カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

生育暦 -保育園・年長組(1)-

やっとPCが元通りになり、こちらの世界に帰ってくることができました絵文字名を入力してください
hikariは現在小学校5年生。
彼の生育暦を振り返りながら今のhikariへの関わりを考え直していこうとこのブログを書いています。

さて、生育暦に戻ります。
就学という予測のつかない大きなものに向かって、不安を抱えつつも、教室が変わり、momoが年少組に入園し、気分も新たに新しい年度が始まりました。

定期的な発達相談員さんとの面談、保育園との懇談、療育の通院、そして自分でも本を読んだり...
知識にと追いかけっこしながらも毎日違う姿を見せてくれたhikari。
今では当たり前にどの書物にも書かれているようなことが、このころにはとても新たな、新鮮な発見であり、hiakriとのコミュニケーションに役に立っていました。

例えば...
『声かけのポイント』として次のようなことに心がけるようになりました。

●単語を切って明瞭に。あいまいな言い回しを避ける。

例えば、夕方よくある光景。
部屋いっぱいに散らばっているおもちゃ。
そこで母は...

「あーあ~こんなにいっぱい散らかして...
 ちゃんとかたずけんと踏んづけておもちゃ壊れてしまうやんか~
 はよ~かたずけやあ~」

(関西弁ですみません

こういう言い方ではhikariは何をどうしていいかわかりません。
特に、母の語調が強いとますます混乱してしまいます。

複雑な言い回しや「ちゃんと」というような抽象的な言い方ではすぐに自分がどう行動すればいいのかわからないのです。

こういう言い方は次のように言い換えます。

まず、片付けるおもちゃを限定してから(積み木なら積み木だけ、ブロックならブロックだけ)そのおもちゃをどこにしまうかあらかじめ決めておき、

「このおもちゃはこの緑の箱にしまいます」


もうひとつ、hikariへの声かけで気をつけていたことがありました。

●否定を肯定に言い換える。

否定表現をとても嫌いました。
「ダメ」「×」「負け」という言葉を聞くのはとてもつらいものであったようです。
言葉の情報は音として受け取るだけのはずが、彼の場合はそれが頭の中で文字として理解されているようで、その否定語の響きや文字と一緒に不機嫌な母の顔を記憶してしまいます。
そのつらい記憶がその後もフラッシュバックするのでした。

かといって、生活していくうえでどうしても守らなければならないこともあります。

「ドアは開けっ放しにせんといて!」

「鼻水なめたらあかんやんか!」

「黙って(保育園の)お部屋を出て行ったらあかんで!」


こんなふうな言い方、ついついなんの意識もしないでしてしまいます。
なんてことない否定の表現ですが、この保育園のころは意識して肯定表現に言い換えるよう心がけていました。

「ドアは閉めます。」

「鼻水はティッシュでふきます。」

「(いつもいる園舎からちょっと離れた年少組の園舎に)行くときは先生と一緒に行きます。『行っていいですか?』と聞いてから行きます。」


・・・・・・・・・・・・・・

そして言いつけが守れたときには、たくさんのほめ言葉をプレゼントしました。
どうすれば"ほめる"ことができるのか、常に考えていることが大切だと思います。
やってはいけないことを『ダメ』と否定するだけでなく、やるべきこと(正しい行動)を具体的に示し、それができたときに思い切りほめればいいのだと思います。

そうしているうちに、学習・経験することで『ちゃんと』『しっかり』というような言い方の指示も理解できるようになり、ほめなくても"ちゃんと"できるようになってゆくのだと思います。




今は..."ちゃんと""しっかり"の連発です



2007-02-13(Tue) 08:09| 生育暦 -保育園・年長組-| トラックバック 0| コメント 8

コメント

お帰りなさーい!

