カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

久しぶりに…

今、のお話。
ひとりごとです。
ちょっと、気持ちを整理したくて書きます。

担任の先生との連絡ノートに書いてあったことにちょっとドッキリ
2、3日前の出来事だったそうです。

授業中、先生が大切な話をしている真っ最中。
hikariがすっと立ち上がり、席から離れたゴミ箱にごみを捨てに行ったそうです。
先生は当然注意します。
でも、いつもと違って強い調子で注意しました。
クラスは妙な空気になったそうです。

これまで、hikariへの対応として、とにかく先生との距離を縮めること、思いを告げられる関係になること、障害の特性(hikari自身の姿)を把握することに重きを置いてきてくださいました。
つまり、場にそぐわない行動をした場合でも、強く叱ったり、みんなの前でhikari個人を注意するということはなかったのだそうです。

でも、やはりそれは特別扱いであること、クラスのみんなも周知のことではあっても、学力的に優れているぶん、先生からすると行動の改善へとその学習能力が使えないかと考えるのは当然です。

で、連絡帳に書かれていた事。
「hikariくんなりの生活力、社会性を学校生活の中で身につけてほしい」
次のステップへの提案です。
ドキッとしました。
あ、やっぱり、って思いました。
やっぱり、異質な子であることに変わりはないんだ。

わかっているつもりなのに、いつもこういう感情の折り返しがあります。

先生が今のhikariの姿を否定したわけでないことはわかっているのですが、やはり『場にそぐわない行動』は目立つのだと。

もうひとつ、気になること。
hikariがこの件について家では一言も話さなかったのです。
強く叱られた、彼にとって事件だと思います。
なぜ言わなかったのか?
テストで100点だったこと、今日もH君とポケモンの話ができたこと、D君にまでポケモンの情報をもらったこと…
順調な学校生活を連想するようなことしか話しませんでした。

小さい頃から、私の喜ぶ顔が好き、お母さんが喜んでくれるから…
という感情の強い子です。
『今日も楽しかった?』
私の声のかけ方が悪かったのかな…

『つまらないことも、納得いかないことも、ちょっと辛いことも、予想と違う出来事も、全部話していいよ。
 お母さんは、hikariが喜んでいることだけじゃなくて、辛いことも、悲しいことも、いっしょになって辛く思ったり悲しく感じたりしたい。
 そういう出来事が起こることは決して悪いことじゃない。
 そんな出来事が起こったときが次に辛いことが起こるときの解決のヒントになるんだよ。
 だから、全部お母さんといっしょに喜んで、悲しんで、苦しんでいけばいいし、お母さんもそうしたいんだよ。』

そんなことを久しぶりにhikariと話し合いました。

来週、先生と面談することになりそうです。



2006-11-02(Thu) 23:11| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 6

コメント

たぶん

machi-machiさん、こんにちは。

hikariちゃんが、お母さんに言わなかったのは
多分心配掛けたくなかったから…かな?
優しい子なんですよ☆
でも親としては、辛い事や嫌だった事悲しかった事
マイナス分子をちゃんと聞いてあげたいって思いますよね。。
こぱんもそうです。
笑顔は2倍に、辛い事は半分になるといいな…って思う。。。
それでも子どもたちは抱えちゃう、、抱えなくてもいいのにね。
hikariちゃんの先生のおっしゃることに、少しこぱんも戸惑い感じました。
先生のその一言が他の子どもたちにも連鎖しなければいいですけど…
話し合いでいい方向に理解に向かってくれるといいですね。

2006-11-04(Sat) 12:35 | URL | こぱん #-[ 編集]

おじゃまします。

こんばんは。 たまです。

machiさんには いつも励まされます。hikariくんにも machiさんのこうした 気持ちはしっかり伝わることでしょうね。いつも 感じています。私は 子育てなんかで 壁に当たると あ・・これは きっと超えられる壁なんだと・・・ それで なんとか なってきてます。 真剣に向き合っている 気持ちがあったら その気持ちは hikariくんにも きっと伝わるね~ BLOGで こんな形でmachiさんから たくさん POWERいただいてます。 ありがとうございます^^

2006-11-04(Sat) 18:37 | URL | たま #PHl5.jPs[ 編集]

こぱんさんへ♪

コメント、ありがとうございます。
『戸惑い』…そうなんです。
そのとおりなのです。
こぱんさんの言葉に、ぐっと胸が詰まりました。
お返事遅くなってごめんなさい。
とてもとてもうれしいコメントだったので何回も読み直していましたv-406

学校での様子はやはり親には見えない。
子供にとって学校が生活のすべて、今の自分の存在のすべてだとしたら、そこに居辛くなるのはかわいそう過ぎる…
いつも環境を整えて、いつもhikariの様子を把握してきた私ですが、いつかはわからない世界に行ってしまうのではないか、という不安がいつもあるのです。

先生しか頼る人はいません。
先生とうまく付き合い、うまくコントロール(言い方よくないですが)していくことにすごいエネルギーを注いできました。

先生を信じて、私たち親の思いを伝えて託すしかないですね。
思いをわかっていただけてうれしかったです。
このブログをつくってよかったです。

2006-11-05(Sun) 20:32 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

たまちゃんへ♪

訪問&コメントありがとうございます。
気付いていただけてうれしいです。

壁にぶち当たった時…
乗り越えられる壁なんだ、ってそう思うこと、気持ちが明るくなりますね。
この壁の向こうにはきっと楽しくて快適な世界がある。
今、この壁を乗り越える力があるから、きっと壁はここにあるんだ、って、そう思いたいです。

でも、けっこうそうやって壁に向き合っているとき、気付かなかったりします。
『あ~、あれは壁だったんだ。乗り越えてこっちへ来たんだな…』って、あとから思います。
そのほうが気持ちよかったりします。

hikariといっしょに、いつも、そしてこれからも…いっしょに伸びてゆきたい私です。

POWERあるかな?
ん~~~チカラわいてきました♪

2006-11-05(Sun) 20:40 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

あのね。

無理すんなよ~っ。
書きたいことは沢山あるでしょう。
machiさん自信、自覚された上でのこと
でしょうが、くれぐれも無理すんなよ。
亀さんでいい、記事にしたい事を
かみしめて、ゆっくりやろうぜ。(笑)
ブログは書き手の心の流れまでログ
として残してくれます。
machiさんならわかるよね。(笑)
身体壊したら承知せんぞ。

2006-11-06(Mon) 20:35 | URL | moukun #-[ 編集]

そのとおりです。

そうなんです。
いつかこんなブログを…
と考えていたのは本当だし、慎重にいろいろ考えました。
だって、思いっきり個人情報すれすれだし、自分自身のことでもないし…

亀ですねv-352
記事にしたいことをかみしめて…
ちょうど、月末まで忙しくなりそうなので、『日々~』のほうも休むことになりそうです。

急ぎかけていた私にブレーキ、ありがとうございましたv-22

2006-11-06(Mon) 21:20 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/6-9b445174

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。