カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

新学期スタート!

今日から新学期がスタートしました。

ほんとにもうドキドキ。。
平静を装ってはいたものの、今日が終わったことでこんなに心が安堵するとは。。

クラスのメンバーはなかなかのもので、リーダー的な子がちゃんといてくれて、hikariが一緒になりたかった子が3人ほどいてくれて…
これは配慮かな、と心の中で小さくガッツポーズ(笑)

女子のメンバーもいい感じで、ほんとにほっとしました。

そして担任。
中学は学年の先生が持ち上がりは常識なのでちょっと不安ではありましたが(苦笑)若い女性の英語の先生が担任でした。
1年の担任とは違ってすれてなくて(笑)正面から向き合ってくれそうないい感じの先生だと思います。
あ~~よかった。。




さて、いつもなら学年が変わるごとに先生への”お願い文書”を作ってたっけ。
中学になったんだし、と、去年も、どうしようか迷いつつ結局ドタバタといろいろあって先生との交換ノートに踏み切ったのでした。

でも今年はそんな迷いは無いのです。
”学校へのお願い文書”は今年は書きません。
それは確かな言葉に背中を押してもらったから。




春休み、母だけで主治医のいる病院のSTの先生との面談に行きました。
1年間を振り返っての母としての思い、学年を終わるに当たってのhikariの思いなどをひとしきり話した後、診断名の話になりました。

ずっともやっと頭の中に?マークがあったこと。

【診断名は変わるのか?】

じつはこのSTの先生との面談の前に主治医による診察を受けていました。
そこで↑の疑問。。診断名のことについて尋ねたのでした。

結論は【変わりうる】ということ。
今のhikariの状態、生活、学校での様子などから判断して”アスペルガー症候群”であると言っていい、ということでした。

まあ、今この時期に診断名というものはさほど重要ではないのですが。

そして、その”診断”ということについてSTの先生にも聞いてみたところ、やはり”アスペ”でよいのでは、ということになりました。

その”診断”。
繰り返しますが、今この時期にhikariにとって診断名はさほど重要ではありません。
じゃ、診断、って何のためなんだろう??
というわかりきってたことに立ち戻ったとき、先生から目からウロコの言葉を聞いたんです。

その人が日常生活において極めて困難を抱えているとき、その原因が何であるかを考えるために診断が有効となる。

そうなのですよね。うん、そうなの。
目からウロコ、というか、わかっていたことなんだけど、今聞くと違う意味に聞こえてきて「あ☆そういうことか!!」って気付かされました。

だから…今ここに来て、2年生になってhikariには”先生へのお願い文書”はもう必要ない、と考えたのです。

今までいろいろなトラブル、試練を経験してきて、彼なりの解決方法やテクニックを身につけてきています。
今年は(と言うかこれからは)何か困難な状態になったときに援助することでじゅうぶんなのではないか?
むしろそうすることが彼の成長を支え、周囲との融合に有効なのではないか?
と改めて気付いたのです。
いつもいつも先回りして予防線を張っておいて予めhiakriについての予備知識を先生に植え付ける…それが有効でかつ必要な時期はもう過ぎたのではないかと。

今は…彼の持つ本質的なアスペという特性をきちんと理解しつつ、困っているときは助けてやれる位置にいつもいて見守り、いつでも駆け込んでこれる心の砦(とりで)になってやる。
それが今年の私の役割なのではないか、と思っています。

というか、今年こそ。。
手をつなぎ横に並んで歩くのではなく、そっと手を離して、でも彼が振り向いたらいつもそこに微笑んでいる。
そんな母でいたいと思うのです。

だから、辛そうにしていても出来るだけ手を出さず、どこまで自分で切り抜けて行けるか、身をかわして行けるか、そんな姿を見守りたいのです。

新学期スタート!!
きっと見つけられるよ。
今までとは違う自分を。


2009-04-08(Wed) 23:06| hikari中学2年生| トラックバック 0| コメント 2

コメント

新学期スタート

こんにちは。

新たなスタート。いいですね~ちゃんと 風を感じることが出来ました。

わたしも がんばろうっと! (笑)

2009-04-20(Mon) 08:34 | URL | たま #PHl5.jPs[ 編集]

たまさんへ♪

こんにちは♪

桜の季節も終わってだんだんと緑が濃くなってきましたね。

はじまってまだ10日ほどですが、今のところ平和です(笑)

2009-04-20(Mon) 12:12 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/195-687d6d17

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。