カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

失敗は失敗のもと

引続き年長組の生育暦より、です♪
(今日は、当時の文章そのままです…)

hikariにとって、失敗、否定的なことはとても辛いようです。
失敗が生きない、励ましが効かない…"失敗は失敗のもと"であったりします。

ゲームでも、ドッヂボールでも、コマ回しでも、勝つことにとてもこだわります。
相手を必要とする遊びはhikariにとってとても良いコミュニケーションのきっかけとなるのですが、そのルールや「負ける場合もある」ということを理解できないがために、つまらなくなり、遊びに入って行けなくなったりします。

相手が大人の場合は、ルールを単純にしてhikariにもわかるものに変えたり、時には手加減を加えて「勝たせてやる」ことも必要でした。
そうすれば遊びに入ってゆけるので、"誰かと一緒に遊ぶ楽しさ"を経験することができました。
誰かが常にhikariのそばにいて、ルールに沿った経験を一緒にし援助しますが、なかなかすぐに理解することは難しかったようです。

失敗が生きないのなら、何とかして失敗するような状況を避け、成功の経験を積み重ねてゆく…特に、初めての活動に入るときはそうすることによって、その肯定的なイメージを定着させていくことが重要でした。

小さな成功…褒められる…少しずつできるようになる…
また褒められる…うれしい…うれしいとその活動が好きになる…
スモールステップで、的確な褒め言葉で、苦手なこともできるようになっていきました。




春の高校野球が今、毎日熱い戦いを見せてくれていますが、
どんなに苦しい練習も乗り越えて、みんなで勝ち取った勝利

ということは今のhikariにも理解できない心理でしょう。

この栄光を手に入れたのだから、どんな苦しみも喜びに変わる…
なんてことがわからないのです
しんどいものはしんどい。
どんな栄光を手に入れたとしても、しんどいものは…やっぱりしんどい、のです(笑)

2007-04-02(Mon) 19:42| 生育暦 -保育園・年長組-| トラックバック 0| コメント 2

コメント

こんにちは

hikariくんの心理・・・そうなんですね。
ごめんない。
そういう気持ちになのだということを初めて知りました。
そうですね。私たちは簡単に苦労が報われる喜び・・
なんて口にしますが、hikariくんはそういう気持ちが理解できないのですね。
でも、わからない気持ちをわかったようなふりをして、人と接していかなければならないこともあるのでしょうね。

高機能自閉症のかたが、避けられているということが理解できなかった・・というようなことを言っていました。
好意を持っている女性を何度も訪ねて、そのたびにあいまいな態度で対応され、その意味がわからず、しまいにはストーカーのように言われてしまった・・。
ある人に「三度断られたら、あなたのことを好きではないと思いなさい・・」とアドバイスされて、やっとわかった。
そんなお話だったような気がします。

少しずつですが、hikariくんの気持ちを理解していければいいなと思いました。

2007-04-03(Tue) 16:49 | URL | nanako #-[ 編集]

nanakoさんへ♪

うれしいです。
nanakoさんにこんなふうに言ってもらえて、とてもうれしいです。
私の書いたことに、hikariのことに、nanakoさんが関心を持ってくださって、ご自分が聞かれたことをhikariの姿に重ねて理解しようとしてくださる…
ブログの上だけでのつながりなのに、こうしてまるで教え子のように、親戚の子のように心に寄り添おうとしてくださる…
ほんとうにうれしいです。

とてもつたない文章で、読まれた方がどんなふうに思われるか、そんなことを考えると私もとても不安になります。
でも…今日いただいたコメント…やっぱり書いてきてよかった、書いて行こう、って思いました♪

「わからない気持ちをわかったふりをして…」
当事者のお話で、そんなことを聞いたことがあります。
その方は自分がアスペルガーであることをまだ知らないとき、自分だけが別世界の人間であるというふうに"ダメなこと"と否定ばかりだったそうです。
とても悲しかったそうです。
自分がアスペルガーという障害で、「わからないことは決して悪いことではない」「わからないことをわからないと言っていい」と知ったとき、ものすごくうれしかったそうです。
そんな重たい苦しみを抱えて生きている人がいるのだ、そんな想いを抱えて大きくなってこられたのだ、と思うと、hikariの姿と重なって、そんな悲しい想いは、苦しい想いはさせたくないと、涙があふれて止まりませんでした。

あいまいな返事に混乱すること…それもとてもわかる気がします。
hikariは問い返すことができるので、誤解は少ない方かもしれませんが、でも…いつそんな状況になるかは…
これからもいろいろなことを教えていかなくてはなりません。

nanakoさん、ありがとうございます。
一生懸命考えていただいてとてもうれしいです。

2007-04-03(Tue) 21:49 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/69-0b793e8a

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。