カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

不安。

このところ、毎週日曜日の夜、hikariは不安定になるような気がします。

「忘れ物してないか、何度も確認してしまう。」
「宿題ちゃんとやったけど、それでいいかわからない。」
「何回も何回も確認しても、不安でしょうがない。」


今日も、夕食のオムライスを食べ終わらないうちに、急に言い出しました。
ほんとに、唐突に言い出します。
義父母もいる手前、あれこれと口を出されてhikariが混乱するのがいやで、私はいつもhiakriがこの類のことを言い出すとすぐに言葉をさえぎって
「あとでゆっくりお母さんとお話しよう。」
と強い口調で言ってしまいます

そして、お風呂も終わって私の顔を見るなり
「お母さん、一緒に確認して。僕、何回も何回も確認しても、やっぱり不安でしょうがない

はあ~~まいった。
また始まった、という感じです。
一緒に連絡帳を見ながら持ち物と宿題を確認し、「毎週、そういうけど、結果忘れ物もしないし、無事に月曜日が終わるやん。」と言い聞かせても…

papaが私とhiakriのやり取りを聞いて
「何回おんなじこというてるねん
と噴火寸前
これはまずい。。
「だから…お母さんが一緒に時間割を確認して、宿題も見てあげて、毎週月曜日、ちゃんと無事に過ごしてるんやから、大丈夫や、って
でも、いくらお母さんが言ってあげても、hiakriが自分で
『ああ。お母さんがこれだけ言ってくれるんやから大丈夫や。』
って思う努力をしないと、今の不安な気持ちは消えないねんで
と、papaの噴火を牽制しながら勤めて冷静に諭します。

ほんとに不安なようです。
抱きしめてほしい、と言います。
照れるなあ

なんだかんだ言いながらも、寝つきは良く、今はもうぐっすり眠っています。
明日朝起きたらきっとけろっとしているでしょうね。
毎週、日曜日の夜はこうなんですから



不安…お母さんもいろんなことが不安なんだよ。
誰もが、何か不安だったり、確実にできないことが怖かったり、成功するのか自信がなかったり…
でも、少しぐらいの失敗は何とかなる。
それに代わる他の方法だってすぐに思いつく。
きっと、誰かが助けてくれる…
hikariもそんなふうに考えられるよね。
不安な心に勝つ強い心…
持てるように、お母さんも、がんばらなくちゃね



2007-02-19(Mon) 16:26| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 12

コメント

こんにちは♪

hikari君元気に学校行きましたか?
machiさんも、いろいろ落ち込んだりしている様子!?
大丈夫ですか~~~?

そう、誰でも不安はいっぱ~い。
私も明日、研修会で発表しなければならないのだけれど、
たった数分の発表だけど、初めての経験でしょ!?
他の館長や指導員さんの前で、他の方はどのように発表するのか、
頭の中では決まっているのだけど、不安で不安で、
昨日の休日はとっても憂鬱でした。
でも、今日仕事に行って、他の仕事を順次片付け、
研修資料をまとめたら、なんだか軽~くなっちゃた^^;

いつもこうなの。
いろいろしなければ。。。
と思うと、不安で不安で、
でも、結局一つ一つ片付けていき。。。
hikari君の気持ち分かるわ。

papaが爆発寸前になる気持ちも分かるけれど、
誰かが、「うん、うん」ってうなずいてくれるだけでもいいのよね。
だから、「抱きしめて~~~」
って気持ち、痛いほど分かる。
安心なのよね。

machiさんもpapaさんに、抱きしめてもらう?
ごめんなさい。
でも、茶化してるわけではないのよ^^;

2007-02-19(Mon) 16:57 | URL | wakazukuri #-[ 編集]

machiさん、こんにちは。
記事を拝見して、うまく表現できませんが、
なんだか次のステップに進むための山な
んだなと感じました。
今は繰り返し確認を手伝ってあげて、ぎゅっと
抱きしめてあげるのが得策のように思えます。
不安の壁を越えるのは私たち大人でさえ大変
なことです。
まして真面目な性格のhikariくんにとって、
大変な壁なのでしょうね。
時間をかけて不安を克服できるよう、繰り返し
抱きしめてあげてください。

