カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

喜びを分かち合う心

佐々木正美先生の講演会でのお話です。

これはどんな子の子育てにも共通する考えだと思います。

『喜びを分かち合う心がなければ苦しみも悲しみも分かち合う心は育たない』

発達障害があろうとなかろうと、子どもと関わるとき、子どもが喜ぶことを自分自身が"喜んで"してあげる。
子どもは、自分に喜びを与えてくれる人がそばにいて、その人が自分を喜ばせること、それを喜んでいる姿を見たい。
親(あるいは支援するもの)は、喜ぶ姿を子どもに見せることで、「ああ、自分は大切にされているんだ。」「私が喜ぶとお母さん(先生)も幸せそうにしている」「同じことで喜び合える」そんな心を育てるのですね。
そこから生まれてくるのが自尊心であり、自己肯定感であるのです。

自分を大切に思う気持ち。
自分が愛されているという実感。
同じことで喜び合える人がそばにいる安心感と幸せ。
それがコミュニケーションの原点であるというお話でした。

喜びを分かち合う心
があって、初めて悲しみや苦しみを分かち合う心も育ちます。

今問題になっているいじめについても、相手の悲しみや苦しみを分かち合う心が欠如しているために起こるのだと佐々木先生はおっしゃいます。
育ちの中でのコミュニケーションの問題があれこれ指摘されていますが、これはコミュニケーションに問題のある発達障害を持つ子どもの子育てだけではなく、ごく普通の子育てにも言えることなのではないでしょうか。

佐々木先生は何度も
「どうぞ、子どもといっしょに喜び合い、そして悲しみや苦しみも分かち合ってください。
 子どもに、『あなたが喜んでくれてお母さんは幸せよ』という姿をたくさん見せてあげてください」

ということを強調しておられました。

ふと、毎日の自分の姿を振り返ってしまいました。



2007-03-11(Sun) 16:09| 講演会| トラックバック 0| コメント 6

コメント

machiさん、こんにちは♪

自分を大切に思う気持ち、自分が愛されているという実感・・・子供だけでなく大人にも必要なことかもしれませんね。
私は、子供に喜ぶ姿をみせるという意識はありませんせんでしたが、子供といっしょに笑いあってよく遊びました。何でも夢中になって遊んでしまうので、他のお母さんから”Love♪さん、かわいいわ”とよくいわれました(これって、子供っぽいということかしら・・・)
でも、そんな子供と私のひとときが、喜びを分かち合う心を育てることに一役かっているのなら嬉しいなと記事を読んで思いました。

話はちょっとそれてしまいますが、私の考え方に大きく影響を与えてくれた本が2冊あります(いつかブログで紹介したいと思っています)。
そのうちの一冊が佐々木先生の本なのです。
こうして多くの人に影響を与えていらっしゃるんだなぁ・・・と改めて実感しました。



2007-03-11(Sun) 17:07 | URL | Love♪ #ew5kOZ9E[ 編集]

Loveさんへ♪

こんにちは♪

佐々木先生の本、私、きっと気づかないうちに読んでいると思うのですが、今うちにあるのは相田みつをさんの本だけ(笑)
図書館へまた探しにいかなくては、と思っています。
Love♪さんのご紹介もお待ちしていますね。

子どもと笑いあう…誰か大切な人と笑い会う…
同じことですよね。
愛されているという実感を小さなころから感じることは優しい心を育てますね。

Love♪さんをはじめ、ブログでお知り合いになった方々、私のところに来てくださる方は皆さんそんな子育てをなさっているように思います。

2007-03-11(Sun) 18:23 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

佐々木正美先生

昔ね、お名前から勝手に女性の方だと思ってたの^^;

まっ、それはさておき、
佐々木先生の講演を実際聴いたことがないのですが、
よこはま発達クリニックのページにある
講演会記録を初めて読んだときはとても印象的でした。
すでにご存知かもですが、URL貼っておきますね。

http://www.ypdc.net/autism/sasaki.html

2007-03-11(Sun) 21:44 | URL | sasa #f7A1IA1s[ 編集]

sasaさんへ♪

こんばんは♪

佐々木先生、確かに女性かと思いますね(笑)
私は相田みつをさんの本で写真を見ていたのでかろうじて男性であることは知ってましたが、翻訳や監修でお名前をよく見るだけで、これほどに自閉症の世界に、(特にTEACCHについて)深く関わっていらっしゃることを知りませんでした。
それを知ってからお写真だけでとてもファンになっていて、今回近くでお出会いできたこと、とても感激でした。
URL,ありがとうございます。
知りませんでした。
結構内容があるようなので、じっくり読ませていただきますね。

講演を聴いていて、ローナ・ウィングさんやテンプル・グラディンさん、ドナ・ウィリアムズさんなどとごく普通に交流があったり(二キリンコさんも何度も出てきました)、さらさらとお名前が出てくるところにこの方がこの世界で長く愛情を持って尽力されてきたのだな~とあらためて感じていました。
(でも私ぐらいかもしれません、ちゃかちゃかと必死でメモっていたのv-402

戦時中、疎開先が私の住んでいる所だったそうで、そんなことにも親近感を覚えています。

2007-03-11(Sun) 22:13 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

ニキリンコさんと佐々木正美先生の話

machiさん こんにちは♪
親ばか同士(笑)今後ともどうぞ よろしくお願いします。
佐々木正美先生 私も大好きなんです。
ニキリンコさんが ニキリンコさんになる前のHNが
マルハナバチさん だったのですが
その時のお話があります。
この記述を拝見して
ロッキングというのは やめるべき事ではないんだなぁ
と思ったのです。
http://www.a-yakata.net/kyukan/f8/sasaki.htm

ここです。
また良いお話をおしえていただいて嬉しいです♪
ありがとうございました^^♪


2007-03-12(Mon) 12:58 | URL | ふわりん #dTalg5vU[ 編集]

ふわりんさんへ♪

こんにちは♪

ニキリンコさん(マルハナバチさん)のページ、ありがとうございます。
今、一気に読んでしまいました。
途中で涙で文字が見えませんでした。。
hikariもこんなふうに感じているんだろうか。
いえ…今、彼が感じていること、おなじことがたくさんあるんじゃないか?
ほんとうの意味で私はどれだけ彼の心の中を理解しているのだろうか…

ごめんなさい…引用させていただいていいですか?

ふわりんさんのご紹介のページからの引用です。

…「無理をしてでも普通らしくふるまう」と「理解を求めて楽をする」とのバランスだなんて、すぐ具体的にこうしなさいというようなアドバイスを求められるような問題ではないのもわかっていました。…「普通らしく」と「理解を求める」とのバランスって、たくさんの子どもたちが将来一度は悩む問題ですものね。

ああ…私は近頃何かにつけ「普通はこういうふうに考えるの。」「みんなはこんなふうにするの。」を連発していました。
一方では「理解するよ。」という態度をとっておきながら、「普通にしなさい。」と言っているようなものです。
当事者からの言葉は、わかる、わかる、と笑えることもたくさんありますが、かなりショックなことも多いです。

彼に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
この涙は何なんだろう…
もうすぐhikariが学校から帰ってきます。
今日の「ただいま」の前の話は何かな?
(帰ってくるなり、いつもその日の一番心に残っている出来事を話し出します。)

ふわりんさん、ありがとうございます。
このブログをはじめてよかったです。
これからもよろしくお願いします♪

2007-03-12(Mon) 14:35 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/61-6741b589

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。