カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

初めての学校との面談

ぎらぎらと暑い夏の日でした。
初めての学校訪問。
時間は限られている…聞きたいこと、伝えたいこと、見ておきたいこと…あらかじめ考え、準備してからpapaと、hikariと3人で出かけました。

当時のメモより↓↓

【要点】

・先生について
  校長・教頭・障害児学級担任
  職員室の位置・人柄・専門的な知識

・構造的なこと
  教室の位置・明るさ
  障害児クラスと1,2年生の教室との位置関係
  1年生の教室内の様子・何人?・机の並び方・安全性

・児童とのかかわり
  先生のかかわり方・ことばづかい
  障級の位置づけ

・障級との交流
  学校内での障級の位置づけ・生徒の感覚・いじめ
  PTAからの見られ方・通学方法

【伝えたいこと】

・hikariに関する情報提供を惜しまない。
  学校との(先生との)情報交換を密にする。
  引き続き医療機関の受診・療育・経過観察を続ける。

・hikari自身について
  好きなもの・興味のあるもの
  性格・穏やかで優しく、メルヘン好きであることなど


こんなふうに見直してみると、ずいぶんと肩に力がはいていたな~って感じですね。

緊張しながらも、ノート片手に、一つ一つお話を進めました。

帰ってきて感じたこと。

現状の学校のスタイルを強調されているという印象でした。
"今までに例のないこと"を求められることを遠まわしに敬遠されていたような感じがしました。
でも…初めての懇談だから。
ここからスタートなんだから…それほどに落胆したわけではありませんでした





それよりも…この懇談の後、"遅刻"して保育園へとhikariを連れて行ったのですが…
すでにプール遊びが始まっていて、いつもと違う保育園の1日の始まりにとても混乱しました。
玄関で泣いて私から離れませんでした。
「今日はもうお休みしようか…」と思いましたが、
「どうしても無理のようなら連絡します。」という先生の言葉にお任せすることにして後ろを振り返らずhikariから離れました。

私たちが帰ったあともしばらくは落ち着かなかったようですが、時間がたってプールにも入れたようでした。
電話はかかってきませんでした。

学校関係の方も読まれるかもしれません。
失礼な表現があったらお許しください。
今までの中でいろんな思いはありましたが、やはり学校には、関わってきていただいた先生方には心から感謝しています。
そこへ繋がるものとしてご理解いただければ、と思います。

2007-02-20(Tue) 00:51| 就学までの1年間| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/49-ba942b69

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。