カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

言葉についての特徴

知的な遅れの目立たない自閉症であることが高機能自閉症アスペルガー症候群)の大きな特徴なのですが、それだけに気づかれにくく(本人や家族が気づきにくかったり)その結果、誤解を受けやすかったり、叱られてばかりで自信を失っていたりというようなことがあります。

そんな高機能自閉症アスペルガー症候群)の特徴をもう少し具体的に、hikariの普段の姿と照らし合わせて書いていこうと思います。

主に次の4つのことにまとめてみようと思います。

①言葉についての特徴
②こだわりなどの特徴
③人とのつきあい方の特徴
④情報の受け取り方の特徴


…書いてゆく途中で、増えたり減ったり、こんがらがってきたりしたらすみません…
年長組の生育暦に入る前に、PEP-R検査でわかってきたhikariの姿は今も通じる特徴であり、たどってゆけば、高機能自閉症アスペルガー症候群)の特徴でも当然あるので、しばらくmachiの頭の中の整理にお付き合いください





ではまず、今日はこの項目から書かせて頂きます。

①言葉についての特徴
とてもたくさんの言葉や漢字などを知っているように見えても、実際には言葉の意味をきちんと理解していなかったり、複数の意味を持つ言葉を使いこなせなかったり、あいまいな表現に戸惑うこともあります。

hikariは、漢字はもちろん、ことわざや熟語を覚えることは得意でたくさんの"言葉"を知っています。
でも、まさに本当の意味で…知っている言葉だからといってその全てを使いこなしている、という感じではありません。
使い方を間違えます。
少し笑えますが、無理して難しい熟語を文の中に入れようとするので、
『頭痛が痛い』的な表現をしたりします。

最近は少なくなりましたが、助詞(助動詞)の使い方を間違えることが多かったので、文章の意味が変わってしまって、正確に伝わらない、ということも多かったです。
『今日、A君僕のうちに遊びにいく
A君が遊びにくるのか、A君の家にhikariが遊びに行くのか、はて?
というようなことが常にありました。
実は今も…時々こんがらがります(笑)

そして、"あいまいな表現"がとても苦手です。
私たちは何かを頼まれても、それをしたくなくて断る時、相手ががっかりしないように
『ごめんね~今はちょっと忙しいから後にしてくれる?』
とやんわり表現します。
すると…
『"後"っていつ?何分ぐらいしたらしてくれる?』
"後"の時間が来るまで待つ覚悟のhikariです
その"後何分"を言ってやらないと、いつまでも不安な気持ちで待ち続けるのです。
だから、どうしても今日中にできない時、どうしてもしたくないとき、拒否の気持ちをはっきりと伝えるほうが彼にとっては明解でわかりやすく気持ちがすっきりします。
周囲の人はびっくりするかもしれませんが、私はhikariにはそのあたりはっきり言うのでとてもきつい言い方に聞こえると思います。
まあ…momoは『いつものことやわ』と慣れていますが

まだあります(笑)
急に雨が降ってきたとします。まだ乾いてるはずのない洗濯物、室内に取り込まなくてはなりません。
『hikari~洗濯物入れて、かけといて~!』
なんて複雑(?)なことを言おうもんなら…
まず、『洗濯物を入れる』ところで彼のスイッチは一時停止します(笑)
『洗濯物を入れる?どこに入れるの?かご?洗濯機?(…とそこまでは勘違いしないか)』
『それから…え~~っと…なんやったっけ?"かける"?なにを?』

えらく時間がかかっているようなので『しょうがないなあ…たぶん…』と思いながらベランダへいくと、ためらいながらまだ湿っている洗濯物をハンガーからひとつずつはがして床においています
言い足りない言葉の意味をうまくくめずにそこで躓いて行動に移せないでいる…
これがもしもmomoなら、ハンガーごと取り込んで、室内のハンガーをかけられそうなところに干しておいてくれるでしょう。
(ハンガーをどこにかけるかわからなくても、"おか~さん!どこにかけとけばいいの?"と聞いてくるはずです。)



