カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

お手並み拝見

2年生になって平和に過ごしている…はずだったのに、やはり何かしらの小さな”事件”はあったようです(笑)

起こったのは新学期始まってすぐの4月中旬。
どうして今まで黙っていたのかな。。

新学期に向けて文房具を新調してやったのですが、そのときちょっと話題になっていた”クルトガ”。
あまり珍しい物を持たせるとなくなるかな~なんてうっすら思っていたのだけど、まあ、もうクラスも変わることだし。。

予感は的中。
早速になくなってしまっていたようです。

詳しく聞くとどうも友達が持っていって、ふっとどこかに置いた一瞬のすきに誰かに盗られてしまった、というのです。


早速に担任に電話で報告。
あらかたhikariから聞いた話を伝えて。
その友達の親とはまあまあ話せる間柄でもあるのだけど、

「学校で起こったことなので先生にお任せします。」

ということで電話を切った。

お手並み拝見!?




翌日、学校から帰ってきたhikariに

「先生と話した?」

「うん。。まあ。。」

なんとなくはっきりしない返事。

「どんなこと話したん?」

「…『うん』しか言ってない。。」

は???
どういうことですか?

”あらかた”しか伝えていないはずなのに。

…期待していた私がバカだったのかなあ。。
うまく話を引き出してくれないと、hikariが自分から『とられた』ことの状況なりそれが事実であるということを証明できる細かい記憶まで自分から話せるわけがないのに…

というのも、相手の子は『知らない。覚えてない。』でどうもシラをきるつもりのようなんですよね。

いろんな感情をぐっとこらえて(笑)hikariへの尋問を始めたmachiでした。

出てくるわ出てくるわ新事実(笑)

細かい会話までhikariは思い出しました。

彼につじつまの合うもっともらしい作り話なんてできっこありません。
不可能なんです。
嘘をつかない、というよりも、つけない、んですから。



先生にもう一度電話。
職員会議であることは知っていましたが、後でかけてもらうようにお願いした、にもかかわらず痺れを切らして2時間後再度電話。
(ここでもぶち切れそうになるmachiでしたが。。抑えて、抑えて。。)

上級テクニックで聞きだした話の内容を伝えると

「うまく聞き出せなくてすみませんでした。
 私の質問の仕方が悪かったです。」

ほんまに。
でも、伝えましたよ。
これが事実です。

相手の子がしらを切りとおすなら、”クルトガ”は帰っては来ないでしょう。
そのこともわかっています。
しかも1ヶ月以上経っているし。

でも、私がなぜ先生に動いてほしいのかというと、hikariにその先生の姿を見せたいからです。
先生、わかってもらえますか?

自分が困ったとき、先生はほっとかないできちんとその姿を見つめ、自分に向き合ってくれるんだ。
そんな先生の姿を見せてやりたいんです。
そうすれば、たとえモノが返ってこなくても、心は納得できるのではないかと思うのです。
私もhikariに先生との信頼関係を作っていく手助けをするひと言が言えると思うのです。

頼みますよ、先生。
家庭訪問のときにお伝えしたこと。

「hkariが辛そうなときや困っているとき、正面から向き合って一緒に考えてやってください。
 いろいろな知識よりも、そのことがhikariにとっていちばんうれしいことです。
 それでじゅうぶんなんです。」

今、そのときなんですよ。
これが、そういうことなんです。

もう一度お手並み拝見といきましょう。
明日、何かしら返事が来る…かな。





幸い、hikariは落ち込んだり不安がったりしているわけではなく、落ち着いて学校を楽しんでいます。

むしろだからこそ、きちんとした答えが私は欲しいのです。

2009-05-14(Thu) 22:51| hikari中学2年生| トラックバック 0| コメント 6

コメント

はじめまして。

はじめまして。
ゆうか と申します。
小学校で特別支援員をしています。
勉強不足を痛感する毎日です。
子ども達の生の声が知りたいと思って検索していて、こちらにおじゃましました。

正面から向き合って一緒に考える。
そうですよね。まずは、小手先の知識や技術ではなく、こちらの心ですよね。
ありがとうございます。
心にとめておきます。

2009-05-15(Fri) 18:35 | URL | ゆうか #-[ 編集]

