カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

診断 -診断の日-

発達相談発達相談員によるカウンセリング)を受け始めたのは年少組の頃でした。
3ヶ月に一度くらいのその相談の中で、常にちらちらとよぎるのは『診断』ということ。

医療機関による診断とは?
その意味は?
必要のあるものか?
診断によって受けるメリットは?
診断を受けるタイミングは?


いろいろなことを考えながら1年が過ぎようとしていました。

大きな行事、運動会が終わった頃だと思います。
診断を受けようという決意ができてきました。

車で30分ほどの専門の病院へhikariとpapaと私…たぶん3人で行ったのだと思います。
自動ドアが開いて入るとそこには…
奇声を上げて歩き回る子供。
車椅子に乗った表情の硬い子供。
ただひたすら両手を顔の前で振っている子供。

少なからずショックでした。
障害者の方に理解のある"ふり"をしなくてはならない自分がとても嫌でした。

そこにhikariといっしょに立っている、受付をしている。
何か心がふわふわと身体から抜け出て…きれいごとでは済まされない、でも、引き返すことのできない一歩なのだ、と心の中は嵐が吹き荒れていたのに、なぜか…むしろ平静を装う私でした。

名前が呼ばれ診察室に入りました。
事前に渡してある発達相談員さんからの紹介状を読まれる先生。
実はこの院長先生は、hikariが1~2歳の頃に、地元の小児科で外来をされていた方なのでした。
それもあって、先生の人柄なども知っていたのでこの病院で診断を受けることにしたのでした。

hikariにもいくつかの質問をしたり、私にも日ごろのやり取りなどを聞かれました。
そして受けた診断は、広汎性発達障害高機能自閉症

…ショウガイ??…ジヘイショウ??

ある程度の覚悟はできていたし、事前に発達相談員さんとのお話の中で診断名はいくつか出ていたし、関連する本も読んでいました。

やっぱり、という思いと、ジヘイショウ?という思い。

先生は自閉症スペクトラムのお話をされ、hikariがだいたいどの辺の位置にいるのか、優しく説明してくださいました。
ただ必死で聞くだけでした。
頭の中に「ジヘイショウ」「ショウガイ」という言葉が重く重く渦巻き、それを振り払うように必死で先生の言葉に気持ちを集中させようとしました。

あとは覚えていません。
papaとどんな話をしながら帰ったのか。
どこかへ寄って食事でもしたのか。

質問攻めしてくるpapaに、必死で自分の感情を抑えながら返事していたような気がします。

自閉症…治らない…どうなってゆくのか…
でも目の前には、素直で、優しい、可愛いhikariがいる。
ちょっとお話は下手だけど、
ちょっとお友達と遊ぶのは得意ではないけど、
ちょっと右と左がわからなかったり、曜日を間違えたり、普通にわかることがわからなかったりするけど…
ちょっと、ちょっと、ちょっと…


診断を受けてしばらくの間は、何から、どこから手をつけてよいのか、
心がふわふわと宙に浮いて、
いろんな考えが頭の中をぐるぐる回って…
図書館で手当たり次第に関連する本を借りてきては、文字を目で追うだけでちっとも頭に入らないのに…どうしたらいいかわからなくて、でも前に進みたくて…ひたすら読んでいました。


今日(13日)追記しました。





machiのひとこと


本文の中で、病院に入った時に広がった光景について感じたこと…
その時のココロを思い出して、正直に書きましたが、
誤解しないでくださいね。
でも…障害をお持ちの方やその御家族の方がもしも嫌な思いをされたら、ごめんなさい。
私が感じたのは『自分の考えの狭さ』なのです。(たぶん…)
当たり前のように、両足で歩き、呼吸をし、楽しいことには笑い、悲しければ泣いて、友達や家族とおしゃべりし、つまらないことには不平不満を言う…
そんなふうに過ごしてきた自分。
わが子に障害があるかもしれない、とその病院を訪れた時に最初に目に入った風景。
まったく違う世界、というのではなく、同じ世界で、こんなふうにちゃんと、自分に与えられた命を生きている人たちがいる。
そのことが、その時はただ漠然と、不安な心にズンと"違う問いかけ"をしてきたような気がして…
言葉は足りませんが…わかっていただけますでしょうか?

2006-12-12(Tue) 23:00| 生育暦 -保育園・年中組-| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/25-be9044aa

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。