カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

生育暦 -保育園・年中組(7)-

あなたの落ち着く場所はどこですか?
自分の部屋?
お風呂?
キッチン?
車の中?
PCの前?

親になると、なかなか自分の部屋というのは持ちにくいですが、
お気に入りの場所、コーナーなんていうのは、誰にもありますよね

なんとなく楽しく通っていた保育園でしたが、年中の終わりに近づいて自分の思いと、周囲の要求することの違いに気づき始め、自分の感情を抑えていかなくてはならなくなったhikari…
ストレス、という見えない敵は"夜驚症"に現れました
不器用な彼ならではのことなのでしょうか?
それでも、少しずつですが起きている間にストレスを分散させる手段を身につけていきました



【お二階の部屋】

生活発表会が終わり気分も開放的になって、またいつもの楽しい園生活に戻りつつありました。
ところが他にもストレスの原因を抱えていたのでしょうか?
まだ、「夜驚症」は続いていました

お友達との関わりが増えるにつれ、一方的に拒否・否定されたり、聞きたくない嫌な言葉もhikariの耳に入ってきます。
自分を否定されたり、低く評価されたりすることはとても辛いことでした。

「失敗は成功の元」という言葉はhikariには通用しません
わずかのことでも成功の経験をつんでいくことがhikariにとっては大切なことです。
この年齢なので、お友達とのやり取りがどれほどのものだったのかはわかりませんが、
自分の理解できる単語をつないで相手の言っている事を理解するようなところのあるhikariだったので、
お友達がそれほど深い意味で言ったわけではない言葉にでも過敏に反応してとても辛い思いをしていたのかもしれません。

家での様子はそれほど変わったところはなかったのですが、保育園に行くことを渋るようになりました。
園の玄関で泣けてきて、家に引き返した日もありました。
A先生とhiakriとの信頼関係はしっかりしたものだったので、園に無事送り届けたあとはすべて先生にお任せでした。
自分の気持ちが言えず、お友達の真意も汲み取れなくて困っている時は先生に中に入ってもらうことでhikariは安心できたようです。

それでも気持ちが不安定な時は自分からよく園舎の2階の職員室の横の座敷に行くようになりました。
その「お二階の部屋」はどなたか先生のいつもいらっしゃる職員室の隣の静かな部屋で、ブロックや積み木や絵本など、hikariが好きなことをして静かにすごせるようにしてあるお部屋でした。
この「お二階の部屋」で好きな遊びをしながら、手の空いた先生と静かな時間を過ごして気分転換ができると、またみんなのいるところに戻っていく、というようなことが続きました。
まったく一人ぼっちではなく、静かで好きなおもちゃのある「お二階の部屋」はhiakriにとってとても大切な、安心できる場所になりました。

もっともっとプレッシャーを感じるようになる年長組になってからも「お二階の部屋」はhikariにとって、とても大切な気分転換の場所、お気に入りのお部屋になっていきました





machiのひとこと

秋に受けた高機能自閉症という診断を軸にして、本当に突っ走った年中時代でした
泣いたり笑ったり、落ち込んだり割り切ったり…
本も読んだし、いろんな人に出会うことを求め、とにかく、動いていました。
ただただ夢中だった。
時に目の前のhikariを見失いそうな時もあったけど、この1年間、hiakriも、私も、とても成長しました

これで、生育暦・保育園年中組は終わりです。
新年からは年長組のカテゴリーに入ります。
年長組の1年間は、目標がはっきりしていました。
小学校への就学です。

当時書いた生育暦をベースに書き進めることは変わりませんが、記憶をできるだけたどって書き加えていきたいと思います。
"就学"…それまでの1年間、いろいろなことがありました…


ここまで読んでくださってありがとうございました。
2007年、皆様にとっても、machi家にとってもよい年でありますように。
どうぞ、来年もよろしくお願いいたします



2006-12-31(Sun) 20:00| 生育暦 -保育園・年中組-| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/30-7b11acd8

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。