カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

家族の想い、兄妹の想い

先週の『僕の歩く道』を見て、改めて感じました。
障害者の家族の想い…兄妹の想い…

僕の歩く道』の主人公テルの兄の言葉…
「人に迷惑かけて当然だと思うな。ずっと兄妹が面倒見てくれるだなんて思うな。」
ひどい言葉のように聞こえるけど、ずっとずっと小さい頃からいっしょに暮らしている兄妹の思いというのは、とても複雑なものであると思います。

私もpapaも、おそらくhikariよりも先に人生を終えます。
誰かがいつもそばにいて手を貸してやらねばならない子どもの場合、
自分がいなくなったあと、その"誰か"の役割をやはり一番に兄妹に求めます。
hikariも、とてもがんばっていて、彼なりの"幸せ"を見つけようとしているけれど…援助が要らない、ちゃんと自立して家庭も持てるようになる、とは言い切れません。
将来ではなくても、今も、今までも、妹たちから見ると私たちはhikariに何か特別な関わりをしている、と感じているでしょう。

「なんでhikariだけ…
「ちょっと待って、ばっかり…

そんな思いは『僕の歩く道』のテルの兄や妹ほどに強く深いものではないかもしれませんが、
よく似た思いを持っているのではないか、今でなくても、これからそんな思いを持つようになるのでは、と思ってしまいます。

papaとはよく"真ん中"の子供にちゃんと手をかけよう、と話しました。
3年生のmomoです。(いつも、お姉ちゃん、という書き方をしていたのでややこしいので、あだ名をつけました♪)

momoも友達関係でいろいろと悩みがあるようで、普段はとてもよくちびちゃんの事を見てくれていいお姉ちゃんなのですが、急にふてくされたり、ひねくれたことをします。
そんな時はゆっくり話を聞いてみると、やっぱり…友達と何かあったりするのです。

僕の歩く道』の主人公、テルの妹りなちゃんは、小さい頃からお母さんの手のかからない、とてもしっかりした子だったようで、テルに手がかかり、悩みも多いお母さんは、りなちゃんを精神的にもとても頼りにしていて、りなちゃんにテルのことを話すことで、自分の心を癒していたようです。
りなちゃんはお母さんに甘えたかった…
りなちゃんはお母さんにもっと心配してほしかった…
大人になったりなちゃん。
もっといろんなことが理解できていて、甘えられなくて、淋しくて…
テルの主治医の先生に相談に行き、テルのことではなく、自分の思いを吐露してしまう。
声を上げて泣くりなちゃん…

りなちゃんとうちのmomoの姿が重なりました。
そんな思いをさせてはいけない。
そんな思いを背負わせて育ててはいけない、と、
彼女には彼女の育ちを、ちゃんと見ていかなくてはならないな、と強く思いました。
その上で、hikariのよき理解者となってくれたら…
とても難しいことだけど、そうなってほしい、と思っています。







テルのお母さんが、りなちゃんに間違った子育てをしていたなんてことはまったく思っていません。
先生の前で号泣するりなちゃんを見て、ただ…momoの姿が重なって

僕の歩く道』、次が最終回です。
草くんの演技力と、努力に毎回驚かされます。
とても穏やかで、純真なテル…
彼に自閉症という障害がなければ、どんな表情でどんな言葉を発したのだろう。
その"出てこない"言葉を、草くんが演技で見せてくれているように思います。
毎回、妙なところで涙があふれてきます(←あふれるどころではない(笑))

特にSMAPのファンでも、草くんのファンでもなかったのですが、
このドラマで、たくさんの人が自閉症に、人間の本質に…何かを感じてくれたらいいな、と思います

2006-12-15(Fri) 23:47| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 12

コメント

machi-machiさん、おはようございます。

そうそう、
先週はこぱんも涙涙でドラマを見ていました。
りなちゃんも愛おしくてギュウッと抱きしめたくなるなりました。
誰でも「りなちゃんの心」はもっているんだと思いました。
欲望の塊で普段我慢なんかしてないうちの子達も
抱えている思い、さみしい思いはあるんだろうなって…
母として愛する気持ちは一緒なんだけど
時に子どもの目線で考えなくっちゃ☆

machiさんの記事を読んで自分が子どもの頃も思い出しました。
三人兄妹の真ん中ってナイーブなんですよ(笑)
手をかけられないで育てられた分、振り向いて欲しい気持ちが
誰よりも強かったかも…
こぱんも真ん中なんですよ~ひねくれた子に育ちました(爆)

momoちゃんはすくすく育っていて安心ですね。
machi家の子育て素敵です♪
ごめんなさい、記事とあまり関係ない内容になってしまいました・ぺこり。

2006-12-19(Tue) 08:52 | URL | こぱん #-[ 編集]