人とのコミュニケーションは主に言葉を介して行われます。
言葉数が多いだけに『わかっているはず』と思われて、なのに、意味の通じない変な主張をしたり、適当に言った言葉に理解を示さず気が利かないやつだと思われたり、そのあいまいな表現を言葉の字義通りに受け取って自分の行動や感情を抑制されて苦しみます。

そんな言葉についての彼の特徴を理解しておけば、自然と行動の修正にどんな言葉かけをすればいいか見えてきます。





次の記事は②こだわりなどの特徴についてお話します

2007-01-17(Wed) 14:22| hikariの高機能自閉症| トラックバック 0| コメント 12

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007-01-17(Wed) 15:01 | | #[ 編集]

↑コメントをいただいた方へ♪

こんにちは♪

あ…そうだったのですね。
私もさっきもう一度、もしや…と思って見に行きましたv-356
うまくフォローできなくて申し訳ないです。。
こちらへのコメントは気にしないでくださいね。
もしよろしければ『日々~』のほうに遊びに来てください。
このページのリンクに入っていますのでv-22
ありがとうございました♪

2007-01-17(Wed) 15:08 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

こんにちは♪

高機能自閉症。
この病名を知ったのは、数年前のドラマだったわ。
周囲の理解が必要よね。
そうでなければ、誤解を受けやすいものね。
慌てている時など、何も考えずに言うとこんがらがるわよね!?
と言っても、口で言うのはたやすいけれど。。。

2007-01-17(Wed) 16:55 | URL | wakazukuri #-[ 編集]

wakaさまへ♪

こんにちは♪

実生活の中でどれだけhikariが困難な思いをしているのか、hikariだけではない、たくさんの子どもたちがわかり辛いなかで生活しているのか…それを少しでもたくさんの人に知ってもらえたらな、と思っています。
とても知識不足でお恥ずかしい文章ですけど、私とhikariの実態(笑)です。。

ドラマ…なんだっけな~?
私も記憶があります。
ともさかりえさんのドラマのことですよね?

2007-01-17(Wed) 17:08 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

ちょっと前の

草薙君のドラマで、同じようなことが表現されていましたね。
「ちょっと待ってて。」…ちょっと、てあいまいな言い回しですものね。どのくらい待てばいいのか分からなくなるのは、当然かもしれません。
同じ病名が付いていても、人によって症状の出方が違うと聞きます。こだわっている部分や不安を感じる部分も、違うでしょう。
でも…大きく見て、どうやって接するのがよりよいのか、そういうこと多くの人が知っているといいのですよね。e-53

2007-01-17(Wed) 19:37 | URL | 母たぬき #bOurk9sE[ 編集]

言葉の難しさ・・・

こんばんは。
言葉って・・・こんなに生きてきた私にも、未だに難しいものです。
あいまいな表現も、随分と使っていることに気づきました。
あいまいな表現があるのは日本だけですから、日本語って実は難しいのですよね。

覚えることは抜群なhikari君・・・
色々な経験を重ねて、そこに適した言葉も関連付けていけるといいですよね。

ブログでも、自分の気持ちを伝える手段は言葉。
説明不足だったり、意味の伝わらない文章だったり、
私自身も、毎日ヒヤヒヤしながら・・・それでも言葉の中に込められた、
温かい想いを感じている毎日です。

2007-01-17(Wed) 20:02 | URL | 水無月 #-[ 編集]

本当に難しいことだけど・・・

言葉・・・
わかりあってゆきたいですよね。
たとえ・・・時間がかかっても・・
途中で・・・中断してしまっても・・
わかろうと努力をしてゆけば、伝わってゆく・・そう信じたいです。
そして、私たちも わかろうとしなければいけないと思います。

