カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

見えてきた現実

ただ生活の延長だった年少組。
高機能自閉症との診断を受け、保育園での、集団の中での様子に彼なりの特徴の出てきた年中組。
そして、就学という大きな節目が、越えなければならないハードルがその先に見えていた年長組。
年長組を迎えた4月、ただ保育園の最終年度を思い出深いものに、小学校への期待だけに心躍らせる1年が始まる、という気分ではありませんでした


少し時間がさかのぼりますが…
毎年、12月ごろ保育園でも、個別面談というのがあります。
園での子どもの様子、家庭での様子、先生の思い、保護者の思いを2者で話しする場です。

hikariの場合、どうしても話が長くなるのでいつも順番を最後にしてもらっていました。
担任は年少組のときからの(このあと年長まで3年間お世話になる)A先生です。
限られた時間なので、私も話したいことをあらかじめ考えてゆくのですが、その場の話題でどうしても長くなってしまいます。
でも、このとき…どうしても聞いておかなければならないことがありました。
就学のことです。
いつものようにhikariの園での様子、A先生とのあたたかなふれ合いや、お友達とのちょっとしたトラブルの時の様子や、行事でがんばっていたこと、ちょっと涙目になりながらそれまでを振り返ってお話していました。
さあ…聞かなくっちゃ。
…そう考えただけで喉の奥にこみ上げてくるものがあります
これほどにhikariのことを思ってくださっている先生、私の想いもよくわかってくださっている先生…
先生の思いはたぶん…私に近い…
若い、まだ5年目くらいの先生でした。
hikariと出会って、私たち親子と出会って保育士としての仕事に何かを感じ始めておられるとまで、私は勝手に思っていました。
経験も浅い、でもとてもよく私たちのことをわかってくれているA先生…先生という立場と母という立場、両方を感じておられるのではないかと思っていました。

「あの…hikariは、…小学校は…特殊学級に行ったほうがいいとお考えですか?」
もう、そう切り出しただけで、私は声に詰まってしまいました。
先生も、同じでした。
下を向いて、喉につかえているのがわかりました。
でも、ぱっと顔を上げて、目は潤んでいましたが、先生の表情で
「はい。」
とお答えになりました。
「そうですか。そうですよね。わかりました。」
私も、そんな答えぐらいしかできなかったと思います。
でもでも…お互いの気持ちはよく…これが、先生と園児の母という立場でなかったらきっと抱き合って、えんえん泣いていたと思います

特殊学級へ入ることが悲しいのではないのです。
割り切って、彼の障害を認め、特殊学級へ入れてしまうことはむしろわかりやすく簡単です。
でも、そうはできない自分がいました。
認めないであろうpapaの顔が浮かびました。
小学校時代は平穏無事に過ごせても、その後どんな人生を歩むのか、得体の知れない不安がありました。
いつまでも手元において、助けてやれるわけではない。
特殊学級に入れることで、周囲からどういう目で見られるのか、どういう受け入れられ方をされるのか…
私自身のなかに差別的な気持ちがどこかにあったのか…
そんなふうに考えることもとても苦痛で…
いろんなことが、言葉にはならないけど、もやもやとしたたくさんのものにこれから立ち向かっていかなくてはならないという気がして、
「ああ、何かが始まるな…」という気がして、どうしてか涙があふれてきました。

その後何を話したか…カラ元気の笑顔で話をまとめて切り上げ、もう薄暗くなった道を帰りました。
家に帰ってからは泣き顔を見せられません。
晩ご飯も準備しなくっちゃ。
帰って来たとたんに「どうやった?どんな話しやった?」と義父母は待ち構えています。
駐車場の車の中で、泣きたいだけ泣いて、落ち着いてから帰りました。


このときのA先生の顔が今でも浮かびます。
その時の部屋の空気、ストーブのごーっという音、暗くなった帰り道…
A先生とのこのやり取りが今でも心に残っています。
とても感謝しています

そして、ここから始まりました。
就学へ向けて走り続けた1年間。
がんばったよね、私、そしてhiakri

現実を受け入れ、今何から始めるのか、目の前のhikariに今何をしてやればいいのか。
papaはわかってくれるだろうか、家族は…そして、私は…?
みんながひとつの心でhikariの小学校入学を支えて、笑顔で迎えたい。
そんな思いでいっぱいでした。

