カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

自分のことを知ろう

改めまして、あけましておめでとうございます

これはhikariが生まれた年に買った張子のいのししです
ひとまわりして、今年は亥年なので再びこうして明るいところに飾ることができました

張子のイノシシ

年が変わっただけで、なんだか気分が新たになるって不思議です。
去年も年頭に「今年は…」と語った抱負。
それが達成できたかどうか…
それでもまた、この新しい年の初めに、「今年は…」の思いがわきあがってきます

P1170125a.jpg

昨日、とてもいいお天気だったので、ドライブがてらスーパーの初売りへ
ちょっとワケあって2台の車に分乗して私はhikariと2人っきりになりました。
ちょうどいいや、と切り出した私。
ちょっと大げさな言い方をすると「告知」ということになります。
hikariに初めて、
「あなたは、高機能自閉症、という特徴を持っている子どもなんだよ。」と告げました。
「日ごろ、学校でも家でも、『僕って、なんか周りの人と違うな』とか、『何で僕の気持ちわかってもらえへんのやろ』とか、『気持ちがうまく伝わらへんなあ』と思うことない?
それは、hikariがみんなとはちょっと違う感じ方、考え方をしているからなんよ。…」

スーパーまでの道のり20分間ほど、ずっとそんな話をしました。
なぜ入学時になかよし学級(特殊学級)だったのか?
なぜ物心ついた頃からずっと○○病院(言語聴覚訓練をしてもらうための病院。診断を受けた発達外来のある病院。)へ毎月のように行っていたのか?
彼は彼なりに疑問に思っていたこともあれば、特に気にしていなかったこともあったようです。
ひとつ確認できたのは、hikariは学習には自信を持っていて、それが彼にとっては"学校へ行く"ことの大切な支えになっている、ということでした。

今年の目標"自分自身をよく知ること"

これまで、あなたは周りの人に…お父さん、お母さん、保育園の先生、学校の先生、小さい頃からのお友達、病院の先生…たくさんの人に助けてもらって、いろんな力を借りて、ここまでやってこられた。
でも、この状況は、理解のある人たちに囲まれて暮らすという状況はずっと続くわけではない。
お母さんは、いつもhikariのことを助けてあげたいし、ずっといっしょにいてあげる。
でも、それでも、いくらお母さんがそう考えていても、どうしても限界がある。
小学校、中学校までは何とかお母さんの目の届く範囲、具体的にアドバイスできる条件にあるかもしれない。
だけど、もう、高校、大学、社会人になったら、hikariは自分の力で、自分の思いを伝えたり、周りの人に自分を理解してもらう工夫をしていかなくてはならない。
必ずそういうときが来る。絶対に。
だからといって、今すぐに、今年からはhikariだけの力でやっていきなさい、というのではない。
必ず来る"そういう時"のために、今できることは何か?
今できること、今年できることをしよう。

それは、お母さんはまず"自分を知る"ことだと思う。
自分自身のことをよく知ること。
今まで周りの人があなたに手を差し伸べ、近づいてきてくれた。
でも、もう、"普通に見える"hikariだから、周りの人は、また、これから出会う人たちは、近づいてきてくれないかもしれない。
そうなると、hikariのほうから、自分をわかってもらう努力をしながら、hikari自身も、周りの人の感じ方や考えをわかる努力をしなくてはならない。
"折り合い"を持つこと…大切だと、お母さんはいつも思う。
自分が異質だと決め付けてしまわず、歩み寄ること、大切だと思うよ。




わかってくれたかどうか…
「あなたは高機能自閉症よ」と言っても、特に動揺も見せなかったhikari。
想定内のことですが(笑)

"自分自身をよく知ること"
まずはここからスタート。
小学校最後の学年。
悔いのないように、いっしょに、ひとつひとつのステップをクリアして行こうね。
お母さんも、がんばる




 


2007-01-02(Tue) 22:40| hikariの高機能自閉症| トラックバック 0| コメント 8

コメント

こちらでは「じゆうちょう」にお邪魔しようと決めていたのですが、ここ数日は共感の気持ちが大きくて・・・ごめんなさい、こちらに書かせてもらっています。

「自分自身をよく知ること」・・・この言葉へのmachiさんの深い思いがよくわかりました。
「告知」・・いつかは話さなければならないこと、そして、いつか出てゆかねばならない大きな社会への準備として・・・向き合ってゆかねばならないこと・・・今日の記事を読んでそれがよく伝わってきました・・。

