カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

生育暦 -保育園・年少組(2)-

『言葉の遅れ』という判断はとても難しいものだと今も考えていますが、hikariは寡黙なタイプではなく、語彙も豊富だったので、一見、言葉が遅れている、というふうには見えませんでした。

でも、母から見ると、言葉を正しく使うこと、『文脈や全体的な状況の中で言葉を理解することが苦手』で、『コミュニケーションの質』に問題があるのは明らかでした。

抽象的表現がわからない、言外の意味を推測するのが苦手、『今日はどうだった?』などという自由回答型の質問には答えにくく、その一方で論理的で、回答がひとつである質問や、自分の得意なテーマについての質問に答えることが得意であったりします。

こういった『コミュニケーションの質』の問題は、当時から表れていたし、今でも引き続き持ち続けています。
学校での勉強が優秀である一方で、基本的な人との接し方に問題がある、というのは誤解も招きやすく、彼の人格を傷つける状況へと流れていく危険もあり、一番気がかりな彼の特質です。


【お友達との関わり】

まだまだ自分の好きなように遊ぶことに興味があったようですが、お友達の存在に気付いていないわけではなかったようです。
お友達が楽しそうに遊んでいる様子を見て、その雰囲気を自分も楽しんでいるといった感じでした。

お友達へのかかわり方が特異でした。
突然ぎゅーっと痛いほど抱きついてお友達を泣かせてしまうことがたびたびありました。
家庭でも妹(当時2歳)に対してしていたことなので、母は想像に難くありませんでした。
彼なりの愛情表現だったのです。

本人にはまったく悪気が無く、そういった場面に出会うたび、先生が中に入り「ぎゅーってしたら、お友達痛がったはるで~。」と優しくたしなめ、お友達には「hikariくんも遊びたいんやな。」と彼の気持ちを伝えてくださいました。
また、お友達を突然パン、と叩いたり、噛んだり、という時期もありました。
これも彼特有の関わり方で、まったく悪気の無いものでした。
でも、叩いたり、噛んだりするのは悪いことです。
『ダメなことはダメ』と、強く叱るではなく、繰り返し、起こったその場でhikariに伝えていってくださいました。




【「いや」・「やめて」が言えない】

入園してしばらくの間「いや」とか「やめて」が言えませんでした。

家庭でも妹に「おもちゃ貸して」と言われて「いや」が言えないばっかりに泣きながら自分の持っているものを渡して、母に泣きついてくる姿が見られました。
園でももちろんこういう場面はあり、先生がいつもhikariに代わって「いや」という気持ちを伝えてくださっていたようです。

家庭では、その役目は母が担うものでした。
ところが、まだこの時期、hikariが広汎性発達障害であることに理解が無かったため、母の対応は時に適切ではありませんでした。
妹が言葉を発し、兄を越えて意思の疎通が出来てくるようになるにつれ「なんでhikariにはこんなことぐらいがわからんの…」「何でそんなことばっかりしてんの…」などという気持ちがありました。

好きなビデオやテレビのフレーズを関係の無い場面で何度もくりかえし言ったり、尋ねていることに的外れの答えを返したり…そういうことにとてもイライラすることがありました。

母も感情的になって強い語調で叱ると、ますますhiakriは自分を落ち着かせるために覚えている言葉(フレーズ)をぺらぺらとしゃべりました。
『自分の気持ちを言葉で表現すること』
妹には当たり前に出来るようになることがhikariにとっては『当たり前』どころかとても困難なことだったようです。

それでも、運動会が過ぎ、クリスマスに近づく頃には「いや」「やめて」が言えるようになり、少しずつ自分の気持ちを言葉で表すことができるようになってきました。
会話らしきものも少しずつ成立するようになり、周囲の大人もhikariの気持ちを汲み取ることに慣れてきました。



■参考:コクーンクラブHP


machiのひとこと

医療機関で『診断』を受け、『病名』を知ること、それがすべてとは思いません。
でも、他の子とはどこか異質なわが子に関わるものにとって、特に、幼少期の場合、キョウダイもまだ幼かったり、パートナーも働き盛りだったりすると、想像以上に母は孤独であったり、深く悩みを抱えることにもなりかねません。

当時、私も診断を受ける前、とてもとても辛い時期がありました。

『どうして自分の子だけがそんなこと言われるのか』

でも、今から思うと、そうやってたくさん苦しんで、自分の子供を客観的に見つめる目を持てたことが、その後のhikariへの関わりを変えることにもなったし、私のその変化が、保育園の先生やその他、見守っていてくださっていた方からたくさんの『言葉』をかけていただけたことにも繋がっていると思います。

『関わり方で必ず子どもは変わる』

今でもこの言葉を忘れません。
いつ、誰から、どんな状況で言われ、私がどんな思いでこの言葉を聞いていたか、ということもはっきりと覚えています。

この言葉に背中を押され、私とhikariは歩き出したのです。

2006-11-09(Thu) 06:01| 生育暦 -保育園・年少組-| トラックバック 0| コメント 3

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006-11-10(Fri) 08:52 | | #[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006-11-10(Fri) 16:03 | | #[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006-11-10(Fri) 21:15 | | #[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/7-8fef7143

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。