カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

先生との連絡ノート

担任の先生との学期ごとの懇談はとても緊張します。

普通の雑談は特に苦手でもないのですが、hiakriの事となると内側からぶわ~~っといろんな感情が湧き出して、一方的なおしゃべりになったり、感情的になったり…
ようやく慣れてきましたが、低学年のころはお伝えしたいことがありすぎて、言葉よりも感情がわきあがって…
ハンカチは手放せませんでした

先日の懇談は、文章にまとめて、プリントしてもって行きました。
その効果もあってか、いつもより伝えたいことを手短に話せたかな~とすっきりです

そしてその日帰ってから、毎日の連絡ノートに懇談に時間をいただいたお礼と、知識も大切だけど、『目の前にいる子の姿』を大切に考えていただいていることへの私の感謝の想いと、そして、
『残り少ないですが…』と締めくくりの言葉を書きました。

そのお返事。
その私の書いた文書をそのとき職員室にいらっしゃった皆さんで見ながら、懇談の内容を話してくださったそうです。
そして、私の書いた『残り少ないですが』のところに鉛筆でくるっとマークがしてあって
『5年生はあと少しですが、担任が変わったとしてもさまざまな形でhikariさんと関わらせていただくつもりでいます。』
と書いてあるのです

その言葉がとてもうれしかったのはもちろん、今まで…5年生まで緊張しながら、時には強がって大きくかまえながら、hikariの喜怒哀楽に一喜一憂しながら歩んできた道のりをふと振り返って、
「ああ~やっとここまできたなあ」
って、胸が熱くなりました。

担任の先生だけに理解してもらうのではない、どの先生にも、校長先生にもhikariのことを知っていてほしかった。
私の思い描いていたhikariの学校での支援の姿が今やっと具体的に見えてきたように感じたのです。

理解のがやがてとなりとなってその子を包み込むことができたら…
佐々木先生の言葉が浮かびました。

最終学年、どんなクラスになろうとも、どの先生にお願いすることになろうとも、私は胸を張ってhikariと元気に楽しく過ごしていける気がします。

そうありたい、です。





2007-03-17(Sat) 23:23| 理解と支援のために| トラックバック 0| コメント 3

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007-03-18(Sun) 00:03 | | #[ 編集]

こんばんは!

 いいお話、ありがとうございました!

 学校全体で、hikari君を面で包んでいる、そんな気がしてあたたかい気持ちになりました。
 
 machiさんが6年生になってどんな先生であろうと元気に過ごしていけるって言う言葉の意味、本当に重みのある言葉だと思いました。

 そこまで来るのに大変なご苦労があったことと思いますが・・・。

 でも、本当によかったです。
  

2007-03-19(Mon) 01:43 | URL | 平木 #-[ 編集]

平木さんへ♪

強引にお招きしてすみません(笑)
でも…平木先生の記事を読ませていただいて、このことをお知らせしたくて…

初めてでした。
担任の先生だけでなく、何人かの先生でこうして話題にしていただいたということを知ったのは。
今までもあったかもしれません。
でも、わざわざ教えてくださった今の担任の先生の考えがとてもうれしかったのです。
『私だけではないですよ。みんなで関わっていきますから。』というメッセージに思えました。

今まで苦労というか…うまく私の想いが伝わるか、hikariのことをどこまで理解してもらえるのかが不安でした。
でも職員室の中で、"点"が増えていっているのかな?"線"になっているのだろうか?
いつか"面"になるかもしれない…そんな希望がわいてきたのです。

と喜んでいたのに…hikariは今日インフルエンザと診断されてしまいましたv-406
明日の卒業式には出られないv-409
終業式に間に合うか不安です。

2007-03-19(Mon) 14:01 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/64-49c93a37

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。