カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

情報の受け取り方の特徴

私は薄い紙にボールペンで書く時の感触や音が大嫌いです
でも、momoは平気です。
誰にでも、とても嫌な音だったり感触だったりがありますが、自閉症の人はそれが極端に嫌いであったり、また逆にとても鈍感であったりします。


④情報の受け取り方の特徴
高機能自閉症アスペルガー症候群)の人はある種の感覚に極端に敏感だったり、あるいは鈍感であったりなど、私たちが気にしないような音やにおいが苦手なことがあります。よく言われるのは、ちょっと触れただけなのに、強く叩かれたように感じて「暴力を受けた」と大騒ぎしたりする場合があります。

hikariは風船がとても苦手です
割れなくても、です。
なせなのでしょう?
たぶん…パンと割れる音が私たちが感じるよりもずっと恐ろしい音に感じるのでしょう。
そして、いつ割れるかもしれない
予測もつかないし、余計に恐ろしいのでしょう。
かけっこのスタートのピストルの音も大嫌いです
今でも…ひょっとするとかなり心構えをしていないと、耳をふたしたままスタートラインに立ちます

2歳違いの妹、momoが生まれたころは、その泣き声が嫌いでmomoが泣き出すといっしょに泣き喚いていたものでした。
そのうち、耳をふたすることを覚え、momoが泣いてもお母さんがいればすぐに泣き止むことを学習しました。

そして、視覚優位ということがとても特徴的です。
耳で聞いたことよりも目で見たものをぱっとそのまま理解する…
目でシャッターを押して脳に映像として保存しているようなものでしょうか?
とかく視覚的刺激に強く、この特性は幼児期から今もずっととてもわかりやすい特性として持ち続けています。

耳で聞いて理解するということは、耳から入ってくる言葉ひとつひとつを理解しながらそれを結び付けて、ひとつの事柄としてまとめ上げていく…そういう作業になりますよね。
もしも、その作業中にひとつでもわからない言葉が出てくるともうそこでhikariの『聞く』という作業はストップして、そのわからない言葉について今までの経験や知識を引っ張り出そうという作業が始まります。
そうなると、もう、相手の話を最後まで聞けなくて、結局言われたことに返事ができなかったり、行動に移せなかったり、ということになってしまいます。

でも、そんな視覚優位の特性があらかじめわかっていれば、hikariの援助に大いに役立つのです。
『スケジュールや手順など、伝えたいことを紙に書く』
『文字で表しにくい複雑な状況や表情は、絵に描いたり写真を見せる』

最初は書かなくてはできないこと、書いていないと不安なことも、それを繰り返していくうちに、また、実際に経験を重ねていくうちに、もう書いていなくても、絵や写真を見なくても、耳で聞いただけでちゃんと理解できるようになっていきます。
学習してゆくのです。

こうした情報の受け取り方の特徴を理解してやることは、問題行動の原因を探ることに役立ったり、彼の心の安定にもつながっていきます。



次は…やっと、"生育暦-保育園・年長組-に戻ります

2007-01-23(Tue) 16:55| hikariの高機能自閉症| トラックバック 0| コメント 12

コメント

こんばんは!
 私、ADHDのお子さんは担任したことあるのですが、高機能自閉症(アスペルガー症候群)のお子さんは担任したことがないんです。
 でも、machiさんの記事、とってもわかりやすくて、そうなんだ~、なるほどと納得しながら読ませていただきました。
 その子の特徴って言ったらいいのかな、そこをわかっているかいないかですごくその子に対しての理解が変わってくるのだと、子ども達と接していて日々思います。
 卒業間近になると、この子のいいところや悪いところを知っている私はいいけれど、教科担任制の中学校に行ったら大丈夫かな、って思います。そうすると、自分が担任している間に何とかしたいって思うんです。
 違っていたら申し訳ないんですけれど、一担任の私がそう思うのだから、親としてのmachiさんは、hikari君に対して、ご自分が離れたときのことを常に考えて接しているんだろうなと想像します。
 そういう気持ちがmachiさんのブログにたくさんちりばめられていて、何かとても感動してしまいます。
 
