カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

6年生の担任への引継ぎ書 その3

これが最後の項目です。
まさか同じ先生に託すことになるとは…



Ⅲ.その他、今感じること

学習については今のところあまり心配はしておらず、本人も”楽しんで”勉強しているように感じます。
ただ、やはりコミュニケーションに偏りがあるということは日常強く感じます。

嫌味や冗談・比喩などわからない(わかりにくい)。
悪意はないのだか、その場にそぐわない話題を言ってみたり、相手の話題や質問に答えずに違う話題に変えてしまう。
複雑な指示や、直接的でない指示が理解できなかったり、何回も聞きなおしたりする。
友達と仲良くしたい、いっしょに遊びたいという気持ちは強いが、うまく仲間に入れない。同じ活動(サッカーやドッジボール)ができない。
会話や行動のやり取りにトラブルが起こることを怖がって関わっていくのをあきらめてしまう。
一人でいるのが楽なのではなく、ほんとうは誰かといっしょにいたい。

といったことを感じます。

また、学校での時間割の変更や突発的な活動には慣れていて許容の範囲(学校とはそういうところという認識)ですが、下校してからの行動の順序、時間配分のこだわりは強いです。
もう少し柔軟に考えられるといいなと思います。

もともとの性格に由来するのか、正直でまじめなところは彼のよいところです。
それを周りの子どもたちも認めてくれているのではないかと思います。
また、根気よく課題をこなしていったり、難しいことにも「やらなくてはならない」という義務感が強く、とてもがんばろうとします。
それが時に熱心でよい面ととらえられたり、彼を苦しめるこだわりであったりもします。

相手の気持ちを理解することが苦手と思われがちですが、感動的な映画で涙を流したり、私や妹の健康を心配していたわるというような姿もあります。
動物や虫が好きで、心優しいhikariです。

以上です。

どうぞよろしくお願いします。

平成19年3月15日                         



今感じること…ほんとにそのままの記述にとどめています。

家庭での姿と、学校での姿は違います。
そして、母が感じることと、先生が感じることも違います。
大切なのは、今目の前にある子の姿をしっかりと見ること…
それは、家庭でも、学校でも同じ事ですよね。

家庭では母がその役割を、学校では先生がその役割を…
それは、紛れもない現実であり、hikariの学校生活は先生にゆだねるしかない、と私は考えています。

hikariが困っているとき、辛いときは必ず助けてあげる。
いつもいつもちゃんと見守ってるよ。
私の心はhikariに伝わっているでしょうか?

2007-04-14(Sat) 11:19| 理解と支援のために| トラックバック 0| コメント 2

コメント

こんばんは!
 きっと伝わっていると思いますよ。hikari君に。

 もしかすると、言葉だけなくmachiさんの接し方から伝わっていると思います!

2007-04-15(Sun) 03:33 | URL | 平木 #-[ 編集]

平木さんへ♪

こんばんは♪

「お母さんは怒ると怖いけど、ほんとは優しい。」
そう言ってくれるhikariv-398
うれしいけど…やっぱ怒りんぼなんだなぁ・・・v-356

2007-04-15(Sun) 21:35 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/76-7380290a

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。