笑顔で小学校入学を迎えたかったのです
みんなと同じように


2007-01-08(Mon) 08:32| 生育暦 -保育園・年長組-| トラックバック 0| コメント 10

コメント

出発。。。

こんばんは♪

出発点で、素敵な先生に出会えてよかったですね~☆
年齢ではないですよね。
笑顔で入学を迎える。
みんなと同じように。。。
そこまで行きつくまでの、いろいろな苦悩。
同じような立場であったら、きっと私もそうだったと思います。
車の中で思い切り泣いて、泣いて、
家族の前で空元気を出して。。。
その時のmachiさんを思うと切なくて、
こみ上げてくるものを。。。

2007-01-08(Mon) 23:59 | URL | wakazukuri #-[ 編集]

こんにちは。

保育園から、義務教育へ・・・。
ほとんどの方が、何も考えることなく、喜びを抱いて迎える道ですよね。
私も経験上、お子さんを小学校へ送る際に、指導要録に個人の記録を綴って、
それぞれの学校に申し送るのですが、その時期は、とても苦悩の日々でした。
私の所見で、お子さんと対面する前から、イメージを抱いてしまわないか、とてもとても不安でした。

A先生のお辛い気持ち・・・そして一番お辛いのはmachiさんですよね・・・
私にはA先生のお気持ちが、少しだけ理解できますが、
この記事を拝見して、保護者の直面している現実と思いを、やっと知ることができました。
今更ながら・・・恥ずかしいですよね。

先日、新聞の記事に発達障害をもつ小中学生に支援員を3万人に増員するという、
明るい話題が載っていましたね。
親の立場からすると、やっとか・・・
という気持ちなのかも、しれませんが・・・。

実は少林寺娘も、最終的には教育の現場に行きたいという希望がありまして、
そのためには、自分を磨いて、色々な個性を持った子と、
真剣に向き合ってほしいな・・・と願っている私です。
長くなってしまって、ごめなさいね・・・。

2007-01-09(Tue) 11:18 | URL | 水無月 #-[ 編集]

こんにちは♪

就学という現実の前に揺れるmachiさんの気持ち、私の場合は養護学校と特殊学級でしたが、記事の一字一句に昔の自分を思い出してしまいました(涙)

今年は、hikari君も6年生、就学問題で心揺れる時が、またあるかもしれませんね。
この一年、hikari君が中学進学への心の準備が出来るようにと、おちびちゃんは保育園で楽しくすごせるようにと、momoちゃんには二人に関心がいってしまうからこそ寂しい気持ちにさせないようにと3人に細やかな心配りをする・・・そんなmachiさんの姿が目に浮かびます。

我が家は、就学希望の中学校からはOKをもらっているのですが、市町村の就学委員会を通っていないので、心落ち着かない日々を送っています(本当に”光るとともに”の世界です)。
どんな一年になるかちょっと不安です。

今年も、このブログを通してhikari君の成長とmachiさんの子育てを遠くから見守らせてくださいね。

今年も、宜しくお願い致します。

2007-01-09(Tue) 17:47 | URL | Love♪ #ew5kOZ9E[ 編集]

水無月さんへ♪

先日、いじめについて、草くんと義家さんの番組がありました。
その中で草くんが自分の小学生のころ、習った先生は今の自分よりも若かった。
今の自分を置き換えると、子どもにとって、どれほど先生が大きな存在であって、その言葉や行動がどれほど影響力があったか…
そして、今の自分に、そんなふうに子どもに接することができるのか、というようなことを話しておられました。
先生って、それほどに子どもにとって大きな存在なのですよね。

でも、先生、という存在を神様のようなもの、絶対的なものとして付き合おうとするととても遠い存在で心を通わせることはできませんよね。
このA先生との出会いはそれまでの私が先生に抱くイメージのようなものも変えたような気がします。
先生といっしょに、子どものためにいろんなことを考えてゆく。
同じ位置に立って、手を取り合って、時にはお互いに意見しつつも、やっぱり子供のためにできること、を一番に考えてゆく…
先生だって一人の人間で、生活があって、家族があって、恋愛だってするし、風邪だってひく…
そんな当たり前のこともわかって日々をいっしょに歩んでゆく。
それでいいんだ、って思えました。

