カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

ネガティブな記憶のフラッシュバック

hikariが小学校入学前に書いた"生育暦"についての記録記事はこれが最後になります
(当時の文章そのままです。)


めったにパニックを起こさないhikariですが、たまりたまったものが爆発するときがあります。
とは言っても、暴力的になったり、自虐的なったりするのではありません。
『失敗』がとても辛いことであるというのは述べましたが(前記事)「些細な失敗」で傷ついた気持ちはぐっとしまっておけることもあります。
でも、、それが積み重なって最終的にどうしても我慢できない「失敗」があったとき、ドバーッとためていた「些細な失敗」のネガティブな記憶がフラッシュバックし、号泣...パニックを起こすことがあります。

そういう時、家では母以外の人に声をかけられることも、見られることさえも嫌がります。
誰とも顔を合わせようとしないまま3階の寝室に上がり下りてきません。
心配でのぞきに行ってみると、「こんといてー」と言いながらしがみついてきてさめざめと泣きます。

園でも同じようなことがたまにあるそうです。
そのときも、どうしてもお友達と同じ部屋にいることができなくなり、別の部屋へ行って号泣するそうです。
そうなると、園で母の代わりであるA先生でないと取り合わなくなり、2人で静かにすごすことによって落ち着くそうです。

主治医の先生によると、hikariはプライドが高いタイプで、失敗した姿を見られるのがいやなのかな、ということでした。
もう少し字が書け、文章が書けるようになったら、日記をつけさせる方法もある、そうです。
日記には失敗したことも書くのですが、必ず「でも...はうまくいった」とハッピーエンドで終わらせるのです。
その日記をあとで読み返すことによって、「失敗もしたけど、こんなにいいこともたくさんあった」と、自分に起こってくる事実をトータルで見ることで、自己評価を高めて行けるのだそうです。
今はその方法は難しいので、状況に即した言い方で、「失敗しても大丈夫」ということを繰り返し伝えています。




あまりパニックを起こさないhiakriでしたが、就学相談の場所で(普通学級か障害児学級かを指導するような場面)「パニックを起こされますか?「そんな時どうすることでおさまりますか?」と聞かれたことがありました。
学校というところは、そういうもんなのだなと、きっぱりとした現実を突きつけられた気分でした。
今でこそ、よくわかるのですが、当時は「迷惑なんだ」と言うふうに聞こえました。
1人先生が付かなくてはならない子供なのか、そうでないのか...
それを学校は知りたがったのでしょう。
今は...当たり前のことと、冷静に考えますが、当時はやっぱりちょっと辛かったです。

2007-04-03(Tue) 22:33| 生育暦 -保育園・年長組-| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/70-40eafe5c

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。