて
もらいましたよね。
その時に、私の頭にひらめいた事とリンクする作文が
あったので少し長いけど書いてみるね。

「青い空」

小学校の頃、足し算、引き算や会話のテンポが少し遅い
あきら君がいた。
でも、絵が上手な子だった。
彼はよく空の絵を描いた。
ぬけるような色づかいには、子供心にも驚嘆した。
担任の野本先生は、算数の時間に、解けないと
解っているのに答えをあきら君に聞く。
冷や汗をかきながら、指を折って「ええと・ええと。」と、
答えを出そうとする姿を周りの子供達は笑う。
野本先生は答えが出るまで、しつこく何度も言わせた。
私は野本先生が大嫌いだった。

クラスもいつしか代わり、私達が6年生になる前に、
野本先生が他の学校に転任することとなり、全校集会で
「お別れ会」をやることになった。
そこで生徒代表で「お別れの言葉」を言う人が必要に
なった。
先生に一番世話をやかせたんだから、あきら君が言え、
といいだしたお馬鹿さんがいた。
集会で一人立たされてどもる姿を期待したのだ。

私はあきら君の言葉を忘れない。

「ぼくを普通の子と一緒に勉強させてくれて
ありがとうございました。」

あきら君の感謝の言葉は10分以上にも及ぶ。
水彩絵の具の色の使い方を教えてくれた事。
放課後つきっきりでそろばんを勉強させてくれた事。
その間、おしゃべりをする子はいませんでした。
野本先生がぶるぶる震えながら嗚咽をくいしばる声が、
体育館に響いただけでした。

昨日デパートのポストカードなどに、美しい水彩画と
あきら君のサインを発見しました。

野本先生は今、僻地の小学校で校長先生をしてます。
先生は教員が少なく、家から2時間もかけて登校しなければ
ならない過疎地に自ら望んで赴任されました。

野本先生のお宅には毎年夏に、あきら君から絵が届く
そうです。
あきら君は,その後公立中高を経て美大へ進学しました。
お別れ会での野本先生の挨拶が思い浮かびます。

「あきら君の絵は、ユトリロの絵に似ているんですよ。
みんなは、もしかしたら見たことないかもしれない。
ユトリロってフランスの人でね、街や風景をたくさん描いた
人なんだけど、空が綺麗なんだよ。
あきら君は、その才能のかわりに、他の持ち物が
みんなとくらべて少ない。
だけど時間はかかっても…持て無い物ではないのです。
そしてあきら君は、それを一生懸命自分の物にしようと
しています。
これは簡単なことではありません…そして素晴らしいこと
なのです。」

あきら君は空を描いた絵を送るそうです。

その絵は野本先生が作り方を教えた、
美しいエメラルドグリーンだそうです。

END

おそらくhikariくんに私が感じた物は同じだと思います。


2006-11-26(Sun) 12:25 | URL | moukun #-[ 編集]

ありがとう…

こんにちは♪

さっき、あちらのコメントのお返事で「また笑わせてね~♪」って書いたのに
泣かされちゃいました(笑)

みんなとは持ち物の数が違う、その内容も違う。
でも持てないものはない。
時間はかかってもそれを自分のものにするために、生きてゆく。

すばらしい言葉、そして出会いですね。
あきら君にとって。
あきら君、純粋ですね。
きっと先生の気持ちを感じ取っていたのでしょう。
からかう同級生がいても自分を信じて、先生の言葉に支えられて大きくなっていったのでしょうね。
先生もきっと、あきら君に支えられていたのだと思います。
あきら君の生き方が、今の姿が、野本先生の教師としての誇りであり、宝物なのでしょう。

hikariに芸術的な才能は??
ですが、hikariが何を感じ、何を考え、どう生きてゆきたいのか…
私に、どれだけのことができるのか今は自信がないけど、
…横に並んでいっしょに歩いていきたいです。
hikariにもそんな素敵な出会いがあるといいな。
ありのままの姿を認めてもらえて、心を通わせることのできるような人との出会いが…

息が詰まりそうなってたのv-409
ありがとう。

2006-11-26(Sun) 12:47 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

moukunさんへ♪

プロフィールのところに『青い壷』の写真を入れました。
これ、ですよね。
彼の未知の力(?)を信じて…飾っておきます。
うれしいコメント、ありがとうございました。
もしも…
あきら君の作品が見られるなら…
秘密欄にチェックで、教えてもらえませんか??

2006-11-26(Sun) 23:39 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

おおっ!

未知なる可能性を秘めたるhikariくんの初期の作品ですね。
そのうち、「何でも鑑定団」で紳介が眉を吊り上げることとなります。
あきら君の作品については残念ながら察知してないのです。
仮名かもしれないしね。
是非、目にしてみたいものです。

2006-11-27(Mon) 17:05 | URL | moukun #-[ 編集]

moukunさんへ♪

そうですか、残念v-393
hikariの行くべき道はどこなのでしょうね。
昨日、ふとそんなことを考えました。
最近エジソンの伝記が気に入っているようです(笑)

2006-11-28(Tue) 08:00 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006-11-28(Tue) 23:08 | | #[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006-11-28(Tue) 23:16 | | #[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006-11-30(Thu) 21:03 | | #[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006-12-05(Tue) 02:45 | | #[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/8-11aeb4e0

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。