 
 
 
 

2007-01-23(Tue) 21:28 | URL | 平木 #-[ 編集]

なんか、学んだよ。

2007-01-24(Wed) 03:05 | URL | みゆきちゃん #-[ 編集]

子たぬきが幼稚園だった頃、クラスに自閉症を持った子がいました。
やはり視覚優位だったのでしょう。
他の子同士が「戦いごっこ」なんかやっていたら、インプットされちゃって、時間をおいてから、攻撃しに行って(仲間にはいるつもりだったのかな?)、トラブルになることが、多かったと思います。
 結局…その子、他のお子さんと大きなトラブルが起きちゃって、転園しちゃったのですが、受け入れた園が他の保護者にも、そして子供たちにもきちんと分かるように症状を、説明してくれていたら、もう少し違った受け止め方が出来たと思います。
 特徴を知れば…係わり方で、気を付けられることも、増えますよね。v-22
 

2007-01-24(Wed) 10:04 | URL | 母たぬき #bOurk9sE[ 編集]

初めまして

小2で高機能自閉症の息子の母です。
ぴよこさんのブログから来ました。
毎日、息子の自由で大らかで一生懸命な世界に感心しつつも、ゲッソリすることもしばしば・・・
machiさんはホントに熱心に勉強されてますね。
見習わなければ・・・
また、来ますね~
よろしくお願いします。

2007-01-24(Wed) 14:13 | URL | まっぷー #-[ 編集]

こんばんは

佐藤暁先生の言葉をお借りすると、
多数派といわれる私たちの記憶は「動画ボックス」を上手に配置してて、
その中にはたくさんの動画が流れています。
動画なので、巻き戻しも再生も滑らかに行える。
一方、発達障害を有する人の記憶は、
動画の特定部分を静止画像にして、更にそれを紐でとじて、束にして持っている状態。
なので、簡単に取り外したり差し替えたりすることができない。

代表的な困り感として知られる急な予定変更の苦手さも、
記憶画像の違いが大きく影響していると思います。

視覚優位という言葉を使われることが多い子たちですが、
視覚優位だから書けばいい、見せればいいというわけではないですね。
その子の持っている静止画像をいかにスムースに安心して引き出し、
本人が自信を持って行動できるためのツールとしてこちらが提供できるかが大事かと思います。
視覚支援はこちらの都合が優先されるためのものでなく、
あくまでも子ども自身のQOLを高めるためのものと私は考えています^^

2007-01-24(Wed) 21:21 | URL | sasa #f7A1IA1s[ 編集]

平木さんへ♪

読んでくださってありがとうございます。

確か、担任をされているのは6年生でしたね。
もうすぐ卒業ですね。
ひとりひとりのいろんな表情を思い浮かべながらきっとコメントを書いて下さったんじゃないかと思います。
個性というものの前にその子の持つ本質的なものがありますよね。
どうしてもかえられないもの…それを先生に見抜いてくれ、というのはいろいろ考えてとても無理な注文だと思います。
だからこそ、親の出番であり、いずれは自分で伝えられるように…
まだまだ覚悟、というまでは行きませんが、いつかは自分の力で…歩いていってほしいと思っています。

2007-01-25(Thu) 11:58 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

みゆきちゃんへ♪

感覚の違い、というのが人それぞれにある、ということはわかっていても、人のその"感じ方の違い"を理解するのは簡単なことではない…ですよね。
でも…わかろうとする、わかってもらおうとする、という努力は必要なんじゃないかな、と思います。

2007-01-25(Thu) 12:01 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

母たぬきさんへ♪

大きなトラブルで転園…
その方にその後よい出会いがあったことを祈りたい気持ちです。
診断を受け、親の理解があれば子どもは変わると思います。
hikariが小さいころ「関わり方で子どもは変わるよ」といわれた言葉が今も心に強く残っています。
でもそのころはその意味がわかりませんでした。
愛情さえ持っていれば…それを否定されたようでとても反発の気持ちがあったのです。
でも…今はわかります。
幼児期に、いえ、少しでも早い時期に気がついて"関わり方"を工夫すること。
とても大切だと思います。