水無月さんの体験からのお気持ち、ひしひしと伝わってきて、ジ~ンとしてしまいました。
今、もしももう一度(不可能なことなのにごめんなさい…)教職に就けるとしたら、もっともっといい先生になれるんじゃないか、って思いませんか?
私…今もしももう一度OL時代に戻れたら、すんごくいい仕事できるような気がします(笑)

そして…"人間"を育ててゆく仕事…"人間"が出来上がる最も大切な6年間を担う仕事、そんなとてつもない使命に怖気づいて教職につけなかった私ですが、もしもその世界に飛び込んでゆけることができるなら…自分の子どもが挑む、というのなら、心から応援するし、自分自身もいろんな知識を持って、いろんな角度から物事を見てゆける、思いやりのある、人になってほしいと願います。
きっと水無月さんも…
そんな思いで娘さんのこと、見守っておられるのでしょうね。
がんばってほしいですよねv-352

軽度発達障害の子どもを支援する法律はできても、具体的な施策はまだまだ不十分なように思います。
法的な整備も大切ですが、今学校に通っていて、苦しんでいる子どもたちはたくさんいるし、そんな子どもたちを特別視するという実態があります。
お互いの違うところを認め合って、思いやる気持ち…
それは子どもたちだけではなく、親たちの意識改革も必要かと思います…
でも、実際に指導員が配置される、というのは明るい話題ですね。

ああ~~長くなってしまいました。


2007-01-10(Wed) 11:20 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

wakazukuriさまへ♪

ああ~~~順番が逆になってすみませんv-356

みんなとおんなじように、平穏な気持ちで年長を迎えられないことが、とてもとても悲しい現実として迫ってきました。
hikariは長男で、何もかもが始めての事。
わからない、上に、もっとわからないことをしていかなければならないという覚悟。
何で私だけが…例外なく、私もそんな思いに陥りました。
田舎の商売屋の長男の子ども。
生まれた時には今でも、顔も知らない人からのお祝いが家中にあふれていました。
その長男が入学。
もちろんまた視線が集中。
「なかよし学級?」「どこが悪いの?」
そんな声が聞こえてくるようでした。

いろんな思いが頭の中をぐるぐる巻いて、懇談の帰りの車の中で涙があふれて止まりませんでした。
でも、そこからスタートしたのです。
みんなと同じように…そう思って何が悪いの?
全てはhikariのため。
がんばろう、って。

wakaさま…心に寄り添ってくださってありがとうございますv-352
ここで書く記事にいただくコメントにはいつも涙があふれてしまう私ですv-409

2007-01-10(Wed) 11:30 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

Love♪さんへ♪

地域の学校へ行くのと、養護学校へ行くのと…とても大きな問題ですね。
6年間のもっと先も考えてしまうから余計に辛くなりますよね、親ですから…

私…3人をちゃんと見てゆけるでしょうか?
時々不安になります。
momoが不機嫌そうにしていると「ああ…なんだろ…」と気になったり…
ちびちゃんも、もうトイレができるようになったけど、近所で同じ年頃の子供がいなくて、hikariの時などにはよく出かけていた同じ月生まれの子で作るサークルなどにも足が遠のいて、集団の中でのちびちゃんの姿が想像できず、とても不安になります。
もっと時間がほしいな…言い訳ですよね。

就学委員会…入学時にも耳にしました。
そのころは殺気立っていて(笑)「何で、そんなとこから許可がないと行きたい学校に行けないのよ~義務教育なのにv-359」とか思っていました。
学校からはよい返事がもらえているのですよね。
きちんと決まる日が待ち遠しいですね。

さて、朝はとても寒かったけど、今日は良いお天気v-278
ちびちゃんと、ちょっとだけお散歩に出かけてきます♪

2007-01-10(Wed) 11:43 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

こんにちは。
就学について、どちらを選択するかは大変な決断でしたね。
いまでこそ普通学級で頑張っているhikariくんですが、当時は先が見えない不安で一杯だったことでしょうね。
岐路に立つことが私たちにも今後も沢山あるでしょうが、「絶対」ということもないんだなと考えました。
軌道修正は、どんな状態からもできるし、またしてゆかないといけないからねぇ。
そのときのmachiさんの心情を考えると胸が痛くて、うまくコメントできません。
ただ見事な決断だったと思います。

