カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

UNO

昨日の夜、久しぶりにUNOをしました。

まず、カードをシャッフル。
誰がするかでいつももめます

何でもできちゃう、自信たっぷりのmomo。
みんなでUNOで遊ぶのがとてもうれしい張り切ってるhikari。
2人でカードの取り合いです。

ここからの展開は見えていました。
hikariはカードを"切る"のが苦手です。
左手でカード全部を持って、右手でランダムにカードの束を引き抜いて上に乗せる…
たったそれだけのことですが…ぎこちない手の動き、ぱらぱらと落ちるカード。。

「おまえ、もっとこうやって、こうやって…」
ほら、papaの指導が始まりました。
「もっと手を…指で束を…違うやん、こっちの手はこうして…」
papaも怒って言っているつもりはないのですが、だんだんと声が大きくなってきます。

「だって…やってるもん。もお…
hikariも、最初はpapaの話を聞いているのですが、だんだん泣き顔に…

無理なもんは無理やのに…
指先で束の量を調節して、左手でカードが落ちないように整えて…
そんなことを同時に器用に、一度にいろんなことを言われて…
hikariにはできないよ。
私たちが「こんなことくらい」って思うこと、できないときがあるんです。

papaに指導されているのを見るのは、私にとってとても辛いことです。
papaの思いもわかるし、hikariの思いもわかる…
でも、UNOやん。
遊びやん。
楽しくしようよ。
できないことは、責めないで誰かが助けてあげようよ。
そして、できないことを恥ずかしがらずに、悪いことだと思わずに、誰かに助けてもらおうよ。

昨日は不覚にも泣いてしまいました


そのとき、テレビでは『海猿』が…
できの悪い、でも一生懸命の純粋な青年が海の事故で亡くなってしまうシーン。

感情が盛り上がりすぎだったのかも

2007-04-15(Sun) 06:49| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 8

コメント

こんにちは~

私も泣きました。
papa、hikariくん、そして、machiさんの気持ちを思って、涙が出ました。
誰も悪くないですよね。
papaの気持ちをわかるし、hikariくんもこんがらがっちゃうのかな~?
それを見ているmachiさんの辛さ・・・想像したら、泣けちゃいました。

私は運動神経が0なんです。
運動がまったく苦手!
でも、父は運動神経抜群で鉄棒で大車輪とかやっちゃう人です。
だから、逆上がりもろくにできない娘を見ていると、
「どうして、こんな簡単なことができないんだ!」っという
気持ちだったと思うんです。
その気持ち・・・
私にも伝わってきて、ますます緊張してできなくなる。
そんなでした。
hikari君は私の場合とは違うと思うのですが、
そのときの父の気持ち・・・、親だからこそ、「できない娘をなんとかしたい」、
そんな父の気持ちも今は少し理解できるようになりました。
その当時は、ただただこわいだけの私でしたが・・・。

記事を読ませていただいて、そんなことがあったなぁ~と
私の子どものころを思い出しました。

2007-04-15(Sun) 10:01 | URL | nanako #-[ 編集]

失礼します。

一家団欒のところ、失礼しますね。
どちらかというとpapaの気持ちで記事を
拝見しました。
きっと同じ行動になると思います。
machiさんの母としての視線もわかるけど、
どうしても男親は、できることを増やしてやり
たいと奮闘してしまうものです。
けど、そういうのも必要な気がしますよ。
家族だからこそ、それができるのであって、
傍観する他者にはとれない行動です。
海猿。
「これ前見たヤツやん。」とか言いながら
焼酎片手に最後まで見ちゃいました。(笑)

2007-04-15(Sun) 10:18 | URL | moukun #-[ 編集]

nanakoさんへ♪

こんにちは♪

そう、誰も悪くないのです。
誰も悪くない…誰も間違っていないのです。

できないものはできないと嘆くhikari。
練習すればできるさ、俺が教えてやる、とpapa。
そして、遊びなんだから楽しくやればいい、とただ、それだけの母。
でも、泣いちゃいけませんよね、子供の前で。
hikariはそんな私を見て、とても申し訳なさそうに必死で自分の涙をこらえていました。
その後は、楽しくUNOができましたよv-392
私2連敗でしたが…v-40

