カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

うれしかったメール

先日、1通のうれしいメールがありました。

それは、hikariが1番辛かった6月、いろいろな出来事があったけど、最後までhikariのことをわかってくれず嫌がらせをしてた子のお母さんからのメールでした。

2学期、体育祭が終わった頃から今この時期まで、思い返して見るとパタッとその子の話題はなくなっていました。
hikariに何か仕掛けてくることがいつの間にかなくなっていたんです。
それまでは日常的なことだった時期もあったので、不思議なくらいに何もなくなっていました。

そのお母さんはメールにこう書いてくれていました。

最近何も連絡ないけど○○のせいで嫌な思いとかしてないかと絶えず気にしています。
(中略)
でも今夜は珍しくhikariくんの話を延々としていたのでメールしました。
体育館であったサッカー大会のhikariくんの名プレーを実演しながら話してたよ。
machiさんにも見せてあげたかった。
「きっとボールが柔らかかったからhikariくんは怖くなくて思いっきりできてんわ」とか「サッカー部並みの活躍やったで」とか言ってたよ。
○○なりに少しはhikariくんを理解できてきてるようでうれしく思いました。
(後略)


そのお母さんが先生から何も連絡なくてもhikariのことを気にしてくれていたこと、そしてその子がhikariの学校での活躍を家で話したこと、彼なりにhikariのことをちょっと気にかけてくれていることをそのお母さんが”うれしい”と感じてくれていることが、私はとてもうれしかったのです。
(文章がややこしくてすみません。)

このメールの内容をhikariに話すと、ちょっと疑うような表情の後少しはにかんで、そういう出来事があったことを認めました。

「○○くんはきっととても素直で正直な子なんちゃうかな。hikariのこと”わからん”って思っていたのはほんとに正直な気持ちで、hikariも嫌な思いはしたんやけど、今こんなふうに思ってくれてるのも○○くんの正直な気持ちなんやって。」

そう。。
hikariはきっとほんとにわかりにくい子なんだと思う。
家族でもついつい”ちくちく言葉”で攻撃してしまう。
そんな”わかってもらいにくい自分”を自覚してほしいな。
hikariも周囲の人たちの考えや行動がわかりにくい分、hikariのことも周りの人たちはわかりにくいんだ、ってことを。

ただし、これは今この時期のhikariにだから言えることなんですよ。
ここまでの積み重ねがなければできるようになれ、といえることではないのです。

幼児期には幼児期の、小学校時代には小学校時代の、その子にあった支援、理解、信頼できる人に囲まれていること、困ったときには必ず誰かが助けてくれるという安心感…
しっかりした土台を作ってやらなければもろく壊れていってしまいます。

でも今、この時期は…
厳しいことを言うようだけど、あなたはいつかは自分で考え、自分で行動し、自分で解決していかなくてはならないんです。
その”いつか”を迎えるまで、お母さんはできるだけのことを教えてあげるから。
”わかってもらいにくい自分”から逃げないでこの中学3年間、ちゃんと向き合っていけばきっと強い心に成長すると思います。

2年生になる前のこの時期に、ほんとにうれしいメールをもらいました。





このブログは、1ヶ月に1度くらいの更新になることもありますが、やめることはないと思います。

いつもそっと見守ってくださっている皆さん、本当にありがとうございます。

2009-03-08(Sun) 23:20| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009-03-20(Fri) 15:03 | | #[ 編集]

匿名さまへ♪

こんにちは。
お久しぶりです。
といっても、時々ふと思い出してはそっとおじゃましたり、お元気かな、と思いを巡らせたり…
こうしてコメントいただけると、何というか…ほっとします。

私のわかるようなわからないような気持ちに寄り添っていただいてありがとうございます。
うちには5歳の子もいますが、彼女も今なんとなく”5歳の壁”といわれる年頃になってきたようです。
ちょっと反抗してみたり、わざとわがまま言ってみたり、嘘をついて自分を飾ってみたり…
子どもが思ってもみなかった方向へ成長の姿を見せるとき、親は慌てふためいて”力”で正しい方へと引き寄せようとしてしまいたくなるものですが、そのことで先日保育園の先生とお話をしたのです。

親ですから、子どもにはまっすぐ育ってほしいもの。
あらぬ方向へなびきそうになるとあわててかっとなって叱りつけたくなるのですが、そこは冷静になって”子どもの気持ちに寄り添う”ことが大切なんだそうです。
「そうだね。○○ちゃんはそうしたかったんだね。」
「くやしいね。こんどこそできるといいね。」


私は子どもはいつになってもいくつになっても親にとっては”子ども”だと思っています。
遠くに住む80を過ぎた母親が60を過ぎる娘に「好きな物を買いなさい」とお小遣いを渡す…
そんな新聞記事に胸が熱くなりました。
80を過ぎた母親は60を過ぎる娘がその子ども(80のご婦人からするとお孫さんですね)のために自分の生活を省みないで暮らしているのではないかと気遣ってのことなのだそうです。

”気持ちに寄り添うこと”
そして、親としてできることを全部惜しみなくしてあげられるように。
ずっと心にとどめておきたいと思っています。

私のほうが長いコメントになってしまいました。

2009-03-20(Fri) 22:10 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/194-3f213ad5

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。