カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

理解者のもとで…

先日の佐々木先生の講演会の記事はこれで最後になります。
一連の記事はカテゴリー『講演会』にあります。

佐々木正美先生が何度も繰り返しおっしゃっていたこと。
『正しい理解のないところにほんとうの支援はない』
発達障害を持つ人には非凡な能力を持った人が多いといわれます。
また、非凡とまでは言わなくとも、とても優秀な能力を持っている人が多いのです。
でも、正しくその人を理解している人に出会わなければ、その能力は決して発揮されることはありません。
すぐれた能力を発揮するためには、理解ある支援者の存在がとても大切なのです。

発達障害は発達が遅れているのではなく、発達が偏っている(不均衡)障害です。
その劣った能力にとらわれすぎて、それを無理に修正しようとしてはいけません。
むしろ、その子の得意とするところ、優れているところをうまく見抜いてあげる(正しく理解する)、そしてそれをうまく伸ばしてあげる…
発達障害の"治療"は、"持ち味を伸ばす"ことであって、決して能力を平らにすることではないのです。

理解者に寄り添われ、温かいまなざしで見守り続けること…
それは、発達障害を持つ子の子育てだけでなく、どんな子育てにも共通するものですよね。
佐々木先生の講演は、そんな愛情あふれる『子どもへのまなざし』が大きなテーマであるように思いました。




ここからは私の考えです。

hikariの子育ても決して特別なものではなくて、当たり前のことを当たり前に…それは、その子を愛し、理解するところから出発しているのではないかと、私は思うのです。
ただ…ほんとうの理解というのは、時に愛情とは対極の位置にあって厳しいものなのではないでしょうか?
でも、そこを乗り越えなくては…

軽度発達障害高機能自閉症といわれる子どもたちは、ほんとうにわかりにくい障害で、
親は認めるまでにとても時間がかかり、保育園や相談員との人間関係を悪化させることもあります。
(実際に私も経験していますし、何人もそんな家族を見ています。)
ややもすれば『"軽度"なんだから』『"高"機能なんだから』と、また違う方向から辛いことを言われたりすることもありました。

『愛情』と『理解』とは違うのではないか。
同じものなのではなく、並べられるべきものではないのでしょうか?
私はそう思っています。



2007-03-18(Sun) 23:31| 講演会| トラックバック 0| コメント 12

コメント

なるほど

なるほど、発達が偏っている
発達障害はそう理解したほうがわかりますね。
そういえば、妻が最初の診断でそんな事を先生に言われたと話していました。

「愛情」と「理解」、それもなるほどです。
愛情は多分、妻のほうが大きいです。
でも、発達障害についてどこまで向き合おうとしているか、特に将来について...。
妻との関係を崩さないように気を使うほうが、二男に対することよりもエネルギーを使います。

2007-03-19(Mon) 12:20 | URL | 子育てお父さん1970 #anqzWrOo[ 編集]

子育てお父さん1970さんへ♪

こんにちは♪
来ていただけてうれしいです♪

子育てお父さん1970さんの奥様のお考えとおそらく同じで、私も母親としての本能で『愛情』を先行してしまいます。
いえ…正確にはそうできたらもっと楽かもしれません。
『自閉症』という言葉からどうにかして逃れようとしていた自分がいました。
認めたとたんにわが子を否定してしまうような、
自分自身を否定してしまうような怖さがありました。
どうぞ奥様を支えてあげてくださいね。
怖いのです。

でも…この世で生きていかなくてはならないから、現実に目を背けることはできない…
認めること、辛いけど、認めて"生きやすさ"をいっしょに探してゆかなくてはならないと気づきました。

父親の立場、考えというのはとても遠くに視線が行きますね。
そう、わが子が大人になって生計を持てるか、というところまで。
papaもいっしょです。
そこで意見が食い違うことが何度もありました。
私は"今"を大切に、"今"が生きやすいこと、"今”が大切…でも、papaは違います。
そのもっと向こうのほうを見ています。
私も最近ようやくそういうふうな考えもできるようになってきました。

考えの違いをお互いに認め合うことが大切なのではないかと思います。
子育てお父さん1970さんはそれに気づいてらっしゃいますよね。
とてもすばらしいことだと思います♪

2007-03-19(Mon) 14:28 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

いつも考えます

二男の障害について考えると、いつも妻のことを考えます。
彼にとって良い方向に導くにはどうすれば良いか、それについて彼女はどう考えるか。
彼女にとって彼は優先順位が第一位ですが、私にとっては、彼も彼の兄弟も彼女も、そして自分のことも大事です。
犠牲や負担は過度に大きくならないように...。