私も号泣したくなりました。

私はmomoちゃんですし、りなちゃんです。
私は二人姉妹ですが、妹は心臓に穴が開いていて、
幼稚園までしか生きられないと言われていました。
今から50年以上前で、
心臓手術の成功例がほんとに少なかったのです。

両親は、もちろん妹が不憫でならなかったと思います。
いろんな病院を渡り歩き、妹を助けようとしました。
2歳年上の私は、とてもとてもいい子でした。
いい子でいることがあたりまえだと思って、
それが苦痛だとも思わずに育ちました。
わがままを言ったこともありません。
大きな声で泣いたこともありません。

幸い、妹は小学校に入学できましたが、
私が妹のランドセルも持って登校していました。
妹を守ることが私の役目だと信じていました。
でも、それは、後からトラウマとなって、
私を苦しめることになりました。

心を解放できない・・、そういう人間になっていました。
母は私を愛してくれましたが、姉としての役割、
そして、母の同志としての役割を私に求めたのだと思います。
母も、精一杯だったのです。
だから、母を恨んだりしたことはありません。
でも、父がもう少し、子供の気持ちを考えられる人間だったら、
私は救われていただろうと思っています。

machiさんご夫婦の3人のお子さん対する愛情は、すばらしいです。
父もそうであってほしかった・・、そう思います。

2006-12-19(Tue) 13:23 | URL | nanako #-[ 編集]

親の愛情・・・

こんばんは♪

momoちゃんは・・・ご主人とmachiさんの愛情をたくさん受けているから
hikariくんのことを・・・自然に想ってゆけると思います・・・。
愛情をたくさん受けて育った子は・・・周囲にも自然に愛を与えることができるのです。私は・そう思います・・。
machiさんやご主人の想いは、子供さんたちに届いていると思うから、これから大きくなるにつれて、きっと momoちゃんといっしょに一番下のお嬢さんもhikariくんのことを理解してくれると思うのです。
きょうだい・・・我が家も兄妹・・・ですが、我が家の場合は下の子があんな状態だったから、上の息子が早く大人にならなければならない立場となってしまいました。
今も・・・それが続いているというか、私も息子を頼りにしているし、もしも・・・の時は、妹のことをお願い・・・今日もそう言ってしまいました。
もしかしたら、息子は(妹より私のことを)負担に思っているかもしれない・・・でも、私なりに息子を思う気持ちは娘に対してと同じなので・・・いつか時が経ってわかってくれたらいいな・・・そう思って今を生きています。
うまく伝わっていなかったら・・・ごめんなさい。

2006-12-19(Tue) 22:56 | URL | sara #ls0kNZmc[ 編集]

こぱんさんへ♪

こぱんさんも、『僕の歩く道』…見てらしたのですよね♪
昨日、最終回でしたね。
目の届く自宅からグループホームへと送り出すお母さんの心情に涙しましたが、トビが大空に羽ばたく姿に象徴されるような、さわやかな、希望あふれるシーンに、思わず、『がんばって』と笑顔になりましたv-352

momoの子育てには、気を抜くとダメ、といつも自戒の念があります。
人一倍甘えん坊で、淋しがりやで、でも頑張り屋で、意地っ張りで、負けず嫌い。
彼女の思いを理解するところから、彼女の子育てはスタートすると思っています。
そうは言うものの、なかなか現実は厳しいですv-356
しっかりものなので、ついついちびちゃんの世話を頼んだり、私のプチイライラをしっかり受信するので、とても気を遣います。
ふとそんな彼女に気づくと、しまった、と思うのですが…
『ありがとうな~~』の連発でしのいでいるという感じです。
まだまだですね…私とmomoの歩く道…v-343

