カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

夏の就学相談会

不思議でなりませんでした。
これが行政というもの?
何のため?
障害児学級に入るためには(入れてもらう可能性がある児童については、ということ?)県が行う就学相談会なるものに出向かなくてはなりませんでした。

私にはそれがどういうものかわからなかったのですが、発達相談員の先生からも「一応行った、ということでいいので…」と苦笑い交じりで出席を促されました。

そこで障害児学級か普通学級かを判断してもらうんだろうか?
実際はそうではなかったのですが、同席したのは、

県内養護学級教諭
県内普通小学校障害児クラス教諭
地元の教育委員会の人
保育園の保育主任
hikariとpapaと私。


形式的なもの(?)とはいえ、えらくたいそうな顔ぶれでした

そこでは、家でのhikariの様子を私が、保育園での様子を主任保育士の先生が短時間お話しました。
そして簡単な質疑応答。

まずは「パニックについて」

hikariはほとんど激しくパニックを起こすことはなかったので、しいて言えば"泣く"ことでした。
そのときの対処の仕方としては、
・別室に移して落ち着かせる。
・保育士が個別に対応。
ということをお伝えしました。

あとは、小学校と保育園の大きな違いについて。

・時間割に沿って活動するということ。
・1学年2クラスで30~35人と、人数が多い学年であること。
・先生の指示を"聞いて考え行動に移す"、ということを自分でしなくてはならない、ということ。

これらのことをお話され、また、

・パニック時の対処法について。
・籍は障害児クラスにおいて、合流できる教科は普通クラスで受ける。
 学力をつけることが大切。

というようなことも付け加えていただいて、後は学校と直接具体的に児の受け入れ方法を話し合ってください、ということでした。

そのとき、私たちが進んでいた方向と同じ向きのお話だったので、すんなり話を聞くことができました。
というか…もうわかってるって…という感じだったかもしれません






だって…もうこれより前から学校とは直接お話していましたから。

2007-02-24(Sat) 17:16| 就学までの1年間| トラックバック 0| コメント 4

コメント

“どの子もみんなが一緒の部屋で勉強できることが一番です。”
この一言、私の心にもズシンと響きました。
本当ですね。
riccoも只今machiさんの歩まれた悩みどころの真っ只中にいますが、本当はみんな一緒の教室で勉強できるのなら良いですよね^^。
親の本音もそうなんです。

只、ウチの場合は

・医療福祉センターの医師には“出来れば低学年のうちは個別に対応してもらった方が”と言われ、
・小学校長には“moemoちゃんは障害学級の方が良いでしょうね。”と言われ。
(行く小学校には障害学級が無く、この小学校の学級には親御さんもなかなか子供の障害を認められないお子さんが少々居て先生も苦労しているらしく。。)。

親の気持ちが“やっぱり障害学級がいいのかな?”となったけど、行く学校には無い。。という状況です。

もう、正直何がいいのか判らないし、考えるの疲れました。相談会とかその他もろもろ本当疲れますね。machiさんではないけど、“もうわかってる”って感じで。。今は流れに身を任せてみようって思っています。

2007-02-25(Sun) 05:35 | URL | ricco #-[ 編集]

がんばって!!

こんにちは♪

今日あるお母さん方とお話しすることがあって、今度入られる学校には情緒学級がないということで新設のため去年の10月から動いておられる、という話をされてました。
新設されれば、我が子のために一人先生がついてくれることになります。
入学、という環境の変化は私たちが考える以上に子供にとって大きな変化であると思います。
環境を整え、安心して学校に通える基礎を作ってあげられるのは、低学年の時期ですよね。
そのころを振り返って今思うことは、やっぱり、勉強の内容もまだ少なく、学校生活の基礎作りに時間をかけることのできる大切な時期であったということです。
どの子にとってもそうだと思いますが、その時期に身に着けておかなければならないことをしっかりと身につける、それを逃すことが特に障害を持つ子にとって大きなハンデとなって後から跳ね返ってくるのではないかと思います。

今を大切に、今しかできないこと…私もいつもそう考えるようにしています。

2007-02-25(Sun) 16:53 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

確かに!

こんばんは!
 確かに行政は手続きが必要で・・・・。
 学校も行政のひとつですが、何とかならないかなかな~って思います。
 本当に万が一を考えての手続きが多いので困ることもしばしば。
 もっと、本当に何をしなければ行けないか考えられればもっとすんなりいくのにって思います。
 それにしても、仰々しい顔ぶれでしたね!

2007-02-28(Wed) 20:36 | URL | 平木 #-[ 編集]

平木さま♪

ただ今戻りました(笑)

行政や学校の仕組みを批判し、自らの考えを述べる…そういうブログを目指しているわけではないのですが、当時、その就学相談会というものの意味がほんとに"素"でわからなかったのです。

正直なところ時々、行政や組織にないする無力感を感じるときがありますが、でも、そこへ新しいものを作り出そうと我が子のためにがんばっている人はたくさんにいるわけで…
とてもパワーのいることだな、と思います。

2007-03-05(Mon) 21:54 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/53-a8ac0b92

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。