男と女(父性と母性?)の違いでしょうか。

みんな同じなんですかね。

参考になりました。

2007-03-20(Tue) 11:54 | URL | 子育てお父さん1970 #-[ 編集]

理解

こんにちは。

子どもにとっても親にとっても
愛情だけでは
お互いが辛くなってしまうこともあるけれど
理解がある上での愛情は
大切な根っこの部分を育てるような気がします。

得意な部分を大切にしながら
子供達がこれからも生きていければいいですね♪

2007-03-21(Wed) 07:51 | URL | ふわりん #dTalg5vU[ 編集]

machiさん、こんにちは♪

『愛情』があるからこそ、理解すべき本質がみえなくなったり、『理解』しているのに愛情が邪魔をしたり・・・私の子育てはいつもそう。
本当に、難しい問題ですね。

でも、子供のことを理解したいという気持ちは『子供への愛情』が出発点だったように思います。この子は何をおびえているの、何がそんなに辛いの?、なぜこんなにもこだわるの?
・・・そんなことを知りたくて『自閉症』のこともっと理解したいと思うようになりました♪

2007-03-21(Wed) 15:25 | URL | Love♪ #ew5kOZ9E[ 編集]

子育てお父さん1970さんへ♪

こんにちは♪

私もまだ道の途中という気持ちです。
『彼女にとって彼が一番大事』
そう感じておられるのですね。

つい最近、私の体調が悪くいくつかの検査結果待ちだったときpapaが言いました。
『俺が一番かな。いなくってもいいの。俺がいなくてもお前は子供さえいればやっていけそうな気がする。…』
その言葉を聞いたとき、なんとも言えず悲しい気持ちになりました。
と同時に、そんなふうに思わせていた自分がいやになりました。
母親でしかいなかったのですね。
妻として足りなかったのです。

長くhikariのことを、子供たちのことに目を向けてきたあまり、papaは気づいていたのですね。
それでも私の言うことを理解しようとし、hikariのことをいっしょに考えてきてくれた…
感謝しています。

なんだかお返事になっていませんが…
母であり、妻であり、女性である以上、家族に順位はつけられないです。
子育てお父さん1970さんもお辛いのかな、と思います。
でも奥様は順位はつけておられないのではないかな、と思いました。

2007-03-21(Wed) 17:29 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

ふわりんさんへ♪

こんにちは♪

『愛情』と『理解』…別々にして考えなくてはならないですね。
でもすべてが愛情のもとにあるのであれば…
決して『理解』は対極と考えなくてもよいのかもしれません。
答えはまだ見つかりません…そう、まだ歩いているのでv-398

2007-03-21(Wed) 17:37 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

Love♪さんへ♪

Love♪さんのおっしゃる通りかもしれません。
確かに、『理解』へ進むには子供の不快そうな様子、不便そうな様子を見て「どうしてあげれば楽しいの?」「どうしてあげれば気持ちがいいの?」と考えるところが出発でした。
それが『愛情』なのですね。

迷いながらも、後戻りしながらも、それでも前に進んできた。
私もそんな子育てです。
そんなだから、私は「子供を育てている」と感じたことがないのかもしれません。
振り返れば自分の未熟さばかり…
いっしょに育ってきた、そう思います♪

2007-03-21(Wed) 17:41 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

machiさん、はじめまして。
nanakoさんの所から参りました。
実は、夫の甥が自閉症なのです。

「hikari君」というお名前を見て「もしや?」と思いました。これからたびたび訪問させていただきたいと思っています。コメントはあまり書けないと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

2007-03-23(Fri) 18:01 | URL | ☆の母 #-[ 編集]

はじめまして。
ご主人の「俺がいちばんかな」っていうのは、machiさんの思っている様な意味ではないのではないのでしょうか?私はそう思います。がんばってください。

2007-03-23(Fri) 18:47 | URL | longriver #-[ 編集]

☆の母さんへ♪

はじめまして♪
ありがとうございます♪

『光とともに』を連想されましたか?
実はhikariという名前にしたのは彼の本名の漢字に意味があるのです。(光という字とは違う同じ意味の漢字です)
でも、あとから思えば光くんだな~って自分でも思っていました。

コメントは気になさらないでくださいね。
hikariのこと、私の想いなどを聞いていただけるだけでうれしいです♪
お待ちしていますね。

2007-03-23(Fri) 19:43 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

longriverさんへ♪

はじめまして♪
温かい言葉ありがとうございます。
実はpapaのその何気ない言葉がずしんと心に残っていました。
深い意味はない、私を責めているのでもないことはわかっているのですが…
なんか見抜かれてしまいましたね。。
ありがとうございます。
だいじょうぶ♪ですv-352

2007-03-23(Fri) 19:46 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/65-77a099eb

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。