カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

これまでの積み重ねが今を支える

少しばかり勇気を出して行動を起こした効果なのか、今hikariのまわりは平和なようです。
その子のお母さんと話したとき、少し気になることがありました。




Sくんはhikariのことを「なんかむかつく」と言うのですが、これは担任の先生からも聞いていたのでSくんのお母さんにもそれとなくそのとき聞いてみたのです。

言いながら、どこかで「そんなこと言ってないけど」って否定してほしい気持ちを抱きながら、だったのですが、彼女は苦笑いを浮かべて否定はしませんでした。

「ああ、やっぱり家でもそう言ってるんだなあ。」

自分にがっかりするな、と言い聞かせながら話を続けました。

Sくんの言い分はこうです。

「hikariくんは授業中でも先生の話に割って入って自分の知っていることをぺらぺらと話す。
 先生の間違いをズバズバと指摘して、自分の知識のあることを自慢する。
 普段はなんか付き合いにくくて鈍くて運動も苦手なくせに…」

6年生のとき、そんなふうにずっとうっとおしく思っていたらしいのです。

そして、先生もそんな(自慢げに揚げ足を取るような)hikariを非難するわけではなく、褒めていたことがどうもSくんには"ひいき"に映ったんでしょう。

なにかとhikariを特別扱いする先生。
hikariの近くにはいつもクラスのリーダー的な児童がいてまるでガードがついているよう…

勉強はできるし、声も大きくて、ちゃんと嫌なことは嫌と主張できてけんかだってしているhikariなのに、いざとなると先生が出て来てなぜか自分たちを悪者にする…
Sくんはhikariのことをそんなふうに見ていたんですね、きっと。

Sくんのお母さんも、我が子がそう思ってもしょうがない…って思っていたんじゃないかな~

hikariとは全くタイプの違う(おそらく)高機能自閉症の子が同じ学年にいるのですが、

「Sはその子にはものすごく優しい気持ちで見ててんで。あいつは、声も小さくって嫌って言えへんねん、って。」




でも私は小学校の頃に先生たちがhikariにしてくれていた支援や理解が一部の児童たちには"特別扱い"だと映っていたとしても、もしそれがなかったら今のhikariはないと思っています。

学校では先生が、家に帰ればお母さんが…困ったときには必ず誰かが助けてくれるという思い。
たとえ融通のきかないつまらないヤツだと言われても、ルールを守って間違ったことをしないという正義感。
自分の感じ方と周囲の感覚の違いに傷つくことがあっても、違ったっていい、自分のことを大切に思う気持ち。
…まだまだあるけど…
そういう小さいときから積み重ねてきた思いというのは、やっぱり"支援してくれる誰か"が居続けることがなければ成り立ってこないと思うのです。

いま、そのひずみが多少現れてきているのかもしれませんが、いつかは歩んで行かなくてはならない茨の道…
hikariにとって私たちよりも厳しく感じる世の中で生きていくために必要な強い心を、小さい頃から、そして、"学校"という親や先生の目の届く小さな社会の中にいるうちにしっかりと身につけていってほしいと思います。

そしてそのためには、彼らにとって"特別扱い"は否定されるべきものではない、と思っています。
その"特別扱い"が保育園、小学校、中学校と形を変えていくことはあるとしても。


2008-11-15(Sat) 21:45| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/182-d7320483

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。