カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

6年生担任への引継ぎ書

タイトルに"引継ぎ書"と書きましたが、そんな立派なものではなく
そして、前記事でお知らせしたように、担任は持ち上がりで、とても気が楽な私
例年、新学期が始まるとすぐに、学校へ担任と懇談に出かけるのですが、それも、必要ないだろうと家庭訪問を待つことにしました。

引継ぎ書は3月、5年生が終わるとき、担任に託したものです。
記録のため、記事にしたいと思います。

私の考えとしては、hikariも高学年になってきたということもあり、"お願い"はあえて具体的なものとはしませんでした。
とにかく、今ある姿に対応してゆくことがベスト、ということが軸になっています。


Ⅰ.学校での特別な支援・配慮について
Ⅱ.保護者の願い
Ⅲ.その他、今感じること


の3つに分けて書いています。



Ⅰ.学校での特別な支援・配慮についてのお願い

【担任の先生と家庭との間での連絡帳の活用】

ある程度、hikariの学校での様子については引継ぎいただくと思いますが、1年生のときから続けている連絡帳の活用で、毎日の生活の中で起こってくる出来事に対して具体的にお知らせいただき、回答してゆくというやり方がよいかと思っています。
今まで同様、担任の先生とのやり取りで彼に対する理解を深め、よりよい支援をいっしょに考えていきたいと思います。

自閉症の”質“は持ち続けています】

表面的には落ち着いて学習ができていたりトラブルがないように見えていても、彼の中にはずっと「社会性の障害・想像力の欠如・コミュニケーションの質的な問題」といった自閉症の特徴を持ち続けています。
そのとき環境に適応しているように見えるのは、今までhikariが泣いたり笑ったりして獲得してきた経験や訓練の結果あるものであって、決して自閉症の傾向が消えたわけではありません。

周囲の者、hikariに関わる者に”理解”がなければ、すぐに不適切な行動が現れます。
彼をよりよく理解し、そして支援してゆくことでhikariは落ち着いて、安心して学校生活を送れます。
hikariを理解してくれる人が一人でも多くいてくれること、席が隣の子、同じ班の子、担任の先生、教頭先生、校長先生、…理解の”点”が増えてゆけば”線”になりそして”面”になってゆくとおもいます。

それはもちろん家庭の中でも、地域の中でも同じです。
地域でも家庭から、地域の活動、地域外の活動…本人と家族の努力でその理解の”点”を増やしていきたいと思います。


【中学校進学に向けての準備】

今までの進級と違うのは、6年生が中学校入学を前にした小学校最終学年であることです。
学習面でも生活面でも安定した充実した1年を望むことはもちろんですが、中学校への引継ぎについてご協力をお願いしたいと思います。
 
この点については、まだ私の勉強不足で、先生とのお話や医療機関等で情報を得た上でこれから考えてゆかなくてはならないと思っています。
hikariの障害(高機能自閉症)について、サポートの方法について、入学前の準備について…テーマはいくつかあると考えています。

どうぞよろしくお願いします。






次の記事ではⅡ.保護者の願いを書きます。

2007-04-12(Thu) 18:07| 理解と支援のために| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/74-8bb48068

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。