2007-01-10(Wed) 16:45 | URL | moukun #-[ 編集]

moukunさんへ♪

ありがとうv-352moukunさんもわかってくれるんですねv-409
不安で不安でとても怖かったです。
でも…最後に決めてくれたのは、私を信じて決めてくれたのはやっぱりpapaだったと思います。
だから…moukunさんの言葉はそのままpapaに贈ります。
私よりももっといろいろなことを考えて苦しんでいたかもしれないpapaに。

2007-01-11(Thu) 10:16 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

いろんな先生、いろんな子どもがいるからこそ・・・

こんにちは~。

今も現場で働いている私の友人たちの年賀状に添えられた言葉・・。

「疲れました」「もう、辞めようかなと思います」・・
みんな、子どもたちのことを真剣に考えている教師です。
子どもを産んで、ひとつの保育所に5時まで預かってもらって、
それから、またもうひとつの保育所に預かってもらって、
そうやって、子育てをしながらがんばって教師を続けてきた彼女たち。

でも、今、
やる気の無い先生は去れ!
24時間教師でいられないものは、教師になるな!
そういう雰囲気になっているみたいです。

じゃ、やる気のある先生ってどういう先生のことを言うのでしょう?

学校の中がやる気のある先生ばかりになってしまったら、どうなるのでしょう。
やる気のある先生は、その先生がのぞむようなやる気のある子どもが好きです。
ぱっぱと動かない、イジイジしている子どもが疎ましくなります。
成果があがらないと、やる気がない教師と管理職からも思われます。

私も若いころはやる気のある教師でした。
子どもに寄り添って・・と思いながらも、自分の望むような行動をする子どもにどうしても目がいってしまいました。
歳を重ね、身体はぼろぼろになって、とても現場で働くことなどできませんが、
でも、今の私なら、わからない辛さ、手を挙げられない気持ち、どうしようもないいらだち・・・
そういう気持ちに寄り添ってあげられるような気がします。

学校の中にいろんな先生がいるから、子どもたちは救われるのではないでしょうか。
子育て中のお母さん先生、バリバリがんばれる30歳代の男の先生、
そんなにあせらないで・・と言えるのんびりした先生・・
多様な人たちがいることが許される空間でなければ、子どもたちは窒息してしまうと思います。
多様な子どもたちを許容するには、いろんな先生がいることが大切だと思います。

30歳代のころ、やる気のある熱心な先生・・そんなふうに評価されて、いい気になっていた私ですが、今、振り返ると、私が敷いたレールの上を走れ~!と子どもたちに強いていたように思えて仕方がありません。
やる気のある熱心な先生・・は、一歩間違うと、あんまりパッとしないね~という先生よりも子どもを傷つけてしまうことがあります。

いろんな先生、いろんな子どもがいるからこそ、いいんですよね。
窒息しないでいられる空間が学校にはほしいと思います。

machiさん、ごめんなさい。
私のブログに書くべきことだと思ったのですが、
machiさんのように考えてくださる保護者の方がたくさんいらっしゃったら、私の友人たちも、もう少しがんばれそうな気がしました。

2007-01-11(Thu) 17:15 | URL | nanako #-[ 編集]

nanakoさんへ♪

ありがとうございます。
私もそう思います。
いろいろな子供たちがいるように、先生だってnanakoさんのおっしゃるように、いろんな先生がいていいと思います。
たとえ担任でなくても、どこかで接点をもてるような…どの子にも出会いがあるような学校であるといいな、と思います。

このA先生、私にとってはとても大切な出会いでしたが、人によっては「あんな頼りない先生…」と言う人もいました。
とても悲しかったです。
でも…それは相性、であるのかもしれないし、何か違うきっかけがあるのかもしれない…

nanakoさんは教職におられたから、先生の世界も、外から見た学校も、両方をよく知っておられますよね。
私も友達が教師をしていたりするし、自分も一度は教職を目指しました。
だから…おこがましいですが、先生のお気持ちもわかるような気がするのです。
保護者が先生の査定をする、というようなことが今検討されている(決まったのだったかな?)と新聞で読みました。
とんでもないことですよね。
学校がまったく違う方向に行かないよう願うばかりです。

2007-01-11(Thu) 17:40 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/33-cc97c12a

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。