今年の目標・・・からの文章を読んで、machiさんの考え、そしてhikariくんを思う気持ちは母親として素晴らしいと思いました。
そして私たちは、みんなが助け合って、理解しあって学べる学校、そして社会をつくってゆかなくてはならない・・・そう思っています。
(娘のときを考えると、幼稚園も・・。)
子供たちはみんな純粋な心を持っています。だからこそ、小さなころから幼稚園や学校で「みんないっしょ・・・」で過ごすことができれば きっと自然に 思いやりや優しさで心がいっぱいになると思うのです。

machiさんの思いは・・・心から心へとたくさんの人に繋がってゆくと思います。頑張ってくださいね♪
それと・・hikariくんが学習に自信を持っていること・・これも素晴らしいことですね。

張子のイノシシくん・・・とても可愛いです。( ^ ^ )

2007-01-03(Wed) 08:31 | URL | sara #ls0kNZmc[ 編集]

ごめん…。

「自分を知る」。
最初は、おちょけなmachiさん自身の事だと思ってました。ごめん。
時期を見極めるのは勇気がいる事ですね。
machiさんは、すごくいいタイミングで「告知」
をしてあげたと感心してます。
やっぱり母なのですね。
綺麗事で済ませてゆけない大切な事を、
きちんと子供に理解させる義務が親にはあります。
「高機能自閉症」という言葉はmachiさんは
理解してるでしょうが、彼に受け入れられる
には時間がかかるかもしれませんね。
けれど、それを「個性」なんだと捕らえて
欲しいです。
あせらず、ゆっくりと、私も肩を並べて、いい
方法を考えてみたいです。
また、お邪魔します。

2007-01-03(Wed) 17:28 | URL | moukun #-[ 編集]

saraさんへ♪

こんにちは♪

昨日コメントを入れていただいてすぐにお返事書きたかったのですが…
実家へ行くことになっていたので、それに、やっぱりゆっくりお返事書きたくて今になってしまいました。
コメントうれしいです。
ありがとうございますv-254

こういう大切なこと、私って、突然やってしまうのですよね。
でも、よくよく考えると、「告知」についてはずっと前からタイミングを考えていたことでした。
新年を迎えて、それぞれに思いはあるでしょうが、hikariにとってこの1年はなんとなく、直感的に、とても大切な年…節目の年になるような気がしています。
実は中学校への進学についてある考えを持っていました。
でも、そうするには…私の目の届く範囲から手放してしまうには早すぎるのではないか?
まず"自分を知る"ことから始めて、彼自身の力で周囲の人とよい関係を築くことができるようになるまで(そうしなければならないことを理解できるまで)、
もう少し時間が必要なのかなと思い始めています。
「学年相当の十分な学力」
「彼のよいところ(学力)を徹底的に伸ばしてやる環境を与える」
という信頼できる方からの言葉にとても心が揺れていましたが、彼を伸ばす学力も、まずは「学校に行ける・学校が楽しい」と思える心でいないと何もならないこと、そして通学や人間関係によって生まれる、体力的・精神的な負担などを考えると、今はまだ…の気持ちが強くなっています。

また相談にのってくださいね。
ほんと直感的に…何だかいろんなことが起こりそうな気がして…v-407

有言実行で、充実した1年にできるよう、がんばりますv-392v-352

2007-01-04(Thu) 11:24 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

moukunさんへ♪

ありがとうございますv-343
いっしょに…とってもうれしいですよ、moukunさん♪
moukunさんのお考えはきっとpapa寄りのものであると思うので、私もとても頼りにしてしまいそうです。
小さなことにとらわれて大事なことが見えなくなっりそうになったら…引っ張り戻してくださいね。
ここへはそんな私自身の心の揺れ、助けて~~なんてことも書いてしまうかもしれませんv-393

