カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

たとえ弱い心でも

今日こそは記事を書こうとこのページを開いては、じっと固まって指が動かないまま日にちがたってしまいました。





だからといって、日々何もないわけでもなく、小さなトラブル、泣きたくなること、しんどくなること…
いろいろあるんだと思います。

「ただいま」
とカバンをばさっと下ろしたとたんに頭をぐしゃぐしゃとかきむしりながらあちらの方向を向いて話し出す日だってあります。

そのたびに私は、できるだけその時の状況、誰がどうしたのか?など具体的に聞き出します。
そして、まるで裁判官のように客観的にその事実を分析してみます。
それから、hikariの気持ち、相手の気持ち、関係はないけど周りで見ていた人の気持なんかを具体的に言葉にしてみます。

もちろん、hikariの気持ちはその場であっているかどうかわかりますが、そのほかの人たちの心理は私の推測に過ぎないかもしれません。
間違っているかもしれない、ということです。
そのことももちろんhikariに断りを入れておきます(笑)

相手は相当怒っていただろうな、ずいぶんと気を悪くしただろうな。
そんなこともきちんと言います。
そのせいでhikariは「悪かったな…しまったことをした…」とかなり落ち込むこともあります。

いや、それは相手が100%悪いよ。hikariは悪くないって。
そう言ってもらってほっとしたりもします。

母としてはいつも味方してやり、いつも「大丈夫や」と励ましてやりたい気持ちはいっぱいありますが、hikariにはきちんと相手がどれほどhikariに対して嫌な思いをしたかということも、たとえ厳しい言葉を使っても言うようにしています。
hikariとしてもその言葉に、お母さんがちょっと怖い顔をして言うことに、ショックを受けるでしょうが、それでも、周りとうまくいかなかったその事実をちゃんと正面から受け止めて、相手の心を、自分の心を整理して考える癖がついてきていると思います。

周りとなかなか折り合いがつかなくてうまくいかないこと、なかなか自分の気持ちをわかってもらえないこと…ふと気付くとストレスの固まりになっていることもあるでしょう。

人の心はそんなに丈夫に作られているものではありません。
頑丈そうな人でも、いつも明るく笑っている人でも、どんなことがきっかけでもろく崩れてしまうかわかりません。
思春期に入ってきた子どもたちは親の気付かないうちにガラスの心を持つようになっているのかもしれません。
心はどうすればストレスに耐えていけるんだろう。
ストレスに耐える心って、作れるものなのでしょうか?

耐えなくていいのに。
自分の弱い心をきちんと受け止めてそれを話せる人がそばにいれば…
同じ事実が自分以外の人に降りかかってもその人はストレスを感じないこともあるのだから、その人の話を聞いてみるのもいい。
弱い心がいけないのではないんだよ、と言ってもらえたらまた違う自分になれるかもしれない。
心を強くすることだけが全ての人への答えではないと思います。






「お母さんに話すと安心する。」
そう言ってくれているうちはこんな母でも合格ですか?


2009-01-30(Fri) 16:49| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 4

コメント

私は合格だと思います。(笑)

2009-02-04(Wed) 01:11 | URL | ゆうや #cqA1MLEU[ 編集]

ゆうやさまへ♪

ありがとうございます(笑)

かまいすぎて子どもに気を遣わせて家で何もしゃべらなくなったらどうしよう…なんてことも時々考えます。
弱い心は"悪い”ことではないと思うんです。
がんばっている自分も、弱音を吐く自分も、ちゃんと認めることができて、何でも話せる人が近くにいれば、どんなに辛いことがあっても自らを傷つけることもないのでは…
この記事を書いたきっかけはH県で起きた中学生の事故…でした。

2009-02-05(Thu) 21:36 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

私も合格だと思います。

>「お母さんに話すと安心する。」
hikari君の素直な気持ちの表れだと思います。

昨日、娘の結婚式の手紙を読み直しました。
結婚式の時は、そうでもなかったのですが、
昨日は涙が止め処もなく流れました。
時には厳しく、
でも、最後は見守ってくれていると言う言葉に。。。
子供っていいですね。。。

2009-02-08(Sun) 17:30 | URL | wakazukuri #Xbzjw8ZA[ 編集]

wakaさまへ♪

そうかなぁ。。そうだといいのですが。
時々自信がなくなるんですよね。
それに、兄妹とはいってもそれぞれの個性を持っている子供たち。
それぞれの年齢から写る親の姿というものも違うだろうし。
時には厳しく…の気持ちが"子どものために"と思うことでも、子どもからすると"結局は親の満足"ととられやしないか、なんて。。

でも、いつの日かわかってくれる日がきますよね。
彼らもいつかは親になるんだから。

2009-02-09(Mon) 11:35 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/190-5db4fc2f

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。