カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

人とのつきあい方の特徴

保育園のころは"お約束"という、まあ、慣例みたいなものがあって、毎日のように降園時に誰かの家に遊びに行く約束をしていました。
hikariも、その流れに身を任せるように(笑)遊びに行ったり、遊びに来てもらったりしていました。

小学校に上がってからはスケジュールどおりの生活が板につくにつれて、放課後に友達と約束して遊ぶ、または不意に友達が遊びにくる、ということはだんだんとなくなり、今は全くありません。
休日も、自分の予定をこなすだけです。
時々、友達と頻繁に行き来するmomoを羨ましそうにすることはあっても、そんなに淋しくもなく、そんな自分に不満でもなく、予定通り進んでするべきこと、したいことをやり終えた日曜の夜は満足感いっぱいの笑顔だったりします


③人とのつきあい方の特徴
相手の気持ちを感じ取ったり、自分の気持ちを相手に伝えることがとても難しく感じたりするので、あまり友達ができなかったり、人といっしょに過ごそうとしなかったり、ひとりでいるほうが安心、という人もいます。
また逆に、人と話すことにとても関心があって、自分の得意な話題を一方的に話しかけたりする場合もあります。


はい。全くそのとおりです(笑)
現在の…いえいえ、これからのhikariのもっとも大きな問題点、課題であると思っています。

相手の目を見て話すのが苦手。
関心のないことにうまく話をあわせられない。
また、共通の関心事があるとあらかじめわかっている人としか話したくない。
年齢にふさわしくない話題を好んだりする。
仲間に入るのにどう声をかければいいかわからない。
ざわざわしたところで相手の話を聞き取るのに疲れる。
自分の言ったことで相手が怒ったりしたら困る。(なぜ怒るのかがきっとわからないから。)
自分の言ったことで相手がどう思うのか想像力に欠ける。
複雑なルールや暗黙の決め事などがわからない。
冗談を本気にしてしまう。



(まだまだあると思うのですが・笑)これだけ困難があると、「もう、ひとりでもいいわ」と思ってしまいますよね
少し前までは
「僕は友達があんまりいない。」「学校でしか友達と遊ばない。」
と少し悲しそうに言ってましたが、そのたびに私は
「友達がたくさんいなくてもいいやん。大好きな友達が、hikariが安心していっしょにいられる友達が、たとえひとりでもいいからいるんなら、それでいいやん
そんなふうに、繰り返し話していました。
(心配なこと、また逆にうれしくてしょうがないことは、繰り返し繰り返し私にいって、返事を聞いて安心します。)

事実、保育園のころからずっと、誰に指導されるでもなく、hiakriのことをさりげなくフォローしてくれる優しい男の子が近所にいます。
(彼のお母さんは私の高校の同級生で、小学校の先生をしています。)
hikariはその子のことを"親友"といいます。
彼はそんなふうには思っていないかもしれませんが、私はhikariがそういうのならその彼は"親友"だと信じています


こんなhiakriですが、ひとたび「この人は安心できる」と思うと、それはそれはうれしくて飛び上がらんばかりに人なつっこくなります。
hikariは"人とのつきあい方"にたくさんの困難を持っています。
でも、決して一人ぼっちが好き、仲間はずれにされても平気、というのではないのですね。

『ふしぎだね アスペルガー症候群(高機能自閉症)のおともだち』(内山登喜夫 監修 ミネルヴァ書房)からの引用です。

あまり人と一緒にいたがらないからといって、いじめられ仲間はずれにされても平気ということではありません。
一人でいてもよいのです。
でも、無視したり仲間はずれにしたりはしない。
そういうつきあいを"おたがいを尊重したつきあい"といいますね。



"人とのつきあい方"は、日々の出会い、困惑、戸惑い、トラブルの中で、悩み、感じて、学んでいきながら、彼なりのコミュニケーション力をつけていってほしいな、と思います。
そして、彼の持ついろんな特徴を、そのまんまの彼を受け入れてくれる仲間(一緒に、同じ空間にいるだけで私は"仲間"であると思います)であってほしいな、と思います。

子どもは誰も純粋です。
それゆえに残酷な面も持ち合わせています。
でも…心で感じ取るものは純粋である、と子どもたちを信じたいです。



次は、④情報の受け取り方の特徴についてです

2007-01-19(Fri) 22:50| hikariの高機能自閉症| トラックバック 0| コメント 10

コメント

こんばんは!

一人でいるのが平気…子たぬきもそうです。
「昼休み、誰と遊んだの?」と聞いても
「一人で。」ということも。^^;
 普段は「自分にはピアノがあるから。」と友達と遊んだりすることは、ほぼないです。
「習い事が無い日は、約束してきてもいいよ。」と言っても…ストイックに時間の確保に励んでいますね。
そんな我が子の人間関係…すごく心配でした。でも、学校は楽しいみたいで、話は誰とでもするそうです。
「病名」を持っていようと、いなかろうと、「一人でいることが楽な子」っているのですね。性格的に…。
幼稚園の頃は「友達がいないのでは?」と気になっていましたが、最近は子供のスタイルが理解できるようになりました。
何だか…だらだら書いちゃって、ごめんなさいね。v-436

2007-01-19(Fri) 23:39 | URL | 母たぬき #bOurk9sE[ 編集]

