カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

今日はSTの日でした。

今日は3ヶ月に1度のST(言語療法)の日でした。

hikariは乗り物酔いするので、家からSTを受ける病院までの30分ほどのドライブで気分が悪くなるのはいつものことです
今日も例外なく何だか調子が悪そうで、ふわふわとあくびをしたり、体をくねらせてボーっとしていました。
(正確には、STの間、ずっとそんな感じだったようです。)

先生とhikariとの時間はほんの10分ほどで、あとはゆっくり私の話を聞いてくださいました。
『告知』のこと、今年の目標『自分自身を知る』こと、進路のことなどを話しました。

いつも私は話しが長くなってしまいます。
まるでhikariのSTは、私のためのカウンセリングの時間のようです
一通り話し終わって、決して否定しない先生の「それでいいと思いますよ。」「hikariくんの場合は、お母さんに全てお任せという感じですね。」という言葉に、私自身が、自分の考えを再認識し、そして、向かっていこうとする方向が間違っていないことを認めてもらって安心するのです。

hikariの場合は、今特に問題行動などはなく、ちょっとしたパニックや不安定さも私たちがあわてることなく受け止めることができているので、あえて病院に頼る必要はないのかもしれません。
でも、私がこだわってずっと3ヶ月に1回のSTを、1年に1回ほどの診察を続けているのは、親、学校、以外の第3者の位置にある医療機関とのつながりを断ち切りたくないからです。

人によっては、周囲に適応しているように見えてくる中学年、高学年になってくると医療機関への通院をやめてしまったり、軽く考えるようになる人もいるのでは、と思います。
私も実際3年生頃には考えました。
STへ行っても、特にできないこともないし、先生を困らせるようなこともない。
いつも予約がいっぱいで、診察も長いこと待ってやっと話せるのは15分程度。
hikariのように程度の軽い子はかえってSTを受けたがるのは迷惑なんじゃないか?
そんなふうにも思いました。
でも…いつか…かれに突然起こる不安定さが手におえなくなるとか、思春期などを迎えてhiakriの心のうちを読みづらくなるのではないかとか、そんな予測のつかない事態が怖いのです。
そんな時のために、第3者として、客観的に、冷静に事態を見極めて適切なアドバイスをもらえる医療機関とのつながりは大切にしていきたいと思っています。
そして、私が一番求めているのは、私自身の心の安定なのかもしれません。
papaはpapaです。
私の話は聞いてくれますが、肯定も否定もしませんよね。
だって、親としての感情があり、専門的な知識や視野もありませんから。
STの先生や、主治医の先生と話すことは私にとってとても支えになっているのです。

つぎのSTは4月です。
6年生スタート前の春休み。
その時は、どんな話をしにいくのでしょう?
hiakriはどんなふうに成長しているでしょう?
私はこのブログに何を書いているでしょう?
楽しみです





今日のhiakriと先生の短い時間のやり取りは、『趣味について』でした。
それを聞いて…
…予想通り。
開口一番、hikariは『趣味って何?』と聞いたそうです。
先生が『好きなこと…かな?』とおっしゃると、しばらく考えて、
『勉強』と答えたそうです。

イヤなやつやな~
もしも友達に趣味を聞かれて『勉強』なんていうと、どう思われるのか、そんなことhikariは考えてません
趣味は?=好きなことは?』って聞かれたから、
『好き=勉強』という単純な公式に当てはめただけです。

趣味の"好き"は遊びの中の"好き"、普通、楽しむことの中から答えるんやで。」
と言うと
「ええ~~~ごめん……(って、謝らなくてもいいねんって
 そうやなあ…何がいいの?読書?うん!読書がいい
うん、うん、もう、答えを決めておきなさい。
そのほうがいいよ。あなたの場合

2007-01-05(Fri) 23:19| hikariの日常| トラックバック 0| コメント 8

コメント

情けない姉ですが・・・

こんにちは~。
昨日はお騒がせしてしまって・・、ごめんなさい。
machiさんのほうがお姉さんみたいですね。
情けない姉ですが、これからも、よろしくね。

私もカウンセリングの先生に助けられているので、
machiさんのお気持ち、わかります。
専門家の方に、話をきいていただいて、
それでいいのでは・・と言われると安心しますね。
ほんとに、きいてくださるだけなのですが、
話ながら、自分で考えを整理しているような気がします。

hikariくんとmachiさんとの会話・・・、
ほのぼのしました。

2007-01-06(Sat) 09:48 | URL | nanako #-[ 編集]

私も実は…

こんばんは♪

いいえ、nanakoさん♪
私も文章にはかけませんでしたが、かなりv-404
でも、今日こうして"よかったね"と言い合えて、次の記事にも進んでゆけて、ほんとにほっとしています。
nanakoさんも、穏やかに過ごされているようでよかったです。

