カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

ひとりじゃないよ

昨日衝撃的なニュースがありました。
また…という言葉が必要かもしれない悲しいニュースです。
山形県の小学校5年生の男の子が学校のトイレで首吊り自殺をしたというのです。

小学校5年生といえば、hikariと同じ年です。
昨日hikariは、3学期になって班替えをしたり、係りを決めたり、3学期の活動に向けて学級でいろいろなことを話したり、喜んだりがっかりしたり…
新学期らしい1日を過ごして帰ってきて、まだランドセルをしょったまま、黄色い帽子をかぶったまま、
「あんな~今日な、班替えしてな…」
話し出したら止まりません。
がっかりやちょっとしたうれしさやワクワクする気持ちを寒さで赤くなったほっぺ、かさかさした唇でしゃべり続けました。
聞いていた私は、とても幸せでした。
私に、今日あった出来事を、かえってきたそのまんまの格好で、息を切らせながら話すhiakri
次に話そうと、おんなじ格好でソファに座って、まだかまだかと待っているmomo
2人とも愛おしくて、ぎゅ~ってしたくなります



今朝もこのニュースの報道は続いていました。
この小学校5年生の男の子は軽度発達障害が疑われているという報道がありました。
スポーツは得意で、バレーボールのスポ少に所属していたり、走りが速く活躍していた…
だが時々、急に教室を飛び出して保健室やトイレに行ったりして、行動に問題もあった。
そして、服薬もしていたというのです。
それを聞いて、私は
「またか…
とても胸が苦しくなります。

ひとりで苦しんでいたのだろうか?
いや、でも、服薬していたということは家族も認識して理解していたはず。
じゃなぜ?
学校は、軽度発達障害を持っていたのかもしれない(これはあくまで推測です)子どもに、どんな配慮をしていたのだろう。
この子の担任は、休み時間もいつも教室にいて、この子の行動を見ていたとも言われている。
でも、たまたまこの日は行事があって目を離した…
担任の先生はどんな思いでおられるのだろう?
…もういろいろなことが頭をよぎって、とても苦しいです。

一人の子が教室を飛び出す。
先生が追いかける。
教室が…教室に残った子どもたちがフリーになる。
先生が足りない。
教室を飛び出した子どもを追いかけて思いを聞いてやる人がいない。
どんな思いで毎日学校に行っていたのだろう?
学校は、先生は、友達は、勉強は…その子の目にはどんなふうに映っていたのだろう?

自殺も、いじめも、不登校も、教室にいられない子どもも、それぞれどんな思いでいるの?
聞いてあげたい。
話してほしいよ。
そばにいてあげたい。
そんな人は近くにいなかったの?
うまくあなたの心に近寄ってくれなかったの?
ひとりじゃないのに。
あなたが生きていること、そこにいること、それだけで幸せだ、って思っている人は必ずいるよ。
だから…もう、死なないでよ。
命はそんなに簡単に書いたり消したりできるものじゃないよ…



2007-01-11(Thu) 10:44| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 16

コメント

こんばんは♪

苦しい。。。
せつない。。。
machiさんの想いがすごく伝わって。。。

ひとりじゃないよ。
ホントにそうですよね。
身近にいる人に、まず話してみて。
でも、もしなにか信号を送っていたのなら、
ささやかな、微々たる信号でも、気付いてやることができたのなら。。。

2007-01-11(Thu) 22:41 | URL | wakazukuri #-[ 編集]

wakaさまへ♪

ありがとうございます…私の気持ち感じてくださってv-409
hiakriの身にも起こることかもしれない、彼もどう感じて学校で過ごしているのだろうと思うと…他人事には思えない胸の苦しさがあって…
朝、たいていpapaといっしょにワイドショーを見ていますが、毎日のように話し込んでしまいます。
子供なのにね…辛かったろうに、って。

私…自営業でなかったら、きっとじっとしていないと思いますv-398

2007-01-12(Fri) 17:17 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

こんにちは。
今回の子供さんが障害を持っていたというのは
未確認ですが、少年少女が簡単に自らの命を
絶ってしまう事態が頻発してます。
次女の中学校では昨年だけで2人。
心によりそってあげる。
大切なことですね。
せめて、一番身近で一番大切に思っている
家族くらいはピッタリと心を寄せてないとね。
それと並行して言えるのが、世を儚んで、
という言葉どおり、将来に希望が見えない
子供が増えてるんだと思います。
世の大人達はイキイキとした姿を子供達
に見せるべきです。
「え~な~大人は。はよ大人になりたいな~。」
と思わせたら勝ちです。(笑)