母たぬきさんへ♪

おはようございます♪

子たぬきくん、ほんとにストイックなほどにピアノが好きなのですね。
母たぬきさんのブログをずっと読ませていただいていて、母たぬきさんと子たぬきくんが一緒に正面からピアノに向かっている姿が素敵だな、といつも思っていました。
いろんな子供がいるのですね。
世間一般に言われている子供らしい子供という姿にとらわれなければ、友達関係だけに縛られない、自由な自分の時間の過ごし方がありますよね。
ただしhiakriの場合は、『支援と配慮を必要とする個性』なのだということを忘れてはなりませんが。
("Happy Smile"sasaさんの言葉をお借りしました。)

2007-01-20(Sat) 08:15 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

人との付き合い方、難しいですよね。

2007-01-20(Sat) 09:26 | URL | みゆきちゃん #-[ 編集]

みゆきちゃんへ♪

障害があってもなくても人との付き合いは難しいですね。
みゆきちゃんの鉛筆画素敵!
URL入れてくれてありがとうv-22
また遊びにいきますね♪

2007-01-20(Sat) 10:39 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

こんばんは

人との付きあい方の特徴・・・を読んで、数年前の出来事を思い出しました。本当に・・書いてあるとおりでした。
目を合わすのが苦手・・・とてもよくわかります。

お互いを尊重した付き合い・・・そうですね。お互いの個性を認め合うこと・・。そして、相手が心地よいという思いを理解してあげること・・。一緒に行動するときもあれば、そっとしてあげるときも必要・・。
子供は純粋であるけれど 残酷な面も持ち合わせている・・・本当です。
みんなが一緒に生活したり学んだりする中で・・お互いが理解してゆけたらいいなと思っています。昔も、今も・・・。

2007-01-20(Sat) 23:38 | URL | sara #ls0kNZmc[ 編集]

親友。

こんにちは。
その親友を大切にしたいですね。
一人のほうが、自分の段取りでことを進めやすい
のでしょうが、世に出ると様々なタイプの人間と
嫌でも接さなければなりませんよねぇ。
面倒だけど少しずつでも人に接していれば
だんだんと河の小石のごとく、しなやかに
交わしてゆく能力が身につくでしょうね。
おじさんなんかツルツルだぜ。(笑)
よく「暖簾に腕押し」なんて褒められます。

2007-01-21(Sun) 11:42 | URL | moukun #-[ 編集]

saraさんへ♪

こんにちは♪

生後1ヶ月くらいで「目が合う」というのは、人がこれから獲得していく社会性への大きな第一歩だと書いてありました。
表情を読み取ったり、相手の気持ちを探りながら話そうと言う気持ちが薄いのできっと目をあわせないで話すことに不都合がないのでしょうね。
どうしても訴えたいことがあるときは、さすがのhikariもじーっと目を見て話しますよv-392

前にもどこかで書いていましたが、小さいころから障害を持つ人とも、年老いた人とも、いろんな人と一緒に生活していくだけでいろんなことが学べると思います。
日本は宗教の対立も少なく、民族の対立も経験がない…
そんな国民性が底辺にはあるのかな、と思います。

2007-01-21(Sun) 16:54 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

moukunさんへ♪

ツルツルのmoukunさんこんにちは♪(笑)

「暖簾に腕押」…うふふ…hikariもそんな一瞬があります。
基本、争ったりもめたりすることが苦手です。
クラスでは勉強以外であまりしゃべらないんだそうです。
なぜかと言うと、わ~っと言い返されたりしたらいやだし、、自分が話題の中心になると緊張してしまうから、だそうです。
そういう気持ちを言葉で伝えられるようになったことで彼の心理がよくわかるようになり、何事にも彼なりの理由があるんだな、と変に感心します。

親友…私自身も親友、と言える人は1人か2人ですね。
それで十分だと思うし、hikari自身が、そんなふうに思いたい人が今もういることが…それだけで私は満足です。

2007-01-21(Sun) 17:01 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

こんにちは

友だちはいるならそのことはとてもステキなことだと思うし、
いなくても、今はまだ出会っていないだけですしね。
本人が移動手段を持たない小学生の人間関係なんて、
とても狭い世界の中だけの話しですもの。
子ども同士の関係が難しくても、
今大人と関われていれば大丈夫。
今周りにいるお子さん達もいずれ大人になって、
私たちの子よりも格段に人つきあいが上達して、
一方的な話しにもうまく対応してくれるようになりますから。
あと、コアな話しをすることを重宝がってくれる人も、大人社会には結構いますしね。

自分の子どもの世界観をお互い大切にしてあげたいですね^^

2007-01-22(Mon) 12:46 | URL | sasa #f7A1IA1s[ 編集]

sasaさんへ♪

こんにちは♪

そっかあ~v-352そうですね♪
学校から帰ってからちっとも友達と遊ばないし、「学校ではあんまりしゃべらへん」とか言うし…正直、ちょっと淋しいんじゃないかって、"しょうがない、それでhikariがいいと思っているんなら"とは考えても、なんだかかわいそうに思ったりもしていました。
もっと生活範囲が広がってくれば、自分でいろんなところに出掛けられるようになれば、また彼なりに世界が広がってゆきますよね。
彼を取り巻く人たちも今のままではないですよね。

何だか希望がわいてきた気がします。
彼らなりの"世界観"…わかってやらねばv-343

2007-01-22(Mon) 16:18 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/38-3f1c88c7

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。