カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

矛盾してるようですが…

私なりに行動を起こして、今hikariはそれなりの日々を送っていて…
その一連の記事(11/8《なんとなくのもやっと感から…》から11/11《全部の人を好きになる》)で言いたかったことは"特別な存在でなく"の記事に集約されているのですが、とにかく思いつくままに書いたので事実の流れがあちこちしていたり、また前の記事では"特別扱い"はこの子達にとって正しい支援になるのだと矛盾したことを書いていたりで…
なんだか読んでいただいた方にはすっきりしない思いをもたれたのではないかと、申し訳ない気持ちでいます。




前の記事で最後に書かせていただきました。

彼らにとって"特別扱い"は否定されるべきものではない、と思っています。
その"特別扱い"が保育園、小学校、中学校と形を変えていくことはあるとしても。


書きたかったことをここで具体的に書けるでしょうか…(不安。。)





今、hikariは中学生。
長男なので私にとって中学生の親をするのは初めてのことです。

今までhikariを"特別な存在"として学校に、担任に、そして周囲の子どもたちに受け入れてほしいという思いで育て、親として支援してきました。
心の底では今も持ち続けている思いではあるのですが、私は今ちょっと戸惑っているのだと思うのです。

"中学校って不思議なところ"
少し前に頂いたコメントにこんな言葉がありました。
まさにそれを感じています。

中学校というところがまだ私にははっきりと見えません。
でもだからといって怖いところ、という感じではないのです。

ただ…hikariはここでどう過ごしていくべきなのか…
今までのように、私に予め何かできることがあるんだろうか?
もっと何かをするべきではないんだろうか?
もしかして、大きなミスをしてやしないだろうか?
後で、「やっとけばよかったのに!」なんて思うようなミスを。

それとも、もしかしたらhikariはもう私の手から離れて自分で歩き出そうとしているのではないだろうか?
私がやるべきこと(してあげられること)をする時期はもう小学校までで終わってしまったんじゃないだろうか?

まだ先に続いている段々と広がっていく社会に踏み出していくために、この中学校3年年間というのは、そっと私の手から離れてみたり、かと思うと急に走って帰ってきたり、そんなことを繰り返しながら強くなっていく時期なのではないだろうか?

今ならいつだって私に助けを求めることができ、先生もまだこちらから頼ってゆけば歩み寄ってきてくれるのだから。

モラトリアム…
そんな言葉が浮かんできました。




近頃のhikariを見ていて思うのです。

1学期、帰宅してからのいつものパターンの行動ができず、ソファに寝そべってただ涙ぐんでいたhikariだったのに。
授業中にうるさいクラスメイトたちにただ自分の価値観でそれを評価できずイライラを募らせ見過ごせない思いに苦しんだり。
少しサボること、予定していたことが無理なときそれを変更する、そんなこともできなくはないけどできるまでに相当な時間を掛けて悩んでいたのに。


部活はオフシーズンになって楽になったのもあるけど。
初めてのことばかりだったのが定期テストや授業の進め方のパターンがつかめてきたのもあるけど。
小学校の頃とはすっかり変わってしまった友人たちの姿を"そういうものなんだ"と認められるまでに見慣れてはきたけど。
ちょっとサボっても、ちょっと机の上が散らかっていても、それがたいへんな結果につながるわけではない、ということがわかってきたのかもしれないけど…

でも、それぐらいのことなんだけど、hikariにとってはちゃんとした成長の証なんですよね。

2学期になって、2学期らしい姿になっているじゃない。
そんなふうに思えてきたんです。




中学生の親、初心者。
高機能自閉症と診断されている中学生の親、初心者。

初心者だもの。
戸惑ったって、あわてたって、必死になっちゃったっていいよね。

そして、時々こんなふうにふっと立ち止まって、冷静に自分を、hikariを見つめるように…

ブログの力を借りて。




2008-11-16(Sun) 22:32| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 4

コメント

はじめまして。
小6の広汎性発達障害と言われてる長男がおります。
来春からの中学校の事で、
本当に参考になるお話があって・・
つい、読み逃げしておりまして、
ご挨拶が遅れました。

うちには、年長の重度心身児もおりまして、
なかなか、日々の生活では、
長男をみてやれていません。
困った親であります。

また、読みに来させてもらいます。

うちの息子も、親の手を離れそうです。

2008-11-18(Tue) 15:36 | URL | しのびー #BJAJxQsU[ 編集]

しのぴーさんへ♪

はじめまして♪
お読みいただいているようで、とてもうれしいです。
コメントもありがとうございます。

過去のことは整理して書けるかもしれませんが、今現在進行形の出来事や心はなかなかうまく記事にならなくてごめんなさい。。
それでもこうして読んでいただいてコメントいただけるととても励みになります。うれしいです♪

中学というところの本当の難しさが少しずつ見えてきたような気がします。
親がこんななのに、hikariは本当にしっかりしてきました。
なのに、いつまでもずっと変わらない関わり方…わかっているつもりなのについつい上からモノを言ってしまうことも多いのです。
ブログのタイトルのように、"いつもいっしょ"に歩いていかなくては、と、ブログのおかげで時々自分の姿を振り返っては反省しています。。

しのぴーさんの息子さんも離れて行こうとされているのですね。
そう感じる瞬間が…なんとなくありますね。

hikariの中学生の日々をこれからも書いていこうと思います。
どうぞまたお気軽に声をお聞かせくださいね。

2008-11-18(Tue) 21:43 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

もう年末ですね・・・

お久しぶりです。

machiさんの 文章には きめ細やかな愛情や 大局をみつつhikari君のことを 守ろうとするお母さんの姿を感じます~

読ませていただくと 心が落ち着いてくるような穏やかな波紋が心に広がっていきます。
うちも 中学1年生3年生高校2年生がいるので 大人になっていく様子を肌で毎日感じてます。

後退に見えることも 壁に当たっているように見えることも 必要なことなのかもしれませんね。
そんな 勇気をもらいました、ありがとね~

2008-11-21(Fri) 20:55 | URL | たま #PHl5.jPs[ 編集]

たまちゃんへ♪

こんばんは♪
お返事、遅くなってしまってすみません。。
3連休は子ども(小5)のバスケに集中してしまっていました。
(おまけに、今日はなんとなんば花月へ行ってきたのですよぉ。。)

hikariは最近、自分でも言っています。
「1学期は慣れへんかったけど、今はだんだん馴染んできた。」
ちょっと笑えるけど、冷静に自分の姿を見られるようになってきたんだと感心します。
今までなら無理して「学校楽しいで。」と言っていたようなところがあったのに、このごろは自然体だな、と思うんです。
クラスの子のいたずらやサボりもおおらかな(?)目で見ているようだし。

親って、やっぱり子どもと一緒に成長していくんですね。
育自という言葉を身にしみて感じてしまいます。
そう思うと、ちょっとした失敗も力のなさも、肩の力を抜いてやり過ごしていけそうに思います。

ほんと、お返事遅くなってすみません。
こんな私ですが、また遊びに来てください。

2008-11-25(Tue) 22:29 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/183-f1c49497

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。