カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

全部の人を好きになる

『夢をかなえるゾウ』…いわずと知れたベストセラーが夜中にドラマ化されているのをご存知でしょうか?

公式サイトはこちら

神様ことガネーシャの出す課題に単純なmachiは毎回妙に納得してしまうのです。

いつだったか…そう、きっと前記事までの出来事が起こる少し前…の課題にこんなのがありました。

【全部の人を好きになる。】




実は私、hikariとSくんとの関係に心を痛めることになるずっと前からSくんのお母さんとはごく普通に知り合いでした。
でも、苦手なタイプの人だったのです。

彼女は悪い人ではないのですが、いわゆる"天然"といわれるタイプで、害のない天然タイプなら特に何も思ったりしないのでしょうが、なんと言うか…彼女の場合はこちら側がぐさっと来ることをさらっと言いのけてしまう、というか…
とにかく…苦手、でした。。

そんな私の思い込みもあって彼女とは表面上はそれなりに付き合うことはあっても、深く話をしたりすることは避けてしまっていたのです。



で。
単純なmachiは…ココロが苦しかったのでしょう…
そのガネーシャの課題がすっと入ってきてしまいました。

「ううむ。。全部の人を好きになる…か。。
 好きになって…みようかな。」

そう思ってしまったら、動き出してしまう私(笑)
ずっとずっと前から共通の友人に聞いていた彼女のメルアド。
メール…してしまったのです。

「急やけど、今日、ちょっと話できひんやろうか?」

たまげただろうな~~(爆)

自分の子がhikariにしていたこと、そのことでhikariや私や家族は苦しんでいること、また授業中の態度など、彼女は先生から聞いてよく知っていたはずですから。
それに、一度だけ、チラッと彼女に直接「やめたってね。」言ったこともあったし。。



かなりびっくりしてたけど、でも、ちゃんと時間をとって家へよんでくれた彼女。
おろおろしていたのは私もいっしょで(笑)
何を話したかほとんど記憶に残ってないけど…残っているのは彼女が"意外としっかりしている"ということ☆
そして、リビングを見ただけだけど、いまだにSくんが保育園のときにお母さんにプレゼントしたんだろう"金メダル"なんかがなにげにぶら下がっていたり。

そして、また夜、彼女からメール。

「あれから学校へ電話した。」

担任に電話していろいろ聞いてくれたみたい。
先生は先生でかなりストレートに近況を伝えてくれたようで。

それから、かな?
hikariに付きまとうことも減り、hikariにまあまあ平和が戻ったようです。




ガネーシャの課題が実行できたのかどうかわかんないですが、彼女と"話す"きっかけになりました。
ずっとずっと、いつか直接話したい…そう思っていたのに、なかなかそれを実行できなかった。
何かを恐れてたんでしょうか?
苦手なタイプの人に疲れているココロにさらに追い討ちを受けたら…
そんなことを思っていたのかもしれません。

でも、話してみたら、子どもとの会話もたっぷりでいいお母さんしてるし。
こちらの言うこと、ちゃんと正面から聞いてくれるし。
先生の言うこともきちんと受け止めて、子どもと向き合ってくれてるみたいだし。


その後です。
学校公開日があったのは。
彼女を誘っていっしょに参観に行ったんです。

そして彼女の話では「学校には行かへんと思う」と言っていたSくんのお父さんも私たちとは違う教科の時間に見に行ってくれたようです。
次の日のまた違う授業にもお父さんは見に行ってくれたようです。

それが何を意味するのか、家でどんな会話がされたのかまでは私は知りませんが、Sくんのご両親はhikariとSくんの関係だけを見るのではなく、Sくんの学校での行動に視線を向けているのではないかなと感じました。
それでいいのではないかと思います。

Sくんがhikariのことを攻撃するのはhikariだからというよりもSくんの内面の問題であるような気がしています。
まあ、だからといってhikariを攻撃することを認めることは絶対にできないので、されている側としてはずっと"嫌だ"ということを訴えていくつもりですが、根本からの解決はやはりSくん本人の心の成長を待つことになるのでしょうか?
そんな気がしています。

だから…家族で子どもに向き合おうとしているのだとしたら…私が彼女を訪問したことがそれを強く思わせる(強く、と言うのは、全く子どもと向き合っていなかったご両親ではないと思うからです)きっかけになったのだとしたら…

ガネーシャの課題はhikariと私たち家族の抱える事態によい結果をもたらしてくれたのかもしれません。




2008-11-11(Tue) 00:33| machiのつぶやき| トラックバック 0| コメント 2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008-11-16(Sun) 21:34 | | #[ 編集]

匿名さまへ♪

こんばんは♪
あの…ごめんなさい。。
私、やはり基本的に頂いたコメントを削除するのは好きではないのでこのままにさせていただいてよろしいですか?
いつもお気遣いありがとうございます。


あ、共感していだだけて嬉しいです。
"全部の人を好きになる"
そんな気持ちでいると、なんだかココロが軽くなった気がするんです。

彼女と話したときのひとつひとつの会話を思い出していろいろと考え出すと「ううむ。。」と私の考えとは合わない点が出てきそうなので思考をストップしているようなところもあるけど(笑)
でも、その日すぐに先生に電話を入れて事実を認めてくれたこと、彼の行動が多少でも変わったのだから、何かしら話し合いがあったということ、それだけで私は満足です。
彼女はステキです。

私だって完全無欠な人ではないし。
思いも寄らないところで誰かを傷つけているかもしれないし。

でも、誰とでもニコニコといつもの私で接することができれば、とても気持ちのいいことですよね。

"支援"というのも同じことなのかも。
それが自然で当たり前のことになれば何も"特別"かどうかなんて問題ではなくなる。
私もそんな社会であってほしいと心から思います。

2008-11-16(Sun) 22:44 | URL | machi #wuOrFrC6[ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/181-7974bb27

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。