2007-02-19(Mon) 17:57 | URL | moukun #-[ 編集]

wakaさまへ♪

ありがとうございますv-352

素直に"抱きしめてよ~~"なんてpapaに言えたらいいのに…ほんとにそう思います。
でもね、ここ数日の私の沈みようにpapaはとても優しいですv-398
詳しくはちょっと書けないけど、涙が出そうになるほど優しいこと言っちゃってくれますv-483
きっと、だいじょうぶ。。みんなが守ってくれる、ってv-354

wakaさま、明日本番?
緊張しますよね。
papa、来年度、ある"大役"をもらってしまって、たくさんの人の前で挨拶することが何回かあるので、今からめちゃくちゃ緊張しています。
(マニュアル本とかこっそり読んでたり(笑))
たくさんしなくてはならないことがあると、しっかりした大人でも混乱しますよね。
想像力が乏しかったり、時間を効率的に使うことの苦手なhiakriは私たちよりもっと苦しんでいるのだろうと思います。
照れないで、ぎゅってしてやらなくてはね。

wakaさま~本当にコメントありがとうございます。
なんか、近所のお姉さんに見守ってもらっているような安心感があります♪
ほんと、うれしかったです。

2007-02-19(Mon) 19:50 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

moukunさんへ♪

いつもありがとうございます♪

心配かけるようなこといいますが…今はちょっと『日々~』で元気に書く気になれないのが正直な気持ちです。
検査、結局やるだけのことはやってもらって…
何の自覚症状もないことの検査なので、不安が募るばかりです。
何もない…今はそう祈るだけです。

hiakriは本来の障害特性プラス"まじめで優しい"性格であるので、いろんなところで彼らしい躓きがあります。
それをわかってやること、受け止めて許してやることが大事なのです。
ついついなれた口調で強く言ってしまうこともあり反省ばかりですが、彼が言うのなら、ぎゅっと抱きしめて安心させてやらなくてはいけませんね。

安心できるねぐらがあれば、小鳥は大空に羽ばたいてゆけるのですよねv-354

2007-02-19(Mon) 19:59 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

こんばんは!
 hikari君の行動、machiさんの大きな懐で包み込まれているんだな~、と思いました。
 だから、hikari君も安心できるんですね!
 私も、娘の
「ねえねえパパ、聞いてよ~」
攻撃に懐を大きくしないとと思いました。
 どうしても忙しいと
「ちょっと待っててっていってるでしょう」
と突っぱねてしまいます。
 反省。。。。
 今度、そういわずに抱きしめてあげたいと思います!
 
 

2007-02-19(Mon) 22:27 | URL | 平木 #-[ 編集]

平木さんへ♪

こんばんは♪

"大きな懐"…時々チャック閉めてたりして(笑)
この記事を書いて、書くことで、なんだか心に余裕ができて、今日はちゃんと甘えさせてやりましたv-413
これもブログの力、かな?
明日もいい日でありますようにv-483

そうそう…今日も同じ内容で不安がっていました。
試しに、
・持ち物の見直しは2回で終わること。(何回も、見直ししない)
・それでも忘れ物をしたときの対処法を紙に書き上げてそれを読んで落ち着くこと。
(先生に相談する。友達かmomoに借りる。etc...)
という提案をしましたが…?どうだろう?

2007-02-19(Mon) 23:09 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

こんばんは。

忘れ物チェックが強くなる前に、
何かそのきっかけになりそうなこととはありましたか?

子どもの行動って必ず起こる前のきっかけと、
起こったあとの結果が、その行動を強化させてしまうことがあるんですよね。
意外と事後の結果(周囲の反応)が強化してしまってることもありますしね。

>・持ち物の見直しは2回で終わること。(何回も、見直ししない)
・それでも忘れ物をしたときの対処法を紙に書き上げてそれを読んで落ち着くこと。
(先生に相談する。友達かmomoに借りる。etc...)

これ、machiさんが考えたことを書いたの?
hikari君と話し合って、本人が選択して決めたことを書いたの?

2007-02-20(Tue) 01:21 | URL | sasa #f7A1IA1s[ 編集]

sasaさんへ♪

こんにちは♪

忘れ物チェックが強くなるきっかけ…
考えてみたのですが、つらい経験よりむしろ、私がその忘れ物を学校に届けた、という”サクセスストーリー”のようなことが考えられるかな、と思いました。
体操服を忘れて、楽しみにしていた最後のバスケットの授業を気持ちよく迎えられないと絶望視(大げさです)していたのに、そこへ救いの神(私v-356)が体操服を届けてくれる…
そのときは良かったけど、もしも届けてもらえなかったら僕はどうなっていただろうv-399
…そんな感じでしょうか?

確かに、周囲の反応(特に私)でその行動を強化させてしまっているのではないかとも思います。
でも、ほおって置けないし…
過剰反応することと、丁寧なかかわりとは違うのだ、とわかっていても、具体的にどうすればいいのか…実は、私はわかっていないのかもしれません。
(papaには、「お前はしつこく大げさに反応しすぎ。さらっと聞き流しといたらいい。」と最近も注意されましたv-402

hikariへの提案…は、提案しただけで、そうしなさい、書きなさい、とは言ってないし、本人も実際には書いてないと思います。
”視覚化すること”が万能薬のようには考えないでいるつもりです。
sasaさんから以前忠告していただいたように、書くことですべてを解決してしまってはならない、と思っています。

今朝も機嫌よく家を出ました。
何考えてるんだろ??