そう、いつのころからか、私のためのSTになっていましたv-398
話す、ということは、思いを頭で整理して、再生した音声を耳で聞いてさらに頭に落ち着かせることができるように思います。
聞き上手ですよね、こういう先生方って。
半分は私のためのSTなんだ、って思ったら、気持ちがすっと軽くなりました。
だって…すごく予約が混んでるので、hikariのように比較的安定している子がくるのは迷惑かな、なんて考えてしまったので。

hikariとはいつもボケとツッコミのような会話だったりします。
周りの人が聞くと、驚いて次にぷっと吹き出してしまうかもしれません(笑)

2007-01-06(Sat) 21:47 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

こんばんは♪
告知のタイミングって、難しいわよね。
がんの告知の場合、主人にはして欲しいか確認取ってるけれど!?
hikariちゃんの場合、理解できるかどうかもそうだけれど。。。
でも、カウンセリングはmachiさんにとって安心料?
保険みたいなものよね。
専門家の先生がhikariちゃんの経過も知った上で、machiさんの話を聞くと、
一般的な答えだけでなく、hikariちゃん個人の対応もできるものね。
そして、machiさんが落ち着くのなら^^vよね。
machiさんの穏やかな精神状態が、hikariちゃんの精神栄養剤でもあるのだから。
一つ一つがお勉強。
一緒に成長していくのよね。
「子育ては親育て」って、よく言うわよね。

泣きたい時、怒りたい時、嬉しい時。。。
いつでもさらけ出して結構よ。
顔晴れ! machiさん!!

2007-01-06(Sat) 21:53 | URL | wakazukuri #-[ 編集]

ありがとうwakaさま♪

こんばんは♪

「告知」と言うととてもおおげさに聞こえますが、
これまでにhiakriにことあるごとに言ってきたことに診断名を付け加えただけのようなもので。。
言葉だけが独り歩きして覚えてしまうところがあるので、診断名を軽々しく口にしないようにしばらくは気をつけていかなくては~と思っています。

そうなのですよ!
私の気持ちが安定していないと、hikariは即座に不安定になります。
私の機嫌が悪いことをすぐに察知しておどおどとなってしまうhiakriなので、やっぱり私が心も体も元気でいないと。。
そう思うと、昨日のSTは良い気分転換でした。
これからもそういうふうに考えて受けていこうと思いますv-392

2007-01-06(Sat) 22:39 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

こちらでは はじめまして。

machiさん ふたつBlog書いてらっしゃるんですね。
信頼できる専門家の方とのつながりはすごく大きいですよね。
否定されないことで得られるものって
大人の私たちも大きいですもんね。

hikariちゃんの趣味の答えが勉強ってステキです。
読書は勉強の中でも特に好きな部分て感じですね^^
趣味で思い出しましたが、
「楽しい時間」と「リラックスできる時間」の区別なども難しいようですよ。
(成人の発達障がいを有する当事者の方が仰ってました^^)

2007-01-07(Sun) 21:57 | URL | sasa #f7A1IA1s[ 編集]

sasaさんへ♪

来ていただいてうれしいです♪
そうなのです。
この前入れてしまったURLは私のブログの出発点v-22
毎日のちょっとした幸せを綴るブログです。
こちらは、そこからhiakriとの関わりを抜き出した親子の成長記録のようなものです。
勉強不足で、誰かに何かを伝えてゆくような内容まで行かないですが、それでもhikariとのこれまでの、これからのやり取りを記録しながら、私自身も育ってゆけたらな、と思って去年の10月に作ってしまいました。

「楽しい時間」と「リラックスできる時間」…
違うんだv-405
でも~そういわれると、思い当たる節があります。
「楽しい」というのは比較的自然にわきあがる感情であったりするのですが、「リラックス」となると、どこで覚えたのか、彼なりの定義があるようで、いくつかの条件を満たしていないと「リラックスしている」とは感じないような、不自然な感じを受けるときがあります。
なるほどv-352
ハッとするようなコメント、とてもうれしいですv-343
これからもよろしくお願いしますね♪

2007-01-07(Sun) 22:10 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

趣味…

勉強!素晴らしい。e-460
いえいえ、深い意味はなしに、本当に学んで知る=楽しいのでしょうね。
hikari君のとても正直な気持ちなんだなぁと、思いました。
読書も好きなのですね。e-102
 hikari君の返答がいけないのではなく、「勉強=趣味」の子はおかしいという、固定観念がきっといけないんですよね。
もっと「いろんなタイプの人がいる」ことを、理解し合える世の中になって欲しいなぁと思います。e-68

2007-01-08(Mon) 16:56 | URL | 母たぬき #bOurk9sE[ 編集]

母たぬきさんへ♪

お返事遅くなってごめんなさいv-356
そっか!勉強が趣味、でもいいんですよねv-354
それを変な意味に取るほうがおかしいのであって…
子供の心が「趣味=勉強」をどうとらえるか、私が思うのとは違うのかもしれません。
そう考えるhikariの思いをわかってやらねばなりませんでしたv-356

2007-01-10(Wed) 10:56 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/32-6513fb63

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。