カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

公文

hikariは公文へ年長の夏…6歳になる少し前から行っていました。

公文へ通うことにした目的は決してお勉強ではありませんでした。
その1年ほど前に高機能自閉症という診断を受け、検査をしたり療育に通ったりして少しずつ就学に向けての準備をしてきた中で、
"普通に"授業を受けられる可能性がどれほどなのかを知りたかった、という挑戦だったのです。

「一定の時間、いすに座って勉強(興味の対象以外のこと)に集中できるか」
「母以外のそれも決してhikariのことを理解しているとは言えない大人(保育園の先生ではなく公文の先生)の話が聞けるのか」…

そう、全くの挑戦だったのです
ん。よくがんばったね♪


でも振り返ってみれば…もう6年になろうとしています。
当初のいろいろな不安をよそに、(これはほんとうになぜ?というくらい驚きましたが)通い始めてからほとんど躓くことはありませんでした。
課題に向かわずうろうろと立ち歩くこともなく、先生の話も(1対1の指導が主であるからでしょうか?)すっと耳に入っていたようで、
ふと気づくともうすっかり月曜日と木曜日は公文、という習慣が身についていました。

そう…苦しみだしたのは4年生に入るころからでしょうか?
学校の勉強も難しくなり、時間割も変わって下校が遅くなり、苦手な"自主勉強"という漠然とした課題が出てきたり、
家に帰ってきてからの時間のやりくりに苦労するようになって来ました。
公文の内容も学年以上のものになるとやはり難しく、
新しい単元に入ると1時間たっても公文から帰ってこないこともざらで、学校から帰ってすぐに行っても遅いときには7時前に帰宅していました。

中学2年の内容をやってます☆
もういいかな、そう思うようになりました。

何度もhikariと話し合って「いやだからやめる」ということのないよう、納得して終わることにしました。
公文の先生には心から感謝しています。
たぶんhiakriが高機能自閉症であることを伝えたのは1度きりだったと思います。
その診断名にこだわることなく、目の前のhikariの姿に対応してきてくださったからだと
ほんとうに長い間ありがとうございました。



でも先生にとってみれば青天の霹靂、寝耳に水
突然の話に驚かれたことでしょう。
でも…hikariが自分で決めたこと。
何度も何度も「やめたい」「でも今はやめてはいけない」(いやだから、しんどいから、という理由にしたくなかった)とここまでがんばってきたのです。
6年生から新しいスケジュール(時間の割り振り)で、何に重点を置いて学習していくか自分で納得して決めたのです。
どうぞ引き止めないでくださいね

2007-03-26(Mon) 09:30| 就学までの1年間| トラックバック 0| コメント 6

コメント

machiさん、こんにちは。
苦悶じゃなかった公文を始めた理由に
共感しました。
そして、それは少なからずとも良い結果に
なってると思います。
また、やめる理由にも共感します。
負荷をかけすぎてパンクしてはダメですよねぇ。
いつもmachiさんの適切な判断力にはうなずか
されます。

2007-03-27(Tue) 17:37 | URL | moukun #-[ 編集]

moukunさんへ♪

そう、hikariにとって公文がほんとうに苦悶になる前に…(笑)
今日、もう一度先生に決心をお話ししに行きました。
理解いただけたようで、ほんとうにほっとしています。
その通っている教室は、新しく開講して1年ほどでhikarが入会しました。
先生にとっても今まで、特別な思いで見守ってきてくださったのだと思います。
そんななのでほんとはとても言いにくかったのですが…でも…hikariもとてもすっきりした表情で「よかったv-22」と、気持ちよく終れそうなことを喜んでいます。

木曜日が最後の日。
先生に小さな花束を贈ろうと思っていますv-254

2007-03-27(Tue) 22:47 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

こんばんは

いい先生に巡り合って、ここまで頑張ってこれたのですね。
6年も通っていたのなら、先生は寂しいかもしれませんね。
でもちゃんとhikari君が納得した上で「卒業」を決めたのなら、意味のあることだと思いますよ。
春からは、自分で作ったスケジュールで、頑張っていけるのではないでしょうか。 
応援していますね! 

2007-03-29(Thu) 19:59 | URL | 母たぬき #bOurk9sE[ 編集]

母たぬきさんへ♪

こんばんは♪

今日、小さな花束を持って最後の教室に行きました。
hikariはすがすがしい笑顔で帰ってきました。
いろんな面で生きにくさは持っているけど、勉強がすき、と言えるhikariだから、そこは大切にしてあげたいな、と思っています。

あまりの突然の決断に、「なぜ?」「やめなくても?」と何人かに言われましたが、納得して決めたことだから…
もう、hikariは視線が前へといっててそんな声は聞こえないようですv-398

またひとつすっきりしましたv-352

2007-03-29(Thu) 22:16 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

こんにちは。

hikari君が前向きに納得できていて、
machiさんのお気持ちが穏やかになれる選択ができて良かったですね。
教室をやめても、これまで培ったものがなくなるわけではありませんものね。

2007-03-30(Fri) 16:04 | URL | sasa #f7A1IA1s[ 編集]

sasaさんへ♪

こんにちは♪

何度もやめたい、と泣いていましたからね…
いやでしょうがない、と思っているときにやめることだけは避けたかった…よくその時期を乗り越えて穏やかに判断できる今までがんばってきたな、と思います。

彼にとって"失敗は失敗の元"なので(笑)よい印象を残して終われたことが何よりでした♪

2007-03-30(Fri) 17:31 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/66-c26dee45

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。