カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

ファジーな心と素敵なフラッシュバック

machi家は平穏無事に6月を迎えています。

あ。。そうでもないか(笑)
前記事の結果のご報告がまだでした。

更新があいていた(まあ珍しいことでもないのですが)ことでもお察しいただけると思いますが、
やはり期待していたような経過はたどりませんでした。

結局、担任からの電話も何らかの説明もありませんでした。
1年のときの担任でもあり、今回の”事件”の相手である男子生徒の担任からは連絡がありましたが。

まあ。。その内容も、特にここに文字にするほどのことでもなくて。

結局は

「そのときすぐに言ってくれてたら。」

「『知らない』というんだから、もうそれ以上は手段がない。」

そんなようなことでした。

もう、深く考えるのはよそうと思いました。
そして、期待することもやめました。

中学校なんてそんなもん。
そう思うほうがずっと楽なんです、きっと。
machiらしくありませんが、環境によって自分を変えていくことも順応する能力なんです、きっと。

きりきり痛むみぞおちを押さえながら、これ以上熱く燃えたってしょうがないや。。
勇気ある撤退、と一応はmachiのプライドに許しを請うことにしました(笑)





というわけで、1年生のときのうろたえや混乱が嘘のように何もかもが何となく気持ちよい歯車の回転を生み出しています。
ふつ~の男子中学生の母親をさせていただいているような感じです。

ただ、生活感いっぱいの家の中ではやはりアスペ色ぷんぷんで、常にツッコミの対象になってしまうhikariです。(関西は厳しい~~~)

気持ちが角張っているときはそのツッコミを正面から受け止めてついつい”マジギレ”してしまうhikariですが、時にはいわゆるノリツッコミができたり、へらへらと自然な笑顔で聞き流したりもできる場面も増えてきた気がします。

「あ☆おこらへんやん! へ~~やるなあ♪」

なんて、変な所で感心したり心の中で”コケッ”とかなってたりします。





今年は一番下のおちびが年長組で、最後の保育園保護者会ということもあって、ひとつひとつの行事に深くかかわり、そして先生や園との接触も多くあります。
10年近くにわたり園と関わりをもてたことはある意味私は恵まれているな~とふとしたときに思います。

一番下のおちびの子育てをしながら、hikariと2つ下の長女の子育てを振り返ることができるのです。

むずかる子どもを引きつった顔でなだめているお母さんを見かけると、当時の自分が胸によみがえります。

園の廊下を歩くとお部屋の中にあの頃のhikariがいるような錯覚を起こしたりします。

あの頃の自分、あの頃のhikari、あの頃の先生たち…
あの頃いっぱい悩んだこと、涙したこと、一緒に喜び合った先生の笑顔…

幼児期に喜怒哀楽~様々な感情を素直に出して子どもと向き合い、そして先生とも向き合い、家族だけでなく、第3者の目からの意見も聞きながら、共に子育てと向き合うこと…
その大切さを教えてくれた保育園

今私はhikariがいた、長女もいた、そしておちびがいるこの保育園に、
ささやかな恩返しをしているのかもしれません。



今のhikariの姿を横目に見ながら、幼児期にいかに子どもと正面から向き合い、寄り添い、共に育つか…その大切さを重く心に感じています。




今子どもさんがその時期にいらっしゃるお母さんにはきれいごとに聞こえるかもしれませんが、
とても難しいことかもしれませんが、
自分と向き合い、子どもと向き合い、たとえ回り道をしても、必ず光は見えてくる…


私はそう思います。

2009-06-04(Thu) 23:15| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/198-d0e88984

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。