カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

あらすじをかく

高機能自閉症のhiakriにとって"物語のあらすじを書く"ということはとても困難な学習ではないかと思います。

ひとつの(そんなに長くない)物語を読んで、全体の話の流れを汲み取り、それを自分の言葉で表現する…
そういう私だって、それほどに読み込んでいない文章のあらすじを書こうと思うと、本文の文言一つ一つに縛られて、なかなか全体が見えてこなくて苦労した思い出があります。

今日の宿題は(日付が変わってしまいそうですが)ある短い物語を読んで、そのあらすじを"起承転結"に項目わけしてまとめる、というものでした。
もう半べそで、泣きついてくるhikari
結局やっとのこと仕上げられたのはもう10時近くでした。
感激のあまりまた泣き出すhikari
完璧にしなくていいと思うんだけどな~
きっと、『できるところまで』っていう宿題だと思うんだけど…

まあ、何とか納得して寝てくれたけど…
さっきからなんだかモゴモゴと寝言言ってます
うなされてるのかな


2007-03-06(Tue) 00:10| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 4

コメント

大変だったですね~。machiさんもお疲れ様でした。
なんて、一言ですけど、何時間もやり続けているhikari君に
きっとずっと付き添っておられたんですよね?
hikari君のきっとまじめなんだろうなぁと思う部分が
伝わってきました。

moemoも公文の国語をやっていますが、
10枚やるのに、1時間かかるときもあります。
四角のマスにひらがなをきれいにかけないんです。
その横で、どうしてもイライラしてしまう私。。
軟弱な私は絶対やってはいけないと分かっていつつ、
思わず叱り飛ばしてしまうことも。。
そうなるとmoemoもプチパニックになってます。

こちらも相当なる忍耐が必要ですよね。

2007-03-08(Thu) 06:45 | URL | ricco #-[ 編集]

riccoさんへ♪

hikariの特徴としてやはり"部分にとらわれすぎて全体が見えない"ということがあるのだと改めて感じました。
高学年になってくると学校生活以外で今までスムーズに来ていた学習面でも躓くことがちらちらあります。
「誰にでも苦手なことがある」とそのときは励ましますが、その"苦手さ"が彼の本質的なところに起因するのかと思うと、いつまた同じことで躓くか…
いつも助けてあげられるんだろうかと不安になることもあります。

公文!
hikariは、年長のときから続いています。
ただ通わせた目的は「母以外の人に興味のないこと(勉強)を教えてもらって耳に入るか」「一定の時間じっと座って集中して作業ができるか」「知らない人がたくさんいるところで落ち着いていられるか」というようなことでした。
だから、進み具合も、点数も、決して叱咤激励したことがありません。
目的が違ったから…
もう今は…いつやめてもいい、というふうに感じています。

2007-03-08(Thu) 21:25 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

machiさんへ♪

すごいなぁ~machiさん。きっと私なんかよりずっとずっと
穏やかに見てあげているのでしょうねhikari君の事。
私はmoemoの得意だったことが“文字を読む”事だったのと、筆圧が弱くて鉛筆がうまく握れなかったので、国語を始めました。得意なことを伸ばして自信につなげたかった。
そこのところ(自分の初心)をもう一度考えさせられました。ありがとうございます。ついつい早く書かせる事や集中させることに執着しておりました。
始めて1年半ほどになりますが、進度はカメの歩みのものの、確実に筆圧が良くなっているんですよね。お陰で急にお箸も持てるようになったし。。

蛙、大河を見ずの状態でした。

佐々木先生の講演のお話もちょっとささくれていた心に響きました。

2007-03-09(Fri) 20:46 | URL | ricco #-[ 編集]

riccoさんへ♪

強い書き方をしてごめんなさいね。。
私も強く叱ることももちろんあります。
hikariのこと以外でどうしても心ががさがさしているとき、hikariには何にも罪がないのに大きな声で叱ったりすることもありましたv-406
でもいつも後になって叱る前よりもいらいらする自分に気づきます。

riccoさんの『得意なことを伸ばして自信につなげたかった』というお考え、とてもすばらしいです。
佐々木先生もおっしゃっていましたよ。
私たちは能力が満遍なく同じくらいに伸びてほしいと、どうしても考えます。
だから苦手なところを克服して…
でも、この子たちにはそういう"努力して苦難を乗り越えて達成する"ということに意味を見出すことはとても難しいですよね。
ただ苦しかった、辛かった、という記憶が強く残るだけ…
だから、得意なところを伸ばしてあげる、ということがとても大切で、大正解なんだと思います。
いっぱいいっぱい誉めてあげたいですよね。

2007-03-09(Fri) 21:25 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/56-5464b1e9

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。