2007-01-12(Fri) 17:19 | URL | moukun #-[ 編集]

moukunさんへ♪

ええv-405お嬢さんの学校で2人もですかv-406
周囲の子供たちへの心のケアも大切になってきますよね。
そして家族が…一番のよりどころであることを祈るばかりです。

「はよ大人になりたいな~」
ほんとに。
そう思ってもらえるように、私たちが背筋を伸ばしてニコニコしていないとね。

2007-01-12(Fri) 17:29 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

勉強不足で…

なんとコメントしていいのか、正直分かりませんが…。
軽度、て難しいですよね。
軽度なら…一人で解決できるのでしょうか?
普通と言われる人(子供)でも、深く不安定な時もあり、叫んだり、暴れたりすることもあります。
そんな時、やはり誰かの手が、必要なんですよね。
 大抵の場合、親は味方ですよね。誰か、いるはずだし、いて欲しいと思いますね。
仮に今、孤独を受け入れてくれる人がいなくても、生きていればいつか必ず、現れますよね!
だから、本当に死なないで欲しいです。
生きたくて、生きられない人もたくさんいるのだし…。v-354

 

2007-01-13(Sat) 10:11 | URL | 母たぬき #bOurk9sE[ 編集]

母たぬきさんへ♪

いつも一生懸命コメントを考えて気を遣ってくださっているのがわかります。
ありがとうねv-352
"軽度"というい方も、何だか変ですよね。
じゃあ、けっこうだいじょうぶなんじゃないの?なんて言われそうでv-356
"高機能"なんていうのも同じ…
hikariの診断名は"高機能自閉症"だったけど、今はあまりそういう言葉は使わないような感じも受けます。
じゃあ"低機能"もあるの?って。
("低機能"という言葉も見たことがあります。何だか…ですよね)

自分のことをもっと好きになってほしいな~
そして、未来には、今よりももっともっと楽しいことがたくさんあるんだ、と信じて心を開いてほしいな、って思います。

2007-01-13(Sat) 17:33 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007-01-13(Sat) 22:10 | | #[ 編集]

こんばんは!

 なんかとてもかなしい事件です。
 生きることを教える学校で命がなくなる
 こんな悲しいことってないです。
 
 machiさんの言うとおり、
その子がどんな思いでいたのか・・・・。
 すごく切なくなってしまいます。

 なんか、うまく言えないけれど・・・・ 
 

2007-01-14(Sun) 01:09 | URL | 平木 #-[ 編集]

記事を読ませて頂いて、machiさんのような暖かな目でわが子を見ることが出来たらどんなに子供は幸せかと思ってしまいました。
いつも心に余裕が無い私です。
早くしなきゃ早くしなきゃといつも時間に追われている気分の私なので、子供にも「早くしなさい!」を連発してしまいます。

私自身、子供の頃から軽いいじめにあっていました。
その事を親に言うと「気にするんじゃないよ」と一言で片付けられてしまいました。
記事を読んでいて、machiさんのような人が子供の頃そばに居てくれたら・・そう思ってしまいました。
それにご主人とそういうお話が出来る事って良い事ですよね。
夫とはニュースを見ながらそういう話をしたくても相手にしてもらえません。
子供の頃も今も、話を聞いてくれる人がそばに居ない私です。

ごめんなさい、自分の愚痴になってしまいました。
お許しを・・。m(_ _)m

2007-01-14(Sun) 09:25 | URL | ぴよこ #YrGnQh/o[ 編集]

平木さんへ♪

そうですね。。。
現場にいらっしゃる平木先生は、また私たちとは違うことも知っておられて余計に辛いとお感じでしょうね。

全国で普通学級に在籍する軽度発達障害の子どもが68万人とも言われています。
専門の指導員を3万人に増員すると聞いて、これは明るいニュースかと思ったら、全公立小中学校に1人の配置、だそうですね。
多いのか少ないのか…
その1人を軸にして、先生全員の理解と援助があることを祈ります。