2007-02-20(Tue) 07:55 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

なるほど。

お母さんにフォローしてもらえた経験・・
そういうのもあるかもしれませんね。

えっとね、私は忘れ物に関しては、
hikari君の中で表現しやすいものを選んで発信したのかな、と思ったのね。
(言葉が足らなくてすいません。)

>「忘れ物してないか、何度も確認してしまう。」
「宿題ちゃんとやったけど、それでいいかわからない。」
「何回も何回も確認しても、不安でしょうがない。」

これを見たとき、「ちゃんとしなきゃ」とか、「失敗してはいけない」とか、
小さな胸で物凄くいろんなことを考えて、頑張ってる印象を受けたんですね。

なので、例えば周囲から求められる課題のハードルが高いと感じるようなことがあったのかな?とか、
周囲と違う自分を意識するようなことがあったのかな?とか思ったりして・・。

言葉を発する子って、大人はその言葉に関して考えるけど、
その言葉の背景を探ることがとっても大事かなって気がします。
背景がわかれば、対応方法は自ずと見えてくると思いますよ^^

2007-02-20(Tue) 18:54 | URL | sasa #f7A1IA1s[ 編集]

sasaさんへ♪

ありがとうございますv-352

hikariに、「どうしてそんなに忘れ物が怖いの?」と聞いてみました。
すると
「損するような気がするから。」
彼には彼なりの"理想的"な授業の過ごし方、1日の過ごし方があるようで、十分楽しめるはずのことが存分に楽しめなかったり、持ち物がそろっていれば効率的にかっこよく授業が進められたり。
でも、もしも忘れ物をすると、他人の体操服を着ることになったり(かっこ悪い)、教科書を貸してもらわないといけない場合、字が読みにくかったり(効率的に勉強できない・気が散る)…

100%であるはずのことが70%とか60%までにまで下がってしまうことがどうしても許せないのかな、と思います。
それを私たちが求めた覚えはないのですが、何かこだわりのようなものかな、とも思います。

①持ち物の見直しは2回で終わること。
②それでも忘れ物をしたときの対処法を紙に書き上げてそれを読んで落ち着くこと。


これについては、hikariとの話し合いの結果、

①持ち物の見直しの回数は自分で決める。
 2回でも3回でもいいので、その回数をしっかりと見直す。
②それでも忘れてしまったときの対処法。
 ・先生に相談して、どうしても耐えられない忘れ物の場合、お母さんに電話して持ってきてもらう。(これは、ものすごく特別な場合)
 ・友達かmomoに借りる。
 ・我慢して、忘れ物をしたときの学校のルールに従う。
 (体育は見学、学校に備え付けてあるものを借りる、など)


忘れ物をしたことによって理想的な授業、充実した1日が過ごせないことになっても、"それもありうる1日"と、忘れ物をした場合の自分の姿を想像して、その対処法までイメージしておくことで、
突然のハプニングにも気持ちを切り替えられるように考えてみました。

sasaさんありがとうございます。
結論の出ない記事を書いて、ここまで私も考えて、hikariも納得できたようです。
またぶつぶつ言うことがあるかもしれませんが、私も感情的にならないように、そのhikariの"言葉の背景"を冷静に考えてみようと思います。

本当にありがとうございます。
(また、的外れなこと言ってたら、アドバイスをお願いしますv-402

2007-02-20(Tue) 21:39 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

hikari君へ一番届くサポートを考えてあげられる人はmachiさんです。

親って、発達しょう害の専門家にはなれなくても、
自分の子どもの専門家にはなれるっていうのが、
私がお世話になってる専門家の先生の言葉です。
machiさんもhikari君へオーダーメイドに考えられる専門家にきっとなれますよ^^

2007-02-21(Wed) 12:58 | URL | sasa #f7A1IA1s[ 編集]

sasaさんへ♪

ありがとうございますv-352

発達しょう害の専門家にはなれなくても、
自分の子どもの専門家にはなれる


とても勇気づけられる言葉です。
私が目指している私自身は、まさにそれであるかと思います!!

このブログも、専門的な正確な知識はどこまで書けるかわかりませんが、"hikariの高機能自閉症"という捉え方で発信していきたいと思うし、来ていただいた方にもそう理解していただければいいな、と思っています♪

ありがとうございましたv-411

2007-02-21(Wed) 14:44 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/47-ff95e04e

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。