父親というものはよく似た思いを持っているのですね。
nanakoさんのお父様も「何とかしてやりたい」という思いが強かったのでしょうか?
きっとhikariには、今はpapaは怖い存在にうつっていると思います。
でも、hikariも大人になればそれが父親としての愛情からだったのだ、ということがわかる日が…きっときますよね。

2007-04-15(Sun) 16:07 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

moukunさんへ♪

こんにちは♪

男親の性分、私も必要だと思っています。
それを否定するのではないのですよ。
だって、これまでずっとそうですもん。
昨日のようなことがあっても、papaは、papa。
そして、私は私v-398
たとえpapaの言葉にhikariが苦しんだとしても、moukunさんのおっしゃるように「ほおっておけないのは家族だから、お父さんだから」ということ、いつも言い聞かせています。
hikariもそれは納得しています。
私もpapaが必死で教えていること…できるようになればいいな~~と思います。。
(他にもあるのよね...v-356

海猿、私も前に見たのに、最後まで見てしまいました。
泣けるけど、こういう映画はダメですv-404
息が苦しくなる(笑)

2007-04-15(Sun) 16:18 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

こんばんは!
 パパさんの気持ちも分かるな~。
 息子が小さい時、キャッチボールしていてできないのでつい声を荒げた記憶があります。
 なんか、できるようになってほしいんですよね。
 でも、それを見ているmachiさんは微妙な気持ちでしょうね。
 家内もそんな気持ちだったのかな~。
 すみません。記事を読ませて頂いて、自分自身に置き換えてしまいました。
 家内の気持ちってうまく察してあげられないので他の方のブログを読んで反省してます。
 海猿は見ていないので連休にでも観たいと思います!
 

2007-04-18(Wed) 20:42 | URL | 平木 #-[ 編集]

平木さんへ♪

こんにちは♪

時に、立場が逆転…声を荒げるのが私で、「まあまあ...。」となだめるのがpapaだったりするときもあるのですよ。
私も100点満点の母ではないので、papaの気持ちも良くわかります。
キャッチボールも、hikariは苦手なんです。
息子とキャッチボール…
papaにとっては、ごくごく普通の楽しみとして描いていたと思います。
それが叶わないのはとても寂しいです。
でもね、papaもそこはわかっています。
hikariと一緒に楽しめること~忙しいpapaだけど考えてくれています♪

papaの気持ち、こうしてブログに書くことで確認しているようなところがあります。

2007-04-19(Thu) 05:35 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

ウチも・・・

一緒です。最近はお勉強が始まったので
宿題やチャレンジいちねんせいを
自分が仕事している時はパパに“見て”ってお願いするのですが、
時間が経つにつれ、“違~うっ!!○○でしょっ!”ってパパの荒げた声が聞こえてきます。
もうっe-262理解出来ていないから
分からないんだから戻って説明してあげなきゃでしょ!声を荒げないでよ!勉強嫌いになったらどうするのぉ!もういいっ!変わって!
って私はついパパを叱咤してしまうのです。
そして気が付くとmoemoを叱咤している自分が。。e-263
イライラして声を荒げてしまうのは、日々一緒に暮らしている家族だから甘えもあるんですよね。
どこの家族でもあるのでしょうね。健常児のお宅でも。

2007-04-19(Thu) 16:20 | URL | ricco #-[ 編集]

riccoさんへ♪

こんにちは♪

>日々一緒に暮らしている家族だから甘えもあるんですよね。

私も同じことを感じるときがあります。
こうやって落ち着いて文章を書いていると、『なんてこと言ったんだろう』と自分で反省することがたくさんあります。
いくら理論でわかっているといっても、実際に子どもとのやり取りでいかされていなくてはダメですね…反省ですv-73

でも、子どもって敏感ですね。
家族だから、お父さん、お母さんだから、いくら声を荒げて叱られても、何か違うものを感じ取っている気がします。
(これも甘え、かな~~v-356

2007-04-20(Fri) 05:57 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/77-dae7d7e3

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。