2006-12-20(Wed) 09:05 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

nanakoさんへ♪

とても話しにくいことを、辛い思いを書かせてしまってごめんなさい。
nanakoさん…子供の頃は、甘えられないこと、心を開放できないことが辛い、とは感じなかったのではないですか?
そうなのが当たり前で、ご病気の妹さんと、心砕くご両親、そしてご両親から見るととてもおりこうさんのnanakoさん…

母が亡くなって、父がすぐに再婚した時、私は中3。
幼稚園の弟のために、新しい母にはまったく反抗しませんでした。
自分を出しませんでした。
お弁当に嫌いなおかずが入っていても、洗濯物がたたまないで部屋の床に散らばっておいてあっても、お弁当は全部食べて帰ったし、洗濯物は自分でたたんでタンスにしまいました。
進学校へ進み、内緒でバイトしたり、友達とちょっと悪いこともしました。
でも、母とは、相談したり、けんかしたり、心配されたり…ごめんなさい…記憶がありません。
気づいた時には、私は何でも自分で決めるようになっていました。
もう、どうにも事態を変えられないところにきて、両親に思いを告げるようになりました。
父がいった言葉『お前は何でも自分で決めてしまう』…
そうなったのは、誰のせいなんだろう??
とても悲しかったのを覚えています。
でも、そんな父ですが、不器用ですが、私にとっては救いの存在でした。

私は、真ん中でもなく、弟が重い病気でもなかったですが、そんな思いをもって大人になってしまいました。
自分子供にはそんな思いはさせたくない、両親には感謝していますが、やっぱり、そういうふうに思ってしまいます。

2006-12-20(Wed) 09:25 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

v-276 machi さんは、ちゃんとmomoちゃんを見ていますよ。
「寂しいなぁ。」という気持ち、確かにない訳ではないと思いますが、お母さんがちゃんと見てくれていること、伝わっていると思いますよ。
ごめんなさい…何だか、言葉が見当たらなくて。
 草薙君の演技には…私も毎週(T_T)でした。
また来ます。

2006-12-20(Wed) 10:15 | URL | 母たぬき #bOurk9sE[ 編集]

saraさんへ♪

お返事が途切れてしまってごめんなさい。
今日は出かけなくてはならなくて、今やっと落ち着いてPCに向かっています。。

いろんな家族があって、いろんな生き方がある…
saraさん、よくおっしゃいますよね。
その言葉の意味が、最近、ようやく自分にも当てはめて思えるようになってきました。
私の生き方、なんて胸を張って言えるほど立派なことをしているわけではないけど、なんとなく過ごしてきた毎日をこうしてブログに綴り、文字にしてわが身を振り返る。
そんな私を皆さんが温かい言葉で励ましてくださる。
ああ、これが私の生き方なんだ、私の家族なんだ、って、思うようになってきたのです。

なんかお返事になってないですが…
想いはきっと伝わり、伝えていけるものだと思います。

2006-12-20(Wed) 22:39 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

母たぬきさんへ♪

母たぬきさん、ありがとうございます♪

hikariがこういうタイプの子である一方で、神様はmomoという"普通"の子を授けてくださって、私たち夫婦を試しているようにさえ思います(笑)
そして、ちびちゃんからはどんな試練をもらうんだろうv-356

子どもには同じように愛情を注いでいるつもりでも、子供たちにその思いが届かなければ、悲しいですね。
ちゃんと届くよう、言葉で、体で、伝えていかなくては、と思いますv-343

2006-12-20(Wed) 23:19 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

machiさん、こんにちは♪

私にも、娘のキラリがいます。
私自身が、幼少時代弟が入退院を繰り返していたためずいぶん寂しい思いをしていました。(記憶にない部分も多いのですが)
小学校時代もまず弟に母が目を向けていたように思い込み、とてもさびしい思いをしていました。でも、自分の内面に気持ちを抑えこみ、外から見れば「何でも一人でできるいい子」だったので、母も安心していたのかもしれません。

息子が自閉症と診断されて、心に誓ったことがひとつ
「キラリに寂しい思いをさせないようにしよう。」
ということでした。

実際には、2歳違いで、両親は他県住まい・夫は出張ばかり・私が一生懸命頑張ってみても、キラリには 今まできっと寂しい思いをさせてきていると思います。
だから、少し考え方を変えました。