2007-01-14(Sun) 11:10 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

ぴよこさんへ♪

辛い気持ちを文字にしてコメント入れてくださって…ありがとうございます。
どんな関わりがベストなのか?
hikariにとって今の私が一番理想的な母なのか?
いつも不安でいっぱいですよ。
頭ではわかっていても、私の元来の性格や、hikariだけのために生活しているわけではないこと…
やっぱり辛い言葉を浴びせてしまうこともあります。
でも…でも、そこで立ち止まる自分がいます。
あ、いけないな、って。
どうして、もっと、○○してあげられなかったのだろう、って。
子育てはいつでもやり直せる。
そんな言葉にも励まされてきました。

今のぴよこさんにはブログがありますよ。
ブログで知り合えたたくさんのお友達がいます。
話して楽になることもあるし、誰かのお話に励まされることもあります。
私はもうひとつのブログでそれを感じ取って、こちらのブログを立ち上げました。
自分の中にためていた想いを書く場所を作ることで、きっと何かが変わっていく…伝わって、返ってくる想いがある…そして自分を信じて前へと進んでゆけるんじゃないか、って…
自己満足かもしれないし、虚構だ、って言う人もいるかもしれない…
でも…続けてゆきたい。
私はそう思っています。
お返事になっていなかったらごめんなさいね。。

2007-01-14(Sun) 11:22 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

匿名でコメントいただいた方へ♪

順番があとになってごめんなさい。。
お返事、v-3に書かせて頂きました。
ありがとうございました♪

2007-01-14(Sun) 12:07 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

machi-machiさん、こんばんは。

胸が張り裂けそうな想いですね。。
でも実はこぱんは自信がないんです。
子どもがとても辛い時
こどもは私に何でも話してくれるのかな?
言えない時もちゃんとSOSに
気付いてあげられるかな?
子どもには私の気持ちちゃんと伝わってるかな?

普段は調子に乗って忘れているこぱんですが、
こういう事件や事故が起きると
親としての自信も揺らいでしまうおろかな自分もいます。
寝坊ばっかりだし(笑)←カンケーないですねっ☆

子どもにとって生きやすい世の中だといいです♪
気付ける親を目指して頑張りマスv-221


2007-01-16(Tue) 20:54 | URL | こぱん #-[ 編集]

こぱんさんへ♪

おはようございます♪

子どもの事件や事故が新聞やテレビで報道されるだけでも自分の子育てに不安になるのに、そこへ「発達障害」と言う言葉が出てきたりすると、もう、ほんとに「またか…」という思いに胸が張り裂けそうです。
hikariに対する私やpapaの関わり方を振り返ると同時に、その報道されている子どもたちはどんな思いで日々暮らしていたのだろう…周囲の方々、子どもたち、そして家族はどんな思いでいるのだろう…考えると辛いですよね。

いつも子どもたちに冗談ばっかり言ってるmachi(笑)
心に寄り添う…言葉にすることは簡単だけど、いつもいつもやっぱり不安と背中合わせです。
それでもやっぱりなりたい自分に向けて歩いていくって、大切ですよね。
子どもたちはかわいいです。
笑顔を忘れないでほしいです。

