カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

医療機関にて①

初めての学校との面談を終えてすぐ、診断を受けた医療機関の外来日でした。
学校での話を持って、主治医の先生とお話をしました。

学校側はまず、児を障害児学級に編入させたいかどうか、判断は保護者側であるので、その判断を求めているように感じました。
高機能自閉症の児童を障害児学級に受け入れるのはあまり例がない?様なことも言われていました。
私自身も当時は、hiakriを障害児学級に"入れたい"のか"入れるべき"なのか"入れなくてはならない"のか、その辺の判断がつきませんでした。

hikariは長男で第1子。
小学生の親になるのは私にとって初めてのことでした。
小学校が本当は(?)どんなところかわからない。
保育園のように、園の先生みんながhikariに接してくれるわけではないのですよね。
今ならわかります。
一人の担任に、hikariへの特別の配慮を求めることは不可能だ、ということを。

papaとの話し合いの中でpapaが普通に心配だったのは、hikariにとってとても居心地がいい(はずの)障害児学級ではあっても、周囲に同じ学年の友達がいない環境となって彼なりに伸びてゆくはずの社会性は、どうなってゆくのか?ということでした。
そして、2年生以降は?ということも…

私もその考えに賛成でしたが、それは安定した彼なりの学校生活があった上でのこと。
主治医の先生のお話でも、結論は障害児学級に籍を置くべき。」というものでした。
やはりhikariは、たくさんの生徒を前にした担任の先生の全体への指示を聞き取りにくい、ということ。
全体の指示を個人(hikari)への指示に切り替える役目をする教師が必要である、ということ。


ただ、自閉性障害を持っているが能力は高いので、社会性を育てるためにはお友達をモデルとして自己の能力として取り入れてゆくことはできる。
障害児学級に籍を置きながら普通学級に通級すること(交流学習)が良い。

というのが主治医の先生のお話でした。

ここまで話を聞いても、まだなんとなくすっきりしないものが残りました。
1年生はこれでよいかもしれない。
その後は?
hikariの様子を見ながら、2年生から普通学級に移行することはできるのか?

まだはっきりと学校に伝えることはできませんでした。



2007-02-20(Tue) 17:14| 就学までの1年間| トラックバック 0| コメント 8

コメント

こんぱんは。

machiさん、こんばんは。
昨夜は失礼しました。
私自身、親戚関係が複雑だったので、
甥っ子に対峙するすべを知りません。
けどねぇ。
machiさんとpapaの選択は正しかった
ですよね。
ごめんね。軽軽しい気持ちじゃないよ。
精一杯の決断だったと思います。
私が言える立場ではありませんが
あえて「いい決断でしたね。」と言いたいです。
なぜなら現在のhikariくんの記事を見せて
頂いてるからです。
彼の心のわだかまりを克服してあげられるのは
やはりmachiさんしかおられません。
病気になんかなるなよ。

2007-02-20(Tue) 22:45 | URL | moukun #-[ 編集]

moukunさんへ♪

こんばんは♪

はい。病気になどなってられませんねv-398
今日はちびちゃんといっしょに青空の下でちょっとだけ遊びました。
楽しかったv-352

結局は障害児学級を選択するのですが、papaのこの最初の"普通の心配"がずっとずっと最後まで私たちのこだわりとして学校に訴え続けることになりました。
そして現在は普通学級で過ごせています。
ちょっと変わっててつきあいにくい奴だけど、いつも一生懸命な奴としてちゃんとみんなの仲間になっています。(たぶんv-392

今日はhiakriはご機嫌で布団に入りました。
今国語で習っている『注文の多い料理店』がとてもおもしろいらしく、宿題でもないのに私に聞かせたくて音読してくれましたv-411
いい奴です。

2007-02-20(Tue) 23:10 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

うんうん。

注文の多い料理店。
宮沢喜一じゃなかった健治か。(笑)
ブラックジョークを美味く一話にした、落語的な
作品で、私も大好きです。
面白いものを面白いと思える。
いい感性の持ち主ですね。
hikariくんは。
我輩ハ甲虫デンネン。(笑)
覚えてますか?(笑)