息子にかける時間も、言葉もやっぱり削れない。
だから、キラリだけの、キラリのだめだけの時間をつくろうと・・・
キラリと二人だけで買い物をしたり、キラリのために手作りの雑貨を作ったり、お料理をしたり・・・

私も、僕の歩く道で、りなちゃんが「私も、お母さんに甘えたかった」というセリフには、自分を重ねたのかキラリを重ねたのか、たぶん両方だと思うのですが、泣いてしまいました。

どのくらい、キラリに私の気持ちが伝わっているのだろうと・・・時々、とても不安になることがあります。

長いコメントでごめんなさい。
machiさんの記事、みなさんのコメントを読んで、考えさせられることがいっぱいありました。

2006-12-22(Fri) 09:15 | URL | Love♪ #ew5kOZ9E[ 編集]

Love♪さんへ♪

コメントありがとうございます♪

神様はちょっと意地悪ですね。
何か助けのいる子供にはしっかり者のキョウダイをお付けになる…
なんか、そんな気持ちにさえなります。
そして、ちゃんと、それをわかってあげられる両親のところに子供をお送りになる。
私もいつも不安です。
momoはどう感じているのだろう。
淋しくないのかな?

Love♪さんの考え、とても共感します。
手をかけなくてはならない子供への時間を減らすことができないのなら、しっかり者の子供と過ごす時間を増やすv-343
子供が3人いると、3倍しんどいよね、とか、
2人と3人とでは親の負担が違うよね、とか、
よく生む前に言われました。
そうかな…
いつもそう思ってきました。
3人いたら親の愛情は3分割なのかな?
ううん。。3倍になるんよv-352
しんどさも3倍なら、きっと愛情も3倍。
悲しみも3倍かもしれないけど、喜びは3倍以上(笑)

そして、愛情は時には厳しくて、叱ったり、お説教することも、その子のことを想うからこそ…
そういいながら、どの子にも、がみがみお母さんでいようと思っています。
私、あまり叱られない子だったから…
叱って、愛情を示してほしかった、なんて思うこともあります。
でも言葉で伝えなくてはなりませんね。
なんかお返事になってない??
やっぱり、記事よりコメントのやり取りが充実してしまうmachiですね~~v-356

2006-12-23(Sat) 08:08 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

machiさんがmomoちゃんのことについて、ことさら記事にされてない
ことが気になってました。
母として子供達への愛情は平等であると思いつつ、どこかでバランスを
欠いていたかな、なんて思いがあったのでしょう。
でも、親よりも子供のほうが現実をきちんと見つめているものです。
以前、(またイゼンか?)「あなたの心の左側」のお話、saraさんと
聞いてくれたでしょ?
「親として。」という気持ちと同じく「子供として。」という気持ちが
あると思います。
子供をなめてはいけません。
それはコメ中のmachiさんの父と義母を見る目です。
逆にmomoちゃんにとって、一生懸命に、hikariくんをサポートしてる
姿は、成長の糧になっていると信じます。
大丈夫。
間違ってないよmachiちゃんは。

2006-12-24(Sun) 01:38 | URL | moukun #-[ 編集]

moukunさんへ♪

momoは立つと同時に言葉を話し、2歳過ぎにはオムツも取れて、
保育園ではおてんばながらも活発な子供らしい子。
小学校入学してからは、学校ではどの教科もまんべんなくこなす明るい優等生(ちょっとほめすぎ?)
家ではちょっといい加減でお調子者でよくしかられるところが、
いつも私は感じるのですが、momoなりのメッセージなのか、と…
かまってほしい、認めてほしい、淋しい、ほんとは強くなんかない…
全部、私が小さい頃感じていたこと…
わかるよ、その気持ち。
って感じなのですよ。

間違ってないかな?
冬休みに入ってから、(いつものことだけど)hikariの心がやや不安定になります。
hikariと話し込んでいると、なぜかいつもmomoはちびちゃんの相手をして、お風呂まで入れてくれます。
本当に助かります。
これって、わかってくれているのかな?
そう思うと、いっそうmomoがかわいくなります。

これでいいのかな?
今は…

2006-12-24(Sun) 07:39 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/27-e82ae05e

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。