復活ですね。
machiさんの関西弁、懐かしいです。
「ドア、開けっ放しにせんといて!」…毎日のように、子たぬきに言っていますね。(笑)
 肯定文の関西弁は
「ドアは、最後までしめや~!」ですかね。
 でも、どの子供たちにも、否定文の指示より、肯定文の指示の方が、すーっと入るのでしょうね。
 いつも感じることは、machiさんがhikari君に気を付けてきたことは、特別なことじゃなく、健常児と言われている子供達にもそうしたほうがいいことがたくさん!
自分がいかに子供に甘えているのか…反省させられます。v-356

2007-02-14(Wed) 09:38 | URL | 母たぬき #bOurk9sE[ 編集]

母たぬきさんへ♪

訪問ありがとうございます♪
ほんとに予想以上に長く休んでしまったので、再スタートが不安でした~

そうなのです。
ちょっとだけ丁寧な子育て...それで発達障害児は変わってゆける…私もいつもそう思っています。

今は関西弁で、たいていは普段どおりの言い方で指示しますが、集中力が途切れているときや、プチパニックになりかけているときなどは、わざと標準語っぽく、断定の言い方を強調して、記事中のような言い方で言葉を区切ってはっきりと言うようにしています。

2007-02-14(Wed) 09:58 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

おかえりなさ~い!
PC復活おめでとうございます!
何はともあれよかったです!
 やっぱりmachiさんの記事・コメントがなくてはさみしいです。
とにかくよかったです。

2007-02-14(Wed) 22:16 | URL | 平木 #-[ 編集]

平木さんへ♪

ありがとうございます~~v-352

思ったよりPCは深刻で、結局修理とその後のセットアップでまるまる10日ほどかかってしまいました。
でも、今回のトラブルもいろいろと良い経験になりました(笑)

訪問させていただいているのですが、皆さんとのやり取りを拝見して、なかなかうまくコメントできないでいます。
テーマ、意見の表現、書き言葉での難しさを感じました。
また伺いますね♪

2007-02-15(Thu) 06:19 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

machiさんへ♪

こんにちは♪
こちらのほうも復活ですね。

今回の記事も、私が息子に接するうえで気をつけていたことです。
・・・といっても私の場合、なんなくそのほうが良いのではと思ってやっていたことなので、裏付けをいただいたようで嬉しいです。

記事とは関係ないことでごめんなさい。
machiさんにも、報告させてください。
先日、息子の就学通知書が我が家に届きました。学区外なので、ちょっといろいろありましたが、本当によかったです(涙)
今は、春にそなえてネクタイの締め方を練習しています。

2007-02-15(Thu) 14:26 | URL | Love♪ #ew5kOZ9E[ 編集]

Love♪さんへ♪

こんにちは♪
就学が決まったのですね!!
おめでとうございますv-22
ほっと一安心ですね♪
いろいろ...ありますよね。
hikariも来年の今頃は...
うちの場合は地元の中学校は1つしかないので、そこへ行くか、受験して学区外に行くか、です。
でももう...心は決めていますv-392

否定表現を肯定表現に変えると、気持ちのよいものですよね。
ついつい口にする「すみません」も「ありがとう」に言い換えるとなんだか気持ちが明るくなります。
何も特別なかかわりではないですよね♪

2007-02-15(Thu) 15:34 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

お久しぶりです^^

お久しぶりです。
私もやっとぽつぽつとPCに向えるようになりました。
そう“あいまいな表現を避けて、明確な単語で”伝えるように、我が家も頑張っています。
以前読んだ本に昔、自閉症が親の育て方のせいだと思われていた時代には、そんな風に子供に接する親の姿が冷たい親のイメージに拍車をかけていたとか何とか書かれていました。
machiさんの記事を読んで、まだmoemoのコミュニケーションが殆どとれていなかった時に手に取った本の事を思い出しました。

でも今は“ちゃんと、しっかり”を連発されていらっしゃるんですね。。
うちのmoemoにもそんな日が来るのだろうか?
娘の成長の姿がまったく想像つかないだけにmachiさんの記事は本当に励みになります。

2007-02-15(Thu) 22:58 | URL | ricco #-[ 編集]

riccoさんへ♪

お元気でしたか?
来てくださってとてもうれしいです♪

そう、今は連発ですよ(笑)
「何がどうちゃんとなん?」って、具体的にわからないときは言い返してきます(笑)
自分がどんなふうに困っているか、それも言葉で伝えられるようになって来ました。
"自分を知る"今年のテーマをすこしずつ意識してくれているのかな?なんて思う今日この頃です。

私もまた後ほどうかがいますね♪

2007-02-16(Fri) 12:06 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/41-34e3ee30

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。