カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

machi

Author:machi
そのまんまの君を受け入れて
いっしょに歩いてゆこうね。
時には立ち止まり
時にはいっしょに涙して
でも、また笑って歩き出す…

春にはめでたく大学生となる長男hikariと母の
主に中学2年生までの成長記録です。
育児は育自。
いつもいっしょ
そしてこれからもずっといっしょ♪


●hikari

高校3年生になりました。
この春から希望の大学に進路が決まっており、今は残り少ない高校生活を楽しんでいます。

4歳のときに高機能自閉症と診断を受けましたが、今ではアスペルガーと診断名も変わりました。
小学校入学時は特殊学級でスタート、
3年生からは普通学級に在籍しています。

何事にもまじめに取り組めることは彼のいちばんの長所です
表現は不器用ですが、心優しく、純粋なhikari。
いつも、がんばって、います。

●machi

hikariの母。
今年、結婚21年目を迎えました。
自営業を手伝ってます。
おっちょこちょいでお調子者。
熱しやすく冷めやすい。
頼りがいがあるようで実は小心者。
子どもたちの成長はうれしいけれど、だんだんと離れていくことを実感して少しさみしいです。
子どものため、家族のため、今年もがんばります!

●papa

machiの大切な大切なヒト。
まじめさはhikariに遺伝?家族思いの満点papaです。
とにかく健康にだけは気をつけてね。
お仕事、毎日ご苦労さま♪

●長女

花の女子高生。
彼女の前向きで楽天的な気質は尊敬に値します。
相変わらずのバスケ中心生活。
どうかケガだけは気を付けてね。

●次女

ただ今10歳。
とにかくかわいい♪
そしていつも優しい。
我が家にとって癒しの存在です。

最新の記事

最新のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

これは個人の問題ではなく…

もしかして、これはhikari個人の問題ではなく、もっと大きなことになってないのか?

木を見て森を見ず、じゃないけど、私はhikariのことばかり見てきて、hikariとSくんを中心とした彼らとの関係ばかりを見てきたけど、クラス全体はどうなっているんだろう?
先生は子どもたちとどれほどに"よい関係"を作れているんだろう?
そんなことがふつふつと心にわきあがってきました。

1学期話し合いをしたときの学年主任の言葉がまたよみがえってきました。

「全体のレベルを上げること。」

個々の事案の解決は全体のレベルを上げることで自然とうまくいくようになる。
理想的なこと、ではあるけど、まさにめざすところはそれだ、と思っていただけに今のこの状態はいったいどうなの?
またまたmachiは使い慣れた(笑)ネットワークで動き出したのです。


私は地元出身ではないし、それにあまり習い事や子供の付き合いにこまめに出向くタイプではなく、またそんな時間の余裕もないので何かことがあったときに情報をもらう人は限られているんです。
でも、そんな不安なときに私の気持ちを聞いてくれる友人は信頼できる人たちばかりで、その数はきっと少ない方だと思うけど、友人にはとても恵まれていると思っています。

彼女たちにhikariのことを話しているうちに、ふと、これはクラスの問題なんじゃないかな、って気がしてきたんです。
そうなると、私は図らずもクラス委員で…

いろいろな人からの情報を集約してゆくと、他のクラスと比べると団結力も盛り上がりもなく、授業中にその内容と関係のない私語が多く、立ち歩く生徒も何人かいて、女子なんかは「トイレ」とか言って複数で出て行ってしばらく帰ってこないとか…

クラスが乱れている?

先生に聞きました。
返ってきた返事に愕然としました。

「確かに授業中はうるさいですが、クラスが乱れているとは思っていません。」

この温度差は何?
それとも、何かとてつもなく自信がある?

もう一人のクラス委員さんと話し合った結果、たまたま自由に参観ができる年に一度の学校公開日が近いということで、日時をあわせて数人で授業を見に行くことにしました。




うまく担任の授業に何人かの都合を合わせられました。

確かに私語が多い。
先生の指示がすっと入らない。
おまけに先生の指示を無視する子もいる。
椅子に斜めに座る子が多い。
すぐに後ろを向いて友達の机(?)に落書きをしたり話しかける。


隣のクラスなどと見比べると、もうはっきりとその"幼さ"が見て取れました。
服装の乱れもちらほら…
やはりどうもhikariのクラスは少々問題を抱えていそうです。

でも。
それは本当に"幼い"印象で、先生の言葉の通り本当の"乱れ"ではない、ということも感じました。
先生が言うのはそこらへんなんだと思います。

参観していた何人かと少し話しましたが、やはりみんな口をそろえて

「直ちに何か保護者が動かなくてはならないような"乱れ"ではない感じがする。
 本当に"幼い"という印象。」

保護者が見ていても平気で教室から出て行ったり、廊下でうろうろしていたりするようなそんな"乱れ"ではなく、ただただ幼い…
まるで小学校の延長をまだやってるという感じなのです。

もう少し様子を見て。
成長を待とう。
先生の指導の下でぶつかり合いながら、子どもらが自分たちで気付いて、自分たちで何か行動を起こしていけるのがいちばんいい。
まずは先生と子どもたちの間で関係を深めていくこと。
今はまだ、保護者が前へ出て行く必要はないのではないか?

でも、いつも見ているよ、という私たちの目は大切で、決して、中学生なんだから自分たちで勝手にしなさい、というのではない。
私は、それは伝えていかなくてはならないと思う。

"あなたたちを私たちは見ているよ"

それで何かの抑止力になるのか、と問われれば明確な返事はできないけど、でも、私はそういう視線は大切だと思うのです。
いいことをしていても、悪いことをしていても、優しいまなざしもつりあがった顔も…
私たち親は今も同じ場所に立って、あなたたちと一緒に歩いているんだ、という視線が。

もちろん、それだけでは弱いかもしれないけど、そういう思いで親が見守ることで、子どもに起こる変化にすぐ気付くことができるし、よいことはいっしょに喜び、悪いことはすぐに強く禁止することができる。
中学生になったんだから、とついつい子どもから放れようという気持ちはとてもよくわかるし大切なのかもしれないけど、まだまだ教えていかなくてはならないことはたくさんあると思うのです。


2008-11-09(Sun) 21:58| hikari中学1年生| トラックバック 0| コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://itumoissyo93927.blog81.fc2.com/tb.php/179-91b7e45e

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。