2007-01-25(Thu) 16:18 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

まっぷーさんへ♪

はじめまして♪
まっぷーさんのお部屋におじゃましてまっぷーさんがのび太くんに向けるなんともいえない優しい視線に私までとても幸せな気持ちになりました。
"自由でおおらかで一生懸命な世界"…とってもすばらしい言葉です。
私、hikariがのび太くんと同じころにそんなふうに見てあげられていたかな?
私、勉強なんてぜんぜんしてないです。
診断を受けた当時はいろいろ本を読んだりもしましたが、それ以降はほんとに区切り区切りのhikariの様子をフォローしていくのに必死で…
今、こうしてブログという手段を持って、何か自分の中で整理していっているような感じですv-356

つたない内容ですが、またどうぞ遊びに来てくださいね♪
私も、のび太くんに会いにいきますね♪

2007-01-25(Thu) 16:27 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

sasaさんへ♪

こんにちは♪

視覚優位、というのはとってもわかりやすい困り感、というのでそれに頼りすぎるきらいは感じていました。

『視覚支援はこちらの都合が優先されるためのものでなく、
あくまでも子ども自身のQOLを高めるためのもの』

そのとおりですね。
何でもかんでも書いておけば安心する、というのではない、というのは実感としてありました。
起こってくる"困り"の種類でどんな方法での援助がよいのか、そのたびに決して私たちの都合でその方法を決めてしまってはいけませんよね。

『QOL』=生活の質…こんな言葉も知りませんでした。
また教えてくださいね。
(そして…もし、へんな記述をしていたらご指摘して頂けるとありがたいです…)
これからもよろしくお願いします。

2007-01-25(Thu) 16:42 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

おはようございます♪

風邪気味でしばらくご無沙汰しておりました。
専門的なことはよくわからないのですが、私も、息子に対して今回の記事のように接してきたなぁ感じました。machiさんの記事を読むと、自分の息子への接し方は間違っていなかったと思え心強いです。

一方的に押し付けず、本質を理解して本人にとっての逃げ道をつくってあげることがいかに大切なことかと最近は実感しています。
昨日も、息子は人が鼻をかむ音が苦手で耳を押さえながら寝ていました・・・(どうやら、妹の鼻をかむ音が隣の部屋まで聞こえていたようです)
また食事中、お皿をなめるクセがやめられなかったのですが、最近は自分から食べ終わったお皿を私のほうによこすようになりました。(目の前にあるとなめてしまう自分に気付いたようです)自分で逃げ道をさがせるようになったことに成長を感じました。

ただ、周囲の人がそれらの行動が彼にとっての解決方法であるとの理解がなければ無意味なものになってしまいます。
”周囲の理解を得る”・・・永遠の課題のような気がします。

P.S  私は、チョークの裏で黒板を書く時の「キィーー」という音が苦手です(笑)

2007-01-28(Sun) 06:59 | URL | Love♪ #ew5kOZ9E[ 編集]

Loveさんへ♪

こんにちは♪

Love♪さんにそんなふうに言っていただけてとてもうれしいです。
"逃げ道"を作っておいてあげること、大切ですよね。
それを自分で見つけ出して、自分の判断で行動できたら…その姿を目の前で見ると感動しますよね。
「おさらを視界から遠ざける」それだけのこと(と周囲からは見えるでしょうが)に感動してしまいますよね。

"周囲の理解を得る"、私たちはいろんな人、いろんな子どもたち、いろんな考えがあることを理解しお互いが歩み寄ること、この子達の世界を理解するためだけでなく、普通に住みよい世界を作ってゆくための…永遠の課題なのかもしれません。
私もそう思います。

お体どうですか?
私もちょっと体調がすぐれませんでした。
今度はPCの調子が…
思い切り胃が痛いです(笑)

2007-01-28(Sun) 15:58 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/39-09142651

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。