P.S.今日私も寝坊してしまいましたv-405

2007-01-17(Wed) 07:59 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

はじめまして。先週から記事を読ませていただいております、アスペルガーの息子を持つ母です。ずいぶん前の記事についてのコメントなので、迷ったのですが…
machiさんの痛いほどお気持ちわかります。かなしいことですよね。
以前、1年生の発達障害を持った息子さんを殺してしまった母の福岡の事件が思い出されてなりません。
たまたまわが息子も半信半疑ながら療育を受け始めたばかりの頃で、年も息子より2歳年上ということで感情移入しやすかったし、はじめて自分自身のこととして障害をもってうまれた子供の母親という思いを自覚したからかもしれません。
何気ないパパの家族、親類が集まっていた年末の午後でした~
いたましい事件ということで(中には教職をとってる者もいます)話題になり…
嫁ということもあり、ずっと黙ってきいていたのですが、皆口を揃えて”母親の身勝手さ”や”母親の短絡的思考”のことばかり。
父親になぜ相談できなかったか~その言葉を聞いた瞬間、私の気持ちが弾けました。
なぜ、母親の気持ちに寄り添ってあげれなかったのか、いるだけでかばってくれるどころか、母親を躾が悪いと非難する父親、その当時、療育にくるママ友の半分は無理解な家族、特に父親、身内に苦しんでました。
つい、母親の気持ち無理解な環境ということも考慮しないで、母親ばかりをせめるのは筋違いと熱弁をふるってしまいました…きっとびっくりされたと思います。しかし我慢できなかった…
軽度発達障害。
私も息子に障害があるとは疑いもしなかった親の一人ですが、
気が付かない、気付きたくない気持ちの狭間にある障害ではないのでしょうか。
外部からみれば、ただちょっと風変わり?指示が通りにくい?敏感?くらいな…
息子もたぶん見過ごされがちなタイプですが、現在は私の希望で特学に通っています。
なんで?ぜんぜん普通(意味わかりませんが…)なのに、お勉強できるのに~、と。
ある意味変な母扱いです。
事実、パパもまだ公には認められてはいないと感じてます。
本人は、おめでたいことに「ぼくはお勉強ができるから上級生と同じクラス」。どうも上級生が易しいお勉強をしているようだと気が付いた2学期は、一時期に学校が嫌に思えたこともあったようですが、適切な指導のおかげで、「僕は少人数があってるから、多人数クラスと少人数クラスと両方のお勉強をしている」と理解しているようです。
が、しかし、本人も現在1年生ということもあり、まだ告知していませんし、パパの身内には怖くてカミングアウトできてません。
やっぱり、あの日の会話が忘れられません。
本当に暖かい目でいろんな人を自然に受け入れる気持ちの豊かさが欲しい。
うまく文章にできなくて、ごめんなさい。

2010-02-01(Mon) 11:31 | URL | アースケママ #-[ 編集]

アーケスママさんへ♪

はじめまして。
コメント、本当にありがとうございます。
私自身、久しぶりに自分の書いた記事を読み返す機会を得、当時の思いがよみがえりました。。




この記事を書いたのはもう3年も前のことになるんですね。
今と比べてもまだまだ発達障害という言葉自体一般には受け入れられにくいものだったのではと思います。

親も子もまだまだひっそりと周囲とは別の道を歩むかのような感覚で悩んだり孤独に押しつぶされそうになったりしていたんではと思います。

私自身も含め、現実を受け入れ、目の前の大切なわが子を時には冷静に障害児として分析することの辛さを乗り越え、学校に熱心に通い、先生にどんどん話しかけ、文書を書きしたため…

周りから見ると、「そんな必死にならんでも…」「ちょっと神経質すぎる」「勉強もできるし、普通やん~」(アーケスママさんと同じような表現ですね。。)
その言葉を背中に受けながら、傷つくことから逃げるために言葉を背中では受け止めても正面からは聞くことを避けていたあの頃…

それでも子どもの為に、今できること(そのときにできること)だけに一生懸命向き合っていたんですよね。




本人への告知、周囲へのカミングアウトはしたくなければしなくてもいいと思います。

自然と周囲にはいつか伝わっているものだし、本人にはこれもまた自然と伝わり、そして伝えなくてはならないときが来ると思います。

大切なのはやっぱりそのときにしかできないことから逃げずに子どもと正面から向き合い、一緒に悩み、一緒に喜び日々を笑顔で過ごすことです。


hikariはこの春から受験生になります。
普通に受験生として一般の高校を受験します。
でも一方、アスペとしての本質は一生持ち続けていくものだと思っています。
今彼にとって大切なことは何?
いつかは必ず1人で歩いていかなくてはならないときが来ます。
理解してもらえる人ばかりではなく、辛い環境に置かれることももちろんあります。
そんなときも自分を表現し、周囲の理解を少しでも得られるようなテクニック、辛い気持ちをどうコントロールしていくか…
これからぶち当たる壁を様々に想定しながら少し厳しいけど自分で考えさせるように仕向けています。

理解をしてくれる社会はもちろん理想です。
でも、hikariが大人になるまで私たちの手元から離れるまでの何年間かで社会が変わるとも思えません。
だから、hikariにも”変わって”もらわなくては、と思っています。
厳しいけど、それが現実だと思っています。

でも…一番の理解者はずっと変わらずここにいる。
そんな母でいたいと思っています。

どうぞまたコメントをお願いします。
本当にありがとうございました。

2010-02-02(Tue) 15:51 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/35-edb579cd

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。