2007-02-20(Tue) 23:31 | URL | moukun #-[ 編集]

moukunさんへ♪

こんにちは♪

『我輩ハ甲虫デンネン』v-411
もう一度読んできましたv-343
あのときはオチが??だったhikariも、こういう話の展開のおもしろさがわかるようになったのですね。
"扉に書いてある言葉がなんか変で、どきどきしてきて、次に何が起こるのかな~って"…そんな気持ちで読めているhikariの成長を感じました。
また音読がおもしろいの(笑)
セリフも感情こもってて。
昨日は忘れ物のこともぶつぶつ言いませんでした。
ちっちゃな何かが吹っ切れた顔してましたよ♪

ちなみに…宮沢"賢治"ですv-392

2007-02-21(Wed) 10:52 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

はじめまして

平木先生のブログから訪問させていただきました。是非伺ってみて~とのことでした。

実は小3の息子がアスペルガー症候群、そして私自信もアスペとADHD他傾向があります。何かにつけ息子とぶつかることがこのところ多く、つい叩いてしまう日々。そして私自信の幼少のころからの「嘘を言ってしまう」クセやコミュニケーションの苦手さが原因で人間関係でかなり凹んでいます。嘘・・・幼いころは何故?って思い、ノートに思うがまま書いてみました。数日書いてみて、あ・・・私父に褒めてほしかったんだってって気づいたんです。その思いずっと押し殺して今まで生きてきました。両親は他界してしまってこの思いは伝えられないけど、それでもほんの少し気持ちが晴れた気がします。これからも時々こちらにうかがってもいいですか?いろいろお話し出来たら嬉しいです。息子と私の珍道中も聞いて頂けると嬉しいです。では、また~。突然失礼しました。。。

2007-02-22(Thu) 23:11 | URL | はるみ #-[ 編集]

はるみさんへ♪

はじめまして♪
訪問、ありがとうございます。

ご自身と息子さんがアスペ、ということですが、医療機関で診断を受けておられるのでしょうか?
それならばとても積極的にご自身を、息子さんを認めて行こうとされているのですね。
hikariが小5になって感じていることですが、やはり程度はどうであれ、少しでも早く発達障害を受け入れ、その子が生きやすくなる手助けをはじめることはとても大切だと思います。

どうぞまたお越しくださいね。
お待ちしていますよv-22

2007-02-23(Fri) 06:11 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

おはようございます。
お返事ありがとうございます。
息子は専門の医療機関で診断を4歳のときからうけていて、診断名をいただいたのが小1のときです。私は去年の春、精神内科の医師に診断を受けました。息子のこと受け入れたつもりになっていた自分に気づきました。自分自身のことはまだ受容できてません。40年近く受け入れられずにきた自分を今から好きに慣れるように、自分を褒めることができるように一歩ずつ、いえ半歩ずつでも踏み出せたらと思います。今は、小休止して自分は何者なのか・・・・自分探しをしてから息子に向き合おうと思います。
またきますね。。。

2007-02-23(Fri) 07:28 | URL | はるみ #-[ 編集]

はるみさんへ♪

おはようございます♪
来てくださってうれしいですv-343

履歴から少しおじゃましました。
今、少しお辛いようですね。
でも、↑コメントを拝見して安心しました。
長い長い時間の流れの中で、ゆっくり自分探し、息子さんとのつながりを考えていかれるのが良いと思いますよ。

周囲との違和感、診断名がない人でも"自分って?"とふと不安になることはよくあることだと思います。
そうそう、今年のmachi家の抱負はこうなのですよ。

http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/blog-date-20070102.html

自分のことをよく知ることから、何かが始まることもあるのではないか?
私もそう思います。

よろしくお願いしますv-22

2007-02-23(Fri) 08:17 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/50-50f6391c

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。