そしてね、昨日はmomoと2人でお買い物に出たのです。
(papaとあと2人の子どもを私の実家に残して(笑))
そして、春には4年生になるmomoにも、hikariの障害について、少しだけ話しました。
momoにお願いしたいこと…
「お兄ちゃんは、いろんなことに対する考え方や感じ方がみんなとちょっと違う。
でも、お兄ちゃんはみんなとおんなじように見える。
それは、お兄ちゃんが努力してきたから。
どうしようもない感じ方の違いを、"努力"という道具でみんなと同じに見えるようになってきた。
すぐに、じゃなくてもいいから、そんなおにいちゃんを、まずは少しずつわかってあげていってほしい。」

お兄ちゃんを助けてやってほしい、とまではあえて言いませんでした。
hikariの目標が「自分のことを知る」なら、momoには「お兄ちゃんのことを少しずつ理解する」で、もう、十分だと思ったからです。
momoのこともたくさん大切に思って、言葉に出して…ちびちゃんのこともみんなでかわいがって…
仲のよい兄妹でいてほしいです。

偉そうなことばかり言って…でも、今年はとても大切な年になりそうだから…
うん。がんばる♪

2007-01-04(Thu) 11:40 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

machiさんへ
 おめでとうございます!
 今年もよろしくお願いします。

 hikari君へのmachiさんの気持ちが「自分自身をよく知ること」の中にたくさん入っていて、とっても感動しました!

 深くhikari君のことを思っているからこそ「告知」もされたのでしょうし、hikari君も自然と受け止められたのだと思いました。

 hikari君にとってステップの年ですね!
 machiさんもhikari君にも

すばらしい年に

 になるといいな。

2007-01-04(Thu) 12:27 | URL | 平木 #-[ 編集]

イノシシ…

可愛いですね。
machiさんご夫婦が、hikari君の誕生をすごく楽しみにされていたのだなぁと、思わせられるイノシシ君v-533です。
 hikari君が自分の病名を、どういう風に受け止めたかは分からないですが…。
でも…学習に自信を持っているということ、素晴らしいことですよ。病名があるからと自分をマイナスに見るより、得意なことを通してポジティブな目で前を向けると、自信を持てることが増えてきますからね。
そうやって、1つ1つ…ゆっくり自分のペースで前進が出来ると、いいですよね。
これは…病名を持っていない子供(大人でもかな?)同じです。v-290
 小学校最後の年が、hikari君にとって、素晴らしい飛躍の年になりますように!
 

2007-01-04(Thu) 14:47 | URL | 母たぬき #bOurk9sE[ 編集]

平木さんへ♪

こんばんは♪

仕事と家事でてんてこまいで、ついついめんどくさいことを後回しにしてしまう…
どうしても今しておかなくてはならないことをやり残さないように…年の初めには、やっぱり考えちゃいます。

hikariにとっても、私にとっても"自分を知る"ことでステップアップしていけるんじゃないかな、と思っています。
「告知」なんていうととても大げさなような感じですが、診断名にしても、生涯、ということにしても、まだ、素直に受け入れてくれそうです。
momoもv-345

勉強がどこまでついていけるか、未知な感じもしますが、今のところはそれがhikariにとって学校が楽しいと感じる…ん~なんていうんだろ?
土台、のようなものになっています。
だから、勉強だけはこれからもがんばっていってほしいな、と思っています。
宿題と自主学習のお話、とても興味深かったです。

今年も、どうぞよろしくお願いします。

2007-01-04(Thu) 21:05 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

母たぬきさんへ♪

ありがとうございます♪

勉強ができること、まわりのお母さんからは
「ええやんか~勉強、ようできるし。いつも100点やってなあ~」
って褒めてもらえるけど、何だか複雑な時もあります。
テスト100点よりも、スポ少で野球やってて休みの日はちっとも家にいない…なんて、そんなほうがうらやましかったりしますから(笑)
でも、hikariにはhikariでないと輝けないこともきっとあると思うから、誰かと比べるのはやめようと思うし、比べられても気にしないことにしています。
もちろん、自分はそういうことは言わないように…
子どもそれぞれ、人それぞれ、家庭によって、いろんな考え方があると思うのでv-392

今年もどうぞ、よろしくお願いしますねv-352

2007-01-04(Thu) 21:13 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/31-9ece2bb3

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。