そうですよね。

心があれば通じるはず。
先生はしっかり受け止めてほしいですね。
hikari君が落ち着いて学校に行っているのが何よりです。
事が好転することを祈ってます。。。

2009-05-16(Sat) 17:18 | URL | wakazukuri #Xbzjw8ZA[ 編集]

ゆうかさまへ♪

はじめまして。コメントありがとうございます。

現職の先生からのコメント、とてもうれしく思っています。

私は今までの経験を通じて、経験豊富な先生もそうでない先生もそう大きな差はないと思っています。
その子どもが小さいときは、まだ生活スキルも、自分の気持ちを伝えるテクニックも未熟なので、ある程度の一般的な発達障害に対する知識は必要で、支援する立場からも何かしら手立てを見つけるのに役に立つと思います。
それも大切なことなのです。
でも、発達障害は発達しないのではなく、発達のスピードなり順番がみんなとは少し違うだけなのではないかと思うのです。
だから…少しずつ見えなくなっていく彼らの特性だけど、助けて欲しいのは大人になってもちっとも変わらないのです。

じゃ、わかりにくくなっていく彼らの困り感をどう救い上げるのか?
それは、”心に寄り添う”事がやはり一番大切なことだと思うんです。

ゆうかさんがそのことを心に留めておいてくださる…ゆうか先生と出会ってゆく子供たちはきっとゆうか先生のことが大好きになると思います。

リンク先として右にあげさせていただいてるまっぷーさんの”今日もにこにこ”を一度訪ねられてみてください。
発達障害を持つ子どもの親たち、特にアスペや高機能といった普通学級にいる発達障害の子どもたちの親や子ども自身の気持ちをとてもよく書き表されています。
きっとゆうかさんの心に響く記事ばかりだと思います。

ゆうかさんのコメントは私にとってもとても励みになりました。
ありがとうございました♪

2009-05-16(Sat) 22:39 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

wakaさまへ♪

こんばんは♪
いつもコメントありがとうございます。

”心に寄り添うこと”…考えてみれば、発達障害のある子どもたちにだけではなく、子育ての原点なのかもしれません。
私自身も子どもたちと向き合うとき、そして、時に迷ったり途方にくれそうになったとき、そのことを心に思い浮かべようと思っています。

事態は…なかなか難しいところです。。
こっちを立てればこっちが…
でも、私はhikariの親であるので、hikariの気持ちを大切にしてやりたいと思っています。
そういう方向に解決していけたら。。と思っています。

2009-05-16(Sat) 22:49 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

こんにちは。
ご無沙汰しています。
うちの長男も、中学校生活が始まりました。
うちは高機能クンじゃなですが、
大人しい、のんびりした子です。

そうですねぇ・・
お手並み拝見って気持ち、よくわかります。
残念ですが、クルトガは戻ってこないでしょうが、先生には、お子さんの心が大丈夫か、考えてほしいです。
うちは、学級崩壊になりそうなクラスでして、
困ったもんです。

その後、学校から何かありましたか?

2009-05-17(Sun) 11:43 | URL | しのびー #-[ 編集]

しのびーさんへ♪

こんにちは。
私のほうもかなりぼちぼちの更新なので…コメントありがとうございます。

学級崩壊、ですか。。
hikariも去年はそんな感じのクラスに放り込まれた、というイメージでした。
いろいろ気をもみますね。

そうですよね~やっぱり”クルトガ”は戻ってこないですよね(涙)

ずっと使っていて愛着のあるものや使い慣れているものにはけっこう執着のあるhikariですが、買ってすぐになくしてしまった”クルトガ”のことはそんなに気にはならないようです。
ならどうしてひと月近くも黙っていたのかというと、それはやっぱりお母さんに申し訳ない、という気持ちからなのでしょう。
新学年、せっかくお母さんがフンパツして(笑)買ってくれたのに…

相手の子にはその担任が聞いてくれたのですが(1年の時のhikariの担任)やはり知らんふりをされたようでした。

「でも、僕ははっきり覚えてるもん!」

と意見したhikariに担任は

「う~ん。。こまったなあ。。」

というわけで、まだ直接に担任からは連絡が入っていません。

こちらの求めているものは何か?
hikariの気持ちにどこまで近づいてきてくれるのか?

私が知りたい答えはそこにあります。

2009-05-17(Sun) 15:54 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/197-b6d38535

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。