いろんな言葉、そして心を・・・。

2007-01-17(Wed) 21:03 | URL | sara #ls0kNZmc[ 編集]

母たぬきさんへ♪

こんばんは♪

そうそう…『僕の歩く道』のあのシーン…
泣けましたよ~v-409
言葉を字義通りに取る、「ふざけてるの?」と言われそうなことを言ってしまうのです。
でも、そうじゃない。
それは、たとえその人にコミュニケーションの障害があるということを知らなくても、その人と長く付き合っているとわかってきます。
そんな子どももいるんだ、そんな人もいるんだ、ということをわかってほしいです。

2007-01-17(Wed) 21:09 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

水無月さんへ♪

あいまいな表現があるからこそ、それが日本語の美しさであったり、思いやりであったりするのですよね。
hikariには「あいまいな言葉」も「これは、こういう意味で使っているんだよ」ということをその都度教えるようにしています。
それを持続して覚えていないことが多いので何度も言わなくてはならないのが難点ですがv-356
でも…覚えるしかないのです。
自然に身につけることができないのなら…

言葉の難しさ、そして美しさはいつも感じますね。
ブログをすることで改めて考えました。
水無月さんときっと同じ思いですv-352

2007-01-17(Wed) 21:14 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

saraさんへ♪

そう…たとえ今はうまくいかなくても、心がちゃんと相手に、伝えたい人に向いているなら、きっと言葉は届くと思います。
私たちでも難しい言葉…
"立派な大人"(『光とともに』に出てくる言葉です)になるために、避けて通れないことは、ちゃんと教えていかなくては、と思っています。
そして…たくさんの人が『生きにくい』子どもたちを理解してほしい、と思います。

2007-01-17(Wed) 21:23 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

こんばんは。
記事を読んでて、なるほどなぁ、と思いました。
きちんと区分けをするのですね、にいにいは。
あいまいに逃がす私たちが間違ってるのです。
うん。
けど、いろんな場面で特に日本人は難しい
よねぇ。
ジャパニーズなんとやらじゃないけど、詫びサビ
なんてあったりして。
サムライの国ゆえにねぇ。(笑)
やっぱり体当たりで覚えていくのがいいのかなぁ?
けど、それが精神的負担になったらいけないと思うのでバランスを上手に見てあげる必要が
ありますね。
しっかりアンテナ張ってあげてね。
我が家のワイフは会話が下手です。
(おい!女房の悪口かよっ!)
いやいや、そういうわけじゃないのですが、
気持ちが先走って喋るタイプなので、
「誰が?」「いつ?」「どこで?」
いちいち聞き直さないといけない。(笑)
個性だととらえてます。(笑)

2007-01-17(Wed) 23:01 | URL | moukun #-[ 編集]

moukunさんへ♪

おはようございます♪

そうなのです。hikariは言葉をちゃんと聞いている(と思う)のですが、辞書でその言葉の意味を調べるように頭の中のhikariの辞書をぱらぱらとめくってそこに書いてある意味(ひょっとするとひとつしか書いてない)を当てはめて相手の言っていることを理解しようとします。
もしも意味のわからない言葉が出てくると…
そこでhikariの思考はストップv-394
結局相手の話を最後まで聞けず、会話が成り立たなくなる、というわけです。

あいまいな表現、包みふくんだ表現というのは、社会でごく普通に生活してゆくうえで、決して避けられないものです。
外国でももちろん高機能自閉症の子どもはたくさんいて、専門機関によるサポートが充実しています。
サムライの国だから生きにくい、というのでもないと思うんですよね。
経験が多いわけでも"立派な大人"というわけでもない私が彼をどこまでサポートできるのか…不安はつきませんが、いっしょに育つ、そこにすがるしかありません(笑)
私なぞも…papaから見れば不可解な宇宙人に見えるかもしれませんよね(笑)

2007-01-18(Thu) 